第26回社会人野球日本選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第26回社会人野球日本選手権大会(だい26かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、1999年10月9日から10月17日にかけて大阪ドームで開かれた社会人野球日本選手権大会である。

概要[編集]

  • この夏の都市対抗野球でベスト8入りしたチームのうち、優勝した東芝も含めた6チームが予選で敗退。本大会に10回以上出場のチームが7チームにとどまり、初出場が5チームと新鮮な顔ぶれがそろった。
  • NTTの大再編に伴い、この夏の都市対抗野球終了後にNTT東日本NTT西日本以外の全国各地のチームが解散もしくはクラブチーム化され、その中でNTT西日本九州硬式野球倶楽部がクラブ化後初出場を果たした。
  • 大会は豊富な投手陣を擁する松下電器シダックスが決勝で対戦。長打力に優るシダックスが松下電器を下し、創部7年で全国初優勝を飾った。松下電器は準優勝に終わった第6回大会の雪辱を狙うもまたも準優勝に終わった。

出場チーム[編集]

代表枠 チーム 出場回数
北海道 サンワード貿易 初出場
北海道 王子製紙苫小牧 5年連続9回目
東北 JR東日本東北 2年ぶり6回目
東北 JT 2年連続12回目
北信越 TDK千曲川 初出場
北信越 北陸銀行 6年連続8回目
関東 新日本製鐵君津 初出場
関東 朝日生命 初出場
関東 プリンスホテル 5年ぶり5回目
関東 シダックス 3年ぶり2回目
関東 日産自動車 3年連続10回目
東海 河合楽器 5年ぶり12回目
東海 三菱自動車岡崎 2年連続3回目
代表枠 チーム 出場回数
東海 JR東海 15年ぶり6回目
近畿 日本IBM野洲 3年ぶり4回目
近畿 三菱自動車京都 2年連続8回目
近畿 小西酒造 2年連続2回目
近畿 神戸製鋼 2年ぶり4回目
近畿 住友金属 2年ぶり18回目
近畿 松下電器 6年連続21回目
近畿 NTT西日本 5年ぶり4回目
中国 JR西日本 初出場
中国 NKK 2年連続12回目
四国 JR四国 5年ぶり4回目
九州 日産自動車九州 2年連続6回目
九州 NTT西日本九州硬式野球倶楽部 2年連続8回目

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
北陸銀行 1 1 0 0 0 0 2 0 0 4
小西酒造 0 0 0 0 1 2 1 0 1x 5

勝:鈴木 敗:竹島 本:西川原、加藤(以上北銀)

  • 第2試合(10月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NKK 0 2 0 1 2 0 2 1 1 9
新日本製鐵君津 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3

勝:加藤 敗:渡辺俊 本:谷川(NKK)

  • 第3試合(10月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車九州 0 0 0 0 0 2 0 4 0 6
日本IBM野洲 0 0 0 0 1 4 0 4 X 9

勝:橋本 敗:真鍋 本:大森、木戸(以上野洲)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
プリンスホテル 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
三菱自動車岡崎 0 1 0 4 0 0 0 0 X 5

勝:山口 敗:長崎 本:西内(岡崎)

  • 第5試合(10月10日)-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
NTT西日本 0 3 0 0 1 0 4 4 12
サンワード貿易 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:山本 敗:太田 本:前田敦(NTT西)

  • 第6試合(10月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
朝日生命 0 1 0 0 0 0 0 0 1x 2

勝:長谷川 敗:石井 本:康原(河合)

1 2 3 4 5 6 7
TDK千曲川 0 0 0 0 0 0 0 0
JT 0 1 1 4 1 7 X 14

勝:能島 敗:加藤 本:佐藤茂(JT)

  • 第8試合(10月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東海 1 0 0 0 2 0 2 0 0 5
住友金属 0 0 0 0 2 1 0 1 0 4

勝:宝島 敗:石井大 本:青山、川越(以上東海)

  • 第9試合(10月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT西日本九州硬式野球倶楽部 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
シダックス 0 0 0 0 1 0 1 0 1x 3

勝:吉井 敗:西田 本:田中2(シダックス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 2 0 0 3 0 0 2 0 7
王子製紙苫小牧 1 1 0 2 0 0 0 0 0 4

勝:宮田 敗:藤田 本:林田(苫小牧)

2回戦[編集]

  • 第1試合(10月12日)-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
JR四国 0 0 0 0 0 0 0 0 0
小西酒造 0 3 2 2 0 0 2 1 10

勝:鈴木 敗:植松 本:上中2、前田、浜口(以上小西)

  • 第2試合(10月12日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本IBM野洲 1 0 0 1 0 0 0 1 0 3
NKK 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:影山 敗:加藤

1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 1 0 2 0 3 6
三菱自動車岡崎 0 0 0 0 0 0 0 1 4 5

勝:愛敬 敗:山口 本:野波(岡崎)、九鬼(松下)

  • 第4試合(10月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本東北 0 0 4 0 0 0 1 1 1 7
NTT西日本 0 0 0 3 0 0 0 3 0 6

勝:盛 敗:笠木 本:西村(東北)、西田(NTT西)、丹野、鈴木拓(以上東北)、三井(NTT西)

  • 第5試合(10月13日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
神戸製鋼 0 0 0 0 1 0 1 0 1 3 6
朝日生命 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3

勝:野村昌 敗:長谷川 本:藤井徹、松山、下原(以上神鋼)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JT 0 1 0 2 1 1 1 0 4 10
JR西日本 0 1 1 2 0 0 2 0 0 6

勝:磯田 敗:桑崎 本:川端(JR西)、瀬戸(JT)

  • 第7試合(10月14日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
JR東海 0 0 0 2 0 0 0 2
シダックス 0 3 5 0 3 0 1 12

勝:萩原 敗:大角 本:坂田、斉藤(以上シダックス)

  • 第8試合(10月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2
三菱自動車京都 0 0 0 2 3 0 1 0 X 6

勝:盛 敗:宮田 本:石川(京都)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
小西酒造 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3
日本IBM野洲 2 4 0 0 0 2 0 0 X 8

勝:金川 敗:鈴木 本:広畑、岩城(以上野洲)、氏丸(小西)

  • 第2試合(10月15日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
松下電器 2 0 0 0 0 1 0 1 0 3 7
JR東日本東北 1 0 0 2 0 0 0 0 1 1 5

勝:大久保 敗:盛 本:夷塚(東北)

  • 第3試合(10月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
神戸製鋼 2 1 0 0 0 0 2 0 0 5
JT 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3

勝:野村昌 敗:金沢 本:山本(神鋼)、半田(JT)

  • 第4試合(10月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
シダックス 0 0 1 0 1 1 1 0 0 4
三菱自動車京都 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:桐木 敗:飯田 本:斉藤、入江(以上シダックス)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 1 4 1 0 0 1 0 0 1 8
日本IBM野洲 0 0 0 1 1 1 0 0 0 3

勝:田中 敗:加納 本:井上、田原、九鬼(以上松下)、大森(野洲)

  • 第2試合(10月16日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
シダックス 2 0 0 2 1 0 0 0 0 5
神戸製鋼 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3

勝:安井 敗:中井 本:田中、入江、メサ(以上シダックス)、田中(神鋼)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
シダックス 2 0 3 0 0 0 1 0 X 6

勝:萩原 敗:大久保 本:メサ、田中2、坂田(以上シダックス)
(シダックスは初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 最高殊勲選手賞 田中善則(内野手:シダックス)
  • 敢闘賞 九鬼義典(捕手:松下電器)
  • 打撃賞 ビクトル・メサ(外野手:シダックス)
  • 首位打者賞 上羽功晃(内野手:神戸製鋼) 9打数6安打 .667
  • 大会優秀選手[ベストナイン&日本代表]
    • 投手
    萩原康(シダックス)
    吉井憲治(シダックス)
    鈴木学(小西酒造)
    愛敬尚史(松下電器)
    野村昌裕(神戸製鋼)
    • 捕手
    門奈雄虎(JT)
    九鬼義典(松下電器)
    坂田精二郎(シダックス)
    • 一塁手
    上羽功晃(神戸製鋼)
    • 二塁手
    西岡隆一(松下電器)
    津野裕幸(シダックス)
    • 三塁手
    田上朋寛(松下電器)
    田中善則(シダックス)
    • 遊撃手
    諏訪聖二(シダックス)
    瀬戸博之(JT)
    大森章弘(日本IBM野洲)
    • 外野手
    井上大(松下電器)
    入江崇宏(シダックス)
    原野優(JT)
    上中芳仁(小西酒造)
    広畑大輔(日本IBM野洲)
    • 指名打者
    ビクトル・メサ(シダックス)

同大会の記録[編集]

  • 1試合チーム最多三塁打 3
JTが1回戦・対TDK千曲川戦で記録。
  • 全員安打
JTが2回戦・対JR西日本戦で達成。
  • 毎回奪三振
小西酒造・鈴木学が1回戦・対北陸銀行戦で達成。
  • 最多盗塁
シダックス・諏訪が10盗塁 大会記録