第29回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 第29回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1947年8月13日 - 8月19日
出場校 19校
参加校数 1,125校
優勝校 小倉中北九州福岡、初優勝)
試合数 18試合
選手宣誓 伊藤誠一(浪華商
大会本塁打 8本塁打
 < 19461948 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第29回全国中等学校優勝野球大会(だい29かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1947年8月13日から8月19日まで甲子園球場で実施された全国中等学校優勝野球大会である。中等学校大会としては最後の大会となる。

概要[編集]

1940年の第26回大会以来7年ぶりに甲子園球場で開催された。名物の大きな鉄屋根は戦時中に金属供出されたままで復元していなかった。また、ラッキーゾーンが設置されていたが大会期間中は撤去されている。地方大会には前年から380校増えて1125校が参加し、初めて1000校を超えた。

決勝戦では小倉中が6 - 3で岐阜商を下し、九州勢として初の優勝校となった。なお、この試合の試合時間は1時間12分で大会最短記録となっている[1]

代表校[編集]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 小倉中 9 - 3 神戸一中
  • 福岡中 8 - 7 谷村工商(延長11回)
  • 函館工 5 - 3 臼杵中

2回戦[編集]

  • 志度商 10 - 4 鳥取一中
  • 成田中 10 - 0 県松本中
  • 仙台二中 4 - 2 浪華商
  • 小倉中 3 - 0 桐生中
  • 下関商 14 - 8 慶応商工
  • 岐阜商 3 - 0 海草中
  • 高岡商 9 - 8 福岡中
  • 京都二商 1 - 0 函館工(延長10回)

準々決勝[編集]

  • 小倉中 6 - 1 志度商
  • 仙台二中 1 - 0 下関商(延長10回)
  • 成田中 6 - 3 高岡商
  • 岐阜商 7 - 6 京都二商

準決勝[編集]

  • 小倉中 5 - 1 成田中(延長10回)
  • 岐阜商 6 - 2 仙台二中

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
小倉中 0 0 0 0 1 4 1 0 0 6 9 0
岐阜商 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 6 1
  1. (小) : 福嶋 - 原
  2. (岐) : 樽井 - 木下
  3. 審判:球審…天知、塁審…森田勇・伊達・高瀬
  4. 試合時間:1時間12分
小倉中
打順守備選手
1[左]河野博幸
2[三]宮崎康之
3[遊]松尾研
4[捕]原勝彦
5[中]野々村雄幸
6[右]井生元固
7[二]西上岩蔵
8[一]甲原康男
9[投]福嶋一雄
岐阜商
打順守備選手
1[一]吉田清
2[左]成瀬道平
3[三]辻勝弘
4[中]大場明
5[投]樽井清一
6[右]栗木孝幸
7[遊]河村正弘
8[捕]木下育彦
9[二]佐藤貞之

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:小俣唯一(谷村工商)
2回戦
  • 第2号:高木茂(福岡中)
準々決勝
  • 第3号:井生元固(小倉中)
  • 第4号:鎌田誠二(京都二商)
  • 第5号:足立礼四郎(京都二商)
  • 第6号:岩木益三(京都二商)
準決勝
  • 第7号:松尾研(小倉中)
  • 第8号:西上岩蔵(小倉中)

その他の主な出場選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ はやっ!1時間16分で試合終了/甲子園 日刊スポーツ 2012年8月12日

関連項目[編集]