第303飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第303飛行隊
Mitsubishi F-15 (10).jpg
第303飛行隊のF-15J
創設 1976年10月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 石川県小松基地
編成地 石川県小松基地
愛称 ファイティング・ドラゴンズ
Fighting Dragons
上級単位 第6航空団
最終上級単位 中部航空方面隊
担当地域 日本海空域
テンプレートを表示

第303飛行隊(だい303ひこうたい、JASDF 303rd Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊中部航空方面隊第6航空団隷下の戦闘機部隊である。小松基地に所属し、戦闘機F-15J/DJ連絡機T-4を運用する。

概要[編集]

1976年(昭和51年)10月26日、航空自衛隊3番目のF-4EJ戦闘機部隊として、小松基地の第6航空団隷下にて新編された。1987年(昭和62年)12月1日に、F-15J/DJ戦闘機への機種転換を行い、航空自衛隊5番目のF-15飛行隊となった[1]

部隊マークは、発足当初は「6」の数字と「石川県」の形を合わせたものが使用されていたが、その後第303飛行隊の前身である第4飛行隊で使われていた、コールサイン「ドラゴン」をモチーフにした、「6」の数字を模った中に、「ドラゴン()」がデザインされたマークになった。

F-15改編時には若干の変更がされ、龍に目が入れられた。

F-15改編10周年(1997年)を機に現在のマークにリニューアルされた。

沿革[編集]

6月30日 - 対領空侵犯措置任務解除[3]
7月1日 - F-15準備飛行班設置[3]
11月9日 - 航空総隊戦技競技会F-15部門準優勝[2]
12月1日 - F-15への機種改編式を実施[2]
4月27日 - アメリカ空軍F-22A戦闘機と初めて異機種戦闘機戦闘訓練(DACT)実施[6]

歴代運用機[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

ミッドナイト・イーグル
冒頭、日本アルプスへ墜落する「ミッドナイト・イーグル」を追跡する、小松からのスクランブル機として登場する。

アニメ・漫画[編集]

機動警察パトレイバー 2 the Movie
幻の空爆小松基地から要撃に出る第303飛行隊「プリースト」として登場する。
よみがえる空 -RESCUE WINGS-
主人公の同期が所属する飛行隊として登場する。また、第6-7話「Bright Side of Life(前編/後編)」において第303飛行隊所属のF-15DJコールサイン「メタル09(NATOフォネティックコードで「ジロ・ナイナー」と発音する)」が墜落し、主人公の属する小松救難隊が救助活動にあたっている。

ゲーム[編集]

ドラッグオンドラグーン
フリーミッション「新宿上空」にて、プレイヤーに襲い掛かる敵戦闘機部隊として登場する。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b イカロス出版 Jwing No.194 2014年10月号 36頁-41頁 「特集 空自創設60周年記念シリーズ企画第3弾!! 日本を守る主力戦闘機 やっぱり、F-15 航空自衛隊F-15部隊ガイド」松崎豊一
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o イカロス出版 JWing No.225 2017年5月号 6頁-15頁 赤塚聡 「北陸のドラゴン・スコードロン 部隊40周年を祝う!」
  3. ^ a b c 大日本絵画 月刊モデルグラフィックス2月号別冊 戦競1988 航空自衛隊昭和63年度航空総隊戦技競技会 72頁 「昭和63年度戦技競技会参加部隊史」
  4. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 44頁-53頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '81戦競」
  5. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 54頁-59頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '82戦競」
  6. ^ a b c イカロス出版 Jwing No.129 2009年5月号 22頁-25頁 「ニッポンの主力戦闘機、F-15イーグル 航空自衛隊F-15史」石原肇

関連項目[編集]