第3回選抜中等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第3回選抜中等学校野球大会
試合日程 1926年3月31日 - 4月4日
出場校 16校
優勝校 広陵中広島、初優勝)
試合数 15試合
入場行進曲 『親しき戦友』
大会本塁打 6本塁打
 < 19251927 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第3回選抜中等学校野球大会は、1926年大正15年)3月31日から4月4日まで甲子園大運動場で行われた選抜中等学校野球大会である。

概要[編集]

新たに桜井弥一郎を委員長とした大会役員が選出された。開会式には大阪毎日新聞社飛行機が、選手の健闘を祈る旨大書した落下傘を降下した。

初戦で同一地域の対戦を避ける東西対抗形式がとられた。

この年より、ラジオによる実況中継放送が始まった。

出場校[編集]

選出校 出場回数
早稲田実 東京 2年ぶり2回目
横浜商 神奈川 3年連続3回目
松本商 長野 初出場
静岡中 静岡 初出場
愛知一中 愛知 3年連続3回目
八尾中 大阪 初出場
市岡中 大阪 3年連続3回目
甲陽中 兵庫 2年連続2回目
第一神港商 兵庫 2年連続2回目
和歌山中 和歌山 3年連続3回目
広陵中 広島 2年連続2回目
島根商 島根 2年連続2回目
柳井中 山口 初出場
高松商 香川 3年連続3回目
松山商 愛媛 3年連続3回目
熊本商 熊本 初出場

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 決勝[編集]

1回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                           
           
 広陵中 11
 静岡中 1  
 広陵中 4
   和歌山中 3  
 和歌山中 8
(延長10回)
 松山商 6  
 広陵中 5
   柳井中 4  
 柳井中 8
 横浜商 0  
 柳井中 3
   早稲田実 1  
 早稲田実 1
 島根商 0  
 広陵中 7
   松本商 0
 松本商 5
(延長12回)
 第一神港商 2  
 松本商 5x
   高松商 2  
 高松商 8
 八尾中 1  
 松本商 8
   熊本商 0  
 熊本商 4
 愛知一中 0  
 熊本商 10
   市岡中 2  
 市岡中 7
 甲陽中 1  

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広陵中 1 0 0 4 0 0 0 0 2 7
松本商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. (広) : 田岡 - 吉岡
  2. (松) : 小松 - 百瀬

大会本塁打[編集]

  • 第1号:角田隆良(広陵中)
  • 第2号:中尾長(広陵中)
  • 第3号:藤本数雄(熊本商)
  • 第4号:西川英一(市岡中)
  • 第5号:丸山武一(熊本商)
  • 第6号:矢島粂安(松本商)[1]

脚注[編集]

  1. ^ 選抜大会初のサヨナラ本塁打

関連項目[編集]