第3回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

第3回全国大学ラグビーフットボール選手権大会1967年1月3日から1月7日にかけて開催された全国大学ラグビーフットボール選手権大会である。早稲田大学が2年連続2回目の優勝を果たした。

概要[編集]

第3回全国大学ラグビーフットボール選手権大会の決勝は3年連続で早稲田大学法政大学で争われ、18-3で早稲田大学が優勝。史上初の2連覇を達成した。

大会日程[編集]

開催競技場[編集]

出場大学[編集]

試合日程・結果[編集]

  • 試合開始時間は日本標準時である。
  • 3位決定戦は行われない。

トーナメント表[編集]

1回戦 準決勝 決勝
                   
1月3日 - 秩父宮        
 早稲田大学 33
1月5日 - 秩父宮
 天理大学 6  
 早稲田大学 14
1月3日 - 秩父宮
   同志社大学 3  
 同志社大学 26
1月7日 - 秩父宮
 日本大学 17  
 早稲田大学 18
1月3日 - 秩父宮
   法政大学 3
 日本体育大学 30
1月5日 - 秩父宮
 福岡工業大学 5  
 日本体育大学 5
1月3日 - 秩父宮
   法政大学 19  
 法政大学 28
 関西大学 14  

1回戦[編集]

1967年1月3日
11時00分
早稲田大学 33-6 天理大学
秩父宮
観客数: 15000人
主審: 西山常夫

1967年1月3日
12時15分
同志社大学 26-17 日本大学
秩父宮
観客数: 15000人
主審: 江田昌祐

1967年1月3日
13時30分
日本体育大学 30-5 福岡工業大学
秩父宮
観客数: 15000人
主審: 松尾勝吾

1967年1月3日
14時45分
法政大学 28-14 関西大学
秩父宮
観客数: 15000人
主審: 堤和久

準決勝[編集]

1967年1月5日
14時30分
早稲田大学 14-3 同志社大学
秩父宮
観客数: 15000人
主審: 松尾勝吾

1967年1月5日
13時00分
日本体育大学 5-19 法政大学
秩父宮
観客数: 15000人
主審: 熊谷仁志

決勝[編集]

1967年1月7日
14時00分
早稲田大学 18-3 法政大学
秩父宮
観客数: 20000人
主審: 江田昌祐
全国大学ラグビーフットボール選手権大会
第3回大会 優勝
早稲田大学
2年連続2回目

関連項目[編集]