第31回エリザベス女王杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
映像外部リンク
2006 エリザベス女王杯
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

第31回エリザベス女王杯(だい31かいえりざべすじょおうはい)は、2006年11月12日京都競馬場(芝、外回り、2,200m)で行われた競馬競走である。カワカミプリンセスが1位入線したが、最後の直線で内側に斜行。12着に降着となり、フサイチパンドラが繰り上がり優勝した。

レース施行前の状況[編集]

デビューから4戦全勝で優駿牝馬を制したカワカミプリンセスは、ステップレースを使わずに休み明けで臨んだ秋華賞も制して、牝馬二冠を達成。これまで負けなしの戦績、実戦を1回使われての上積みが見込まれた同馬が、古馬を抑えて単勝1番人気に支持された。

昨年のこのレースの勝ち馬スイープトウショウは、骨折休養明けの京都大賞典を上がり3ハロン32秒8の豪脚で制した。前走の天皇賞(秋)は1番人気で5着に終わり、やや評価を下げたものの、差のない2番人気となった。

その他では、当年の牝馬三冠で全て1番人気に支持されながら未だG1未勝利のアドマイヤキッス、春のヴィクトリアマイルで3着に入り、秋は牡馬相手のオールカマーでも3着と健闘したディアデラノビアらが有力とされていた。

なお、ヤマニンメルベイユはレース当日に左寛跛行のため、出走取消となった。

出走馬と枠順[編集]

2006年11月12日 第6回京都競馬第4日目 第11競走
天気:晴、馬場状態:良、発走時刻:15時40分

※施行条件についてはエリザベス女王杯も参照

枠番 馬番 競走馬名 騎手 単勝オッズ 調教師
1 1 アサヒライジング 牝3 柴田善臣 12.5(5人) 古賀慎明
2 ヤマニンシュクル 牝5 四位洋文 36.0(10人) 浅見秀一
2 3 アドマイヤキッス 牝3 武豊 8.3(3人) 松田博資
4 ヤマトマリオン 牝3 幸英明 18.0(5人) 安達昭夫
3 5 ソリッドプラチナム 牝3 小牧太 80.8(11人) 田中章博
6 シェルズレイ 牝3 C.ルメール 29.8(8人) 松田国英
4 7 レクレドール 牝5 藤田伸二 113.4(12人) 池江泰郎
8 スイープトウショウ 牝5 池添謙一 2.9(2人) 鶴留明雄
5 9 ライラプス 牝4 鮫島良太 150.2(14人) 松田国英
10 キストゥヘヴン 牝3 安藤勝己 32.0(9人) 戸田博文
6 11 ディアデラノビア 牝4 岩田康誠 8.8(4人) 角居勝彦
12 ウイングレット 牝5 田中勝春 147.2(13人) 宗像義忠
7 13 サンレイジャスパー 牝4 佐藤哲三 22.0(6人) 高橋成忠
14 ヤマニンメルベイユ 牝4 武幸四郎 (出走取消) 栗田博憲
8 15 フサイチパンドラ 牝3 福永祐一 26.2(7人) 白井寿昭
16 カワカミプリンセス 牝3 本田優 2.7(1人) 西浦勝一

レース展開[編集]

スタート後にシェルズレイが大逃げ。カワカミプリンセスは中団を追走。対するスイープトウショウは後方を追走していた。直線はカワカミプリンセスが真ん中から突き抜け、フサイチパンドラに1馬身半振り切って無傷の5連勝を成し遂げた。しかし、最後の直線で内側に斜行ヤマニンシュクルの走行を妨害したため12着に降着となり、7番人気のフサイチパンドラが繰り上がり優勝した(降着制度導入以後15年ぶりの1位入線降着)。

テレビの対応[編集]

レース終了後、検量室の様子をずっと撮影。降着が決まった直後の西浦調教師、本田騎手(勝負服を脱ぐまで映った)の厳しい表情、降着を記したホワイトボードの衝撃的な映像を捉えていた。繰り上がり1着のフサイチパンドラの福永祐一騎手の勝利ジョッキーインタビューを伝えている間に放送時間終了となった。
途中で映像を引き取ったためその瞬間は放送されず、番組中に降着を伝えることができずに放送時間終了。CMを挟んだ本来なら提供クレジットの部分で払い戻しと降着を伝えることとなった(福原直英が担当)。

達成された記録[編集]

優勝したフサイチパンドラはサンデーサイレンスの産駒としては最終世代であり、この勝利によりサンデーサイレンスは全世代でGI馬を輩出する快挙を達成した。

関連項目[編集]