第3回ジャパンフットボールリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャパンフットボールリーグ > 第3回ジャパンフットボールリーグ
第3回ジャパンフットボールリーグ
シーズン 1994
優勝 セレッソ大阪
昇格 セレッソ大阪
柏レイソル
得点王 ホルヘ・ルイス・デリー・バルデス (33得点)
1993
1995

第3回ジャパンフットボールリーグは1994年度に開催されたジャパンフットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。セレッソ大阪が優勝した。

概要[編集]

今シーズンから2部制を廃し16クラブによる一つのリーグ戦として開催される事になった。

今シーズンは柏レイソルの他にセレッソ大阪PJMフューチャーズ京都パープルサンガが準会員として新たに承認され、4クラブによる昇格争いに焦点が当たったが、最終的にC大阪と柏が日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)への昇格を果たした。

また今シーズンは1994 FIFAワールドカップ開催に伴い、6月の第15節終了後、2か月程度の休みが取られた。

大会概要[編集]

  • 16クラブで2回戦のリーグ戦で行われた。

参加クラブ[編集]

このうちNEC山形サッカー部が地域リーグからの昇格クラブである。3クラブが組織変更し、ヤンマーディーゼルサッカー部はセレッソ大阪に、中央防犯サッカー部は中央防犯FC藤枝ブルックスに、京都紫光サッカークラブは京都パープルサンガになった。

年間順位[編集]

順位 チーム 勝利 敗戦 得点 失点 得失差
1位 セレッソ大阪 26 4 85 33 +52
2位 柏レイソル 25 5 82 29 +53
3位 中央防犯 24 6 61 32 +29
4位 PJM 22 8 70 47 +23
5位 京都パープルサンガ 18 12 63 47 +16
6位 大塚製薬 18 12 63 46 +17
7位 東京ガス 18 12 55 43 +12
8位 川崎製鉄 13 17 36 46 -10
9位 本田技研 12 18 49 62 -13
10位 富士通 11 19 39 52 -13
11位 東芝 11 19 56 71 -15
12位 NTT関東 10 20 37 46 -9
13位 NEC山形 10 20 30 57 -27
14位 甲府クラブ 9 21 36 74 -38
15位 コスモ石油 7 23 33 67 -34
16位 西濃運輸 4 26 29 72 -43
Jリーグ昇格

得点ランキング[編集]

順位 選手名 クラブ 得点数
1 ホルヘ・ルイス・デリー・バルデス 東芝 33
2 ネストール・オマール・ピッコリ 中央防犯 29
3 マルキーニョス セレッソ大阪 21
4 アントニオ・ワグネル・デ・モラエス 大塚製薬 20
アマラオ 東京ガス 20

表彰[編集]

選手名 所属クラブ 備考
得点王 バルデス 東芝 33得点
新人王 沢田謙太郎 柏レイソル
ベストGK賞 武田亘弘 セレッソ大阪

ベスト11[編集]

ポジション 選手名 所属クラブ
GK 武田亘弘 セレッソ大阪
DF 沢田謙太郎 柏レイソル
トニーニョ セレッソ大阪
神田勝夫
MF 森島寛晃
マルキーニョス
久高友雄
FW バルデス 東芝
カレカ 柏レイソル
ワグネル 大塚製薬
ピッコリ 中央防犯

関連項目[編集]