第31回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第31回選抜高等学校野球大会
試合日程 1959年4月1日 - 4月10日
出場校 23校
優勝校 中京商愛知、3年ぶり3回目)
試合数 22試合
入場行進曲皇太子のタンゴ
選手宣誓 杉枝泰生(福岡戸畑
始球式 正田建次郎大阪大学総長)
大会本塁打 5本塁打
 < 19581960 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第31回選抜高等学校野球大会(だい31かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1959年4月1日から4月10日まで甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

  • この年から、大阪テレビ放送から分離した毎日放送テレビジョンでの実況を開始した。
  • 4月10日に行われた決勝戦は皇太子御成婚パレードのためTV中継が中止となった。
  • 前年より夏の甲子園で制定された延長引き分け再試合規定がこの大会より春の選抜にも適用されることとなった。

出場校[編集]

北海道
東北
  • 会津(福島、初出場)
関東
中部
近畿
  • 膳所(滋賀、3年ぶり3回目)
  • 平安(京都、4年ぶり19回目)
  • 富田林(大阪、初出場)
  • 浪華商(大阪、4年ぶり12回目)
  • 芦屋(兵庫、2年連続6回目)
  • 県尼崎(兵庫、3年ぶり4回目)
  • 天理(奈良、4年ぶり3回目)
中国
  • 倉敷工(岡山、3年連続3回目)
  • 広陵(広島、2年連続9回目)
四国
九州

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 岐阜商 9 - 0 日大二
  • 平安 7 - 0 石和
  • 天理 2 - 0 久留米商
  • 芦屋 1 - 0 広陵
  • 県尼崎 3 - 0 会津
  • 東邦 10 - 3 倉敷工
  • 長崎南山 6 - 1 富田林(延長12回)

2回戦[編集]

  • 高知商 2x - 1 膳所(延長14回)
  • 松商学園 6 - 0 日大三
  • 岐阜商 6 - 4 戸畑
  • 中京商 5 - 2 平安
  • 高松商 2 - 1 天理(延長11回)
  • 浪華商 7 - 4 芦屋
  • 県尼崎 7 - 4 苫小牧工(延長16回)
  • 長崎南山 1 - 0 東邦

準々決勝[編集]

  • 県尼崎 1 - 0 高知商
  • 岐阜商 2 - 0 浪華商
  • 中京商 3 - 0 松商学園
  • 長崎南山 1x - 0 高松商

準決勝[編集]

  • 中京商 2 - 1 県尼崎
  • 岐阜商 6 - 1 長崎南山(延長12回)

決勝[編集]

4月10日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
岐阜商 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
中京商 0 0 2 0 1 0 0 0 0 3
  1. (岐) : 近藤、鷲見 - 国井
  2. (中) : 平沼 - 服部
  3. 審判:球審…大槻、塁審…久保田・中西・大橋

大会本塁打[編集]

  • 第1号:野口元三(平安)
  • 第2号:長幡忠夫(県尼崎)
  • 第3号:中村武(東邦)
  • 第4号:辻西恵夫(浪華商)
  • 第5号:辺津守男(県尼崎)

関連項目[編集]