第30回社会人野球日本選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第30回社会人野球日本選手権大会(だい30かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2003年11月22日から11月30日まで大阪ドームで開かれた社会人野球日本選手権大会である。

概要[編集]

予選[編集]

出場チーム[編集]

代表枠 チーム 出場回数
北海道 サンワード貿易 2年ぶり4回目
東北 TDK 3年ぶり6回目
東北 JR東日本東北 3年連続9回目
北信越 伏木海陸運送 初出場
関東 日立製作所 2年ぶり6回目
関東 かずさマジック 2年連続4回目
関東 NTT東日本 2年連続5回目
関東 東京ガス 2年連続4回目
関東 東芝 4年連続17回目
関東 日産自動車 3年連続13回目
東海 一光 2年ぶり2回目
東海 トヨタ自動車 2年ぶり4回目
東海 三菱重工名古屋 6年ぶり3回目
代表枠 チーム 出場回数
東海 西濃運輸 7年ぶり11回目
近畿 日本新薬 3年連続10回目
近畿 日本生命 4年連続22回目
近畿 ミキハウス 3年ぶり2回目
近畿 NTT西日本 5年連続8回目
近畿 大阪ガス 3年連続10回目
近畿 松下電器 10年連続25回目
近畿 三菱重工神戸 2年連続13回目
中国 JR西日本 4年ぶり2回目
中国 JFE西日本 初出場
四国 JR四国 4年ぶり5回目
九州 九州三菱自動車 初出場
九州 三菱重工長崎 4年連続7回目

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 1 0 0 1 0 0 3 2 7
JR四国 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4

勝:渡辺 敗:上田 本:盛田(神戸)

  • 第2試合(11月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 0 0 0 1 1 1 4 0 0 7
東京ガス 0 0 0 0 0 3 0 1 0 4

勝:川岸 敗:谷田部 本:廣瀬栄2、山井(以上トヨタ)、大野(東ガス)

  • 第3試合(11月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
サンワード貿易 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:木村 敗:神田

1 2 3 4 5 6 7 8 9
TDK 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
JFE西日本 0 0 0 3 0 2 0 0 X 5

勝:田中 敗:津口 本:岩下(TDK)、小谷(JFE西)

  • 第5試合(11月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
日本生命 0 0 3 0 1 0 0 0 X 4

勝:佐藤 敗:後藤 本:佐々木(日生)

  • 第6試合(11月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR西日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
西濃運輸 1 0 0 0 0 1 0 0 X 2

勝:田中 敗:隅

1 2 3 4 5 6 7 8 9
かずさマジック 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
大阪ガス 0 0 0 0 1 0 0 0 1x 2

勝:坂本 敗:領家 本:和田(かずさ)

  • 第8試合(11月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
伏木海陸運送 1 1 0 0 0 0 0 0 1x 3

勝:長野 敗:久保

  • 第9試合(11月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
JR東日本東北 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:高橋一 敗:吉田 本:嶋田(日立)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
三菱重工名古屋 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2

勝:磯村 敗:白倉

2回戦[編集]

  • 第1試合(11月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
日産自動車 0 0 0 0 0 1 2 1 X 4

勝:押本 敗:木林

  • 第2試合(11月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
トヨタ自動車 1 0 2 2 0 0 0 0 X 5

勝:明松 敗:田中 本:平石

1 2 3 4 5 6 7 8 9
一光 0 0 1 0 0 3 0 0 0 4
JFE西日本 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:野崎 敗:岡本 本:三宅(JFE西)

  • 第4試合(11月26日)-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本生命 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
NTT東日本 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 1x 4

勝:黒田 敗:土井

  • 第5試合(11月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT西日本 0 0 1 0 0 2 0 0 0 3
西濃運輸 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:笠木 敗:中ノ瀬 本:宮崎、西田(以上NTT西)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 1 0 4 0 0 0 2 0 2 9
九州三菱自動車 0 0 0 0 0 0 2 0 2 4

勝:能見 敗:山口 本:栗栖(大ガス)

  • 第7試合(11月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
伏木海陸運送 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
日立製作所 0 2 0 0 2 0 0 0 X 4

勝:市原 敗:長野

  • 第8試合(11月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 2 0 1 2 0 0 0 2 7
ミキハウス 0 5 1 0 0 0 3 0 X 9

勝:内山 敗:中野 本:岸江(ミキハウス)、平馬(東芝)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日産自動車 0 0 0 0 0 0 1 1 X 2

勝:宮田 敗:川岸 本:小山、大庭(以上日産)

  • 第2試合(11月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東日本 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
一光 0 0 2 0 6 0 1 1 X 10

勝:後藤 敗:渡邉恒 本:池葉(NTT東)、山田(一光)

  • 第3試合(11月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT西日本 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
大阪ガス 0 0 1 0 0 0 0 0 1x 2

勝:山田幸 敗:前田克 本:小野(大ガス)

  • 第4試合(11月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ミキハウス 1 1 0 0 5 1 0 0 2 10
日立製作所 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3

勝:内山 敗:高橋一

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
一光 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
日産自動車 0 0 0 5 0 0 1 0 X 6

勝:押本 敗:野崎 本:鈴木(一光)

  • 第2試合(11月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ミキハウス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
大阪ガス 0 0 2 0 0 0 0 2 X 4

勝:能見 敗:天沼 本:田中(大ガス)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
大阪ガス 0 2 0 1 2 0 0 0 0 0 0 5
日産自動車 0 0 0 4 0 0 0 1 0 0 1x 6

勝:中村 敗:能見 本:渡辺、岩越(以上日産)
(日産自動車は初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 最高殊勲選手賞 伊藤祐樹(内野手:日産自動車)
  • 敢闘賞 能見篤史(投手:大阪ガス)
  • 打撃賞 柏野浩二(内野手:ミキハウス)
  • 首位打者賞 中野滋樹(捕手:ミキハウス) 10打数7安打 .700
  • 大会優秀選手
    • 投手
    押本健彦(日産自動車)
    中村将明(日産自動車)
    山田幸二郎(大阪ガス)
    能見篤史(大阪ガス)
    内山博昭(ミキハウス)
    • 捕手
    中野滋樹(ミキハウス)
    柴田秀仁(一光)
    • 一塁手
    栗栖敏(大阪ガス)
    柏野浩二(ミキハウス)
    • 二塁手
    坂上真世(一光)
    • 三塁手
    青柳大輔(日産自動車)
    山井晃男(トヨタ自動車)
    西田朋生(NTT西日本)
    • 遊撃手
    伊藤祐樹(日産自動車)
    岩本達也(大阪ガス)
    • 外野手
    飯塚智広(NTT東日本)
    嶋田功一(日立製作所)
    丸山義人(日立製作所)
    指名打者
    沢多弘也(大阪ガス)
    廣瀬栄作(トヨタ自動車)

同大会の記録[編集]

  • 1試合チーム最多犠打 6(タイ記録)
日立製作所が2回戦・対伏木海陸運送戦で記録。
ミキハウスが準々決勝・対日立製作所戦で記録。