第31回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第31回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1949年8月13日 - 8月20日
出場校 23校
参加校数 1,365校
優勝校 湘南神奈川、初優勝)
試合数 22試合
大会本塁打 9本塁打
 < 19481950 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第31回全国高等学校野球選手権大会(だい31かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1949年8月13日から8月20日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

開会式での入場行進におけるプラカードガールによる出場校選手の先導(女子生徒が担当)がこの大会から開始された。また甲子園の土を持ち帰ることが定着したのもこの大会がきっかけとされている(準々決勝で敗れた小倉北のエース福嶋一雄によるもの)。

大会第2号の本塁打を打った、平安高校の杉山慎二郎が全国大会史上初のサイクル安打を記録した[1]

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 帯広 北海道 初出場
奥羽 盛岡 岩手 16年ぶり6回目
東北 東北 宮城 19年ぶり2回目
北関東 水戸商 茨城 16年ぶり3回目
南関東 熊谷 埼玉 初出場
東京 慶応 東京 3年連続13回目
神奈川 湘南 神奈川 初出場
山静 静岡城内 静岡 2年連続9回目
愛知 瑞陵 愛知 3年ぶり7回目
三岐 岐阜 岐阜 2年連続2回目
信越 松本市立 長野 3年ぶり2回目
北陸 武生 福井 初出場
京津 平安 京都 11年ぶり11回目
大阪 高津 大阪 初出場
兵庫 芦屋 兵庫 2年連続3回目
紀和 海南 和歌山 15年ぶり2回目
東中国 倉敷工 岡山 初出場
西中国 柳井 山口 2年連続4回目
北四国 高松一 香川 初出場
南四国 城東 徳島 9年ぶり3回目
福岡 小倉北 福岡 4年連続5回目
西九州 長崎東 長崎 32年ぶり2回目
東九州 臼杵 大分 2年ぶり2回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 臼杵 6 - 2 武生
  • 水戸商 16 - 3 海南
  • 芦屋 9 - 0 瑞陵
  • 帯広 5 - 2 東北
  • 平安 18 - 7 盛岡
  • 倉敷工 9 - 1 熊谷
  • 小倉北 13 - 2 慶応

2回戦[編集]

  • 湘南 9 - 3 城東
  • 松本市立 2x - 1 臼杵
  • 高松一 6 - 4 水戸商
  • 芦屋 6 - 3 静岡城内
  • 岐阜 9 - 1 帯広
  • 柳井 5 - 4 平安
  • 倉敷工 5 - 3 高津
  • 小倉北 15 - 4 長崎東

準々決勝[編集]

  • 湘南 2x - 1 松本市立
  • 高松一 5 - 0 芦屋
  • 岐阜 8 - 4 柳井(延長10回)
  • 倉敷工 7x - 6 小倉北(延長10回)

準決勝[編集]

  • 湘南 3x - 2 高松一(延長10回)
  • (岐阜 3 - 2 倉敷工)(4回・降雨ノーゲーム)
  • 岐阜 5 - 2 倉敷工

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
湘南 0 0 0 1 0 2 0 2 0 5 7 4
岐阜 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3 8 6
  1. (湘) : 田中 - 平井
  2. (岐) : 花井、田中 - 部田

大会本塁打[編集]

  • 第1号:高島清(慶応)
  • 第2号:杉山慎二郎(平安)
  • 第3号:藤沢新六(倉敷工)
  • 第4号:山下健(高松一)
  • 第5号:水田恵三(芦屋)
  • 第6号:花井悠(岐阜)
  • 第7号:藤沢新六(倉敷工)
  • 第8号:藤沢新六(倉敷工)
  • 第9号:妹尾求(倉敷工)

脚注[編集]

関連項目[編集]