第3航空隊 (海上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第3航空隊
創設 1961年(昭和36年)9月1日
再編成 2008年(平成20年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 対艦・対潜航空部隊
所在地 神奈川県 綾瀬市
上級単位 第4航空群
テンプレートを表示

第3航空隊(だいさんこうくうたい、Air Patrol Squadron 3)は、海上自衛隊航空集団第4航空群隷下の固定翼哨戒機部隊であり、厚木航空基地に所在する。

概要[編集]

第3航空隊は1961年(昭和36年)9月1日、航空集団発足に伴い、鹿屋航空基地にて新編された。その後、1962年(昭和37年)9月1日、第4航空群新編に伴い、下総航空基地に移駐、更に1973年(昭和48年)12月25日、厚木航空基地に移駐した。2008年(平成20年)3月26日の海上自衛隊部隊再編に伴い、新生「第3航空隊」として再編された。現在はP-1哨戒機で編成され、日本の周辺海域の海上防衛を主任務としている。

沿革[編集]

  • 1961年(昭和36年)9月1日:鹿屋航空基地に第3航空隊(P2V-7×9機)が新編。第1航空群隷下に編入。
  • 1962年(昭和37年)9月1日:第4航空群が新編され、第4航空群隷下に編入、下総航空基地に移転。
  • 1973年(昭和48年)12月25日:第4航空群が厚木航空基地に移転。
  • 1974年(昭和49年)7月6日P-2Jが配備開始。
  • 1984年(昭和59年)5月10日P-3Cが配備開始。
  • 1985年(昭和60年)1月10日:P-2Jの運用が終了。
  • 2008年(平成20年)3月26日:部隊改編により第3航空隊及び第6航空隊が廃止統合され、「第3航空隊」が新編。
  • 2015年(平成27年)3月23日P-1が配備開始。
  • 2017年(平成29年)8月29日:第3航空隊でのP-3C哨戒機の運用が終了し、P-1哨戒機への移行完了[1]
  • 2018年(平成30年)3月23日:第3列線整備隊が廃止。

編成[編集]

  • 航空隊本部
  • 第31飛行隊
  • 第32飛行隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第3航空隊司令 1等海佐 赤岩英明 2019年04月01日 第51航空隊副長
歴代の第3航空隊司令
(特記ない限り1等海佐
氏名 在職期間 前職 後職
01 佐野好男
2等海佐
1961年09月01日 - 1963年03月31日
02 小西十郎
(2等海佐)
1963年04月01日 - 1963年12月15日 第203教育航空隊司令 第2航空隊司令
03 菊池良二
(2等海佐)
1963年12月16日 - 1966年01月15日 第51航空隊第511飛行隊長 教育航空集団司令部幕僚
04 森園千治
(2等海佐)
1966年01月16日 - 1968年03月31日 第201教育航空隊司令 海上幕僚監部防衛部教育第2課勤務
05 野沢章悟
(2等海佐)
1968年04月01日 - 1969年12月15日 第202教育航空隊司令 教育航空集団司令部幕僚
06 平野律朗 1969年12月16日 - 1971年12月15日 第1航空群司令部幕僚 統合幕僚学校学校教官
07 佐伯晋一 1971年12月16日 - 1974年01月15日 海上幕僚監部副監察官
→1972年7月1日 1等海佐昇任
鹿屋航空基地隊司令
08 小川英夫
(2等海佐)
1974年01月16日 - 1975年12月15日 第3航空隊副長 岩国航空分遣隊付
→1976年2月16日 岩国航空分遣隊司令
09 光安進
(2等海佐)
1975年12月16日 - 1977年01月16日 第3航空隊付 海上自衛隊幹部学校
10 松橋克人
(2等海佐)
1977年01月17日 - 1977年12月15日 第3航空隊副長 航空集団司令部幕僚
11 松本克彦 1977年12月16日 - 1979年03月15日 航空集団司令部幕僚 自衛隊高知地方連絡部
12 田中治 1979年03月16日 - 1980年03月16日 第4航空群司令部付
→1979年7月1日 1等海佐昇任
第31航空群司令部幕僚
13 上田義郎
(2等海佐)
1980年03月17日 - 1982年01月19日 第4航空群司令部付 航空集団司令部幕僚
14 中山泰彦 1982年01月20日 - 1983年04月14日 第51航空隊研究指導隊長
→1983年1月1日 1等海佐昇任
第51航空隊付
→1983年9月1日 第4航空群司令部幕僚
15 猪狩真 1983年04月15日 - 1984年07月31日 第4航空群司令部付 海上幕僚監部調査部調査第1課長
16 矢野政良 1984年08月01日 - 1986年03月16日 航空集団司令部幕僚
→1985年1月1日 1等海佐昇任
第5航空群司令部首席幕僚
17 池邑正男 1986年03月17日 - 1987年03月15日 第51航空隊付 海上幕僚監部防衛部運用課運用班長
18 島信行 1987年03月16日 - 1989年03月15日 第51航空隊付 第1航空群司令部首席幕僚
19 西岡鐸 1989年03月16日 - 1990年07月31日 第51航空隊付
→1989年7月1日 1等海佐昇任
小月教育航空群司令部幕僚
20 松本弘 1990年08月01日 - 1991年12月15日 大湊地方総監部防衛部勤務 下総教育航空群司令部幕僚
21 大野秀臣 1991年12月16日 - 1992年12月14日 第51航空隊付 防衛大学校教授
22 桑畑芳弘 1992年12月15日 - 1994年07月31日 自衛艦隊司令部幕僚 下北海洋観測所
23 波江野和宏 1994年08月01日 - 1996年07月31日 海上幕僚監部防衛部運用課勤務 小月教育航空群司令部幕僚
24 赤星慶治 1996年08月01日 - 1997年06月30日 海上幕僚監部防衛部運用課
運用第2班長
第1航空群司令部首席幕僚
25 松岡貞義 1997年07月01日 - 1998年09月29日 自衛艦隊司令部幕僚 第5航空群司令部首席幕僚
26 東裕一 1998年09月30日 - 2000年03月31日 航空集団司令部幕僚 小月教育航空群司令部幕僚
27 工藤誠律 2000年04月01日 - 2001年07月31日 海上幕僚監部防衛部防衛課勤務 第1航空群司令部首席幕僚
28 力丸義史 2001年08月01日 - 2003年03月31日 徳島教育航空群司令部幕僚 第203教育航空隊司令
29 武田孝充 2003年04月01日 - 2004年08月29日 海上幕僚監部人事教育部人事計画課
制度班長
第2航空群司令部首席幕僚
30 近藤了 2004年08月30日 - 2005年12月19日 第51航空隊調査研究隊長 統合幕僚学校学校教官
31 久保内修一 2005年12月20日 - 2007年08月31日 第51航空隊副長 海上幕僚監部人事教育部厚生課給与室長
32 村上良宏 2007年09月01日 - 2008年07月31日 海上幕僚監部防衛部運用支援課企画班長 自衛隊鹿児島地方協力本部
33 森田義和 2008年08月01日 - 2009年07月20日 自衛艦隊司令部幕僚 第1航空群司令部首席幕僚
34 出口佳努 2009年07月21日 - 2010年03月24日 海上幕僚監部防衛部装備体系課
航空機体系班長
海上幕僚監部防衛部防衛課
防衛調整官
兼 海上自衛隊幹部学校勤務
35 森浩 2010年03月25日 - 2011年04月26日 海上幕僚監部指揮通信情報部情報課
情報運用室長
第31航空群司令部首席幕僚
36 石橋卓弘 2011年04月27日 - 2012年07月31日 第51航空隊副長 第1航空群司令部首席幕僚
37 中村敏弘 2012年08月01日 - 2013年08月19日 海上幕僚監部指揮通信情報部情報課
情報運用室長
第1航空群司令部首席幕僚
38 松本完 2013年08月20日 - 2014年08月19日 海上幕僚監部防衛部防衛課防衛班長
兼 海上自衛隊幹部学校勤務
海上幕僚監部人事教育部補任課勤務
39 森竹賢全 2014年08月20日 - 2015年08月03日 統合幕僚監部運用部運用第2課勤務 第5航空群司令部首席幕僚
40 平木拓宏 2015年08月04日 - 2016年05月29日 海上幕僚監部総務部総務課広報室長 第4航空群司令部首席幕僚
41 大江保友 2016年05月30日 - 2017年09月03日 統合幕僚監部運用部運用第1課
事態対処調整官
第31航空群司令部首席幕僚
42 藤澤豊 2017年09月04日 - 2019年03月31日 海上幕僚監部総務部総務課広報室長 第1航空隊司令
43 赤岩英明 2019年04月01日 - 第51航空隊副長

歴代運用機[編集]

  • P2V-7(1961年~1977年)
  • P-2J(1974年~1985年)
  • P-3C(1984年~2017年 )
  • P-1(2015年~)

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]