第3次小泉改造内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第3次小泉改造内閣
内閣総理大臣 第89代 小泉純一郎
成立年月日 2005年(平成17年)10月31日
終了年月日 2006年(平成18年)9月26日
与党等 自由民主党公明党
施行した選挙 なし
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
  

第3次小泉改造内閣(だい3じ こいずみ ないかく かいぞう ないかく)は、小泉純一郎が第89代内閣総理大臣に任命され、2005年(平成17年)10月31日から2006年(平成18年)9月26日まで続いた日本の内閣。前の第3次小泉内閣改造内閣である。

目次

概要

  • 当初は第163特別国会の閉会後の11月2日に自由民主党役員人事と内閣改造を行うと見られていたが、小泉は突如10月28日に会期末前の10月31日に前倒しして行う方針を固め、翌日と翌々日に渡って人事の構想を練った。組閣方針は「改革意欲に富んだ人物」であり、翌年9月に自民党総裁の任期が終了しそのまま退く意思を固めているのを受け、いわゆる「ポスト小泉」を意識した人事と見られている。また、小泉は認証式後の記者会見でこの内閣を「改革続行内閣」と命名した。
  • 組閣から40日後に内閣改造したのは、歴代最短記録。
  • いわゆるポスト小泉の配置に注目が集まった。世論調査等での注目政治家は安倍、麻生、谷垣、福田だったが、福田以外全員閣僚に起用した。公明党の枠は引き続き1人で留任した。
  • 改造後の世論調査では、小泉内閣の支持率が、前回(10月17日、18日)に比べ5.6ポイント上昇の60.1%。不支持率は、7.6ポイント減の28.7%だった。小泉内閣に求める最優先課題は、1位社会保障制度だった。小泉の後継首相に誰が望ましいかは、安倍晋三が51.8%と大きく引き離し、次いで福田康夫の9.7%だった。
  • 2006年(平成18年)9月20日の小泉純一郎の自由民主党総裁任期満了に伴い、同月26日総辞職。首相在任1980日、3次5年5ヶ月に及ぶ長期政権であった。

国務大臣・内閣官房副長官等

内閣府特命担当大臣についてはその担当を()内に記載、内閣府以外の他省庁(内閣官房含む)で行われる特命事項を担当する国務大臣の職務は【】内に略記。

内閣総理大臣臨時代理就任予定順位 - 第1順位・安倍、第2順位・谷垣、第3順位・麻生、第4順位・与謝野、第5順位・中川

副大臣

11月2日任命。

大臣政務官

11月2日任命。

関連記事

今日は何の日(9月20日

もっと見る

「第3次小泉改造内閣」のQ&A