第31SS義勇擲弾兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第31SS義勇擲弾兵師団
31divss.gif
第31SS義勇擲弾兵師団の師団章
創設 1944年10月
廃止 1945年5月
国籍 ナチス・ドイツ
所属 武装親衛隊
規模 師団
兵種 擲弾兵
人員 11,000
所在地
上級部隊 中央軍集団
愛称
モットー
主な戦歴 第二次世界大戦

第31SS義勇擲弾兵師団31. SS-Freiwilligen-Grenadier-Division)は武装親衛隊師団である。

1944年9月に旧チェコ=スロバキア在住のドイツ人ハンガリー系の民族ドイツ人編制を開始した。11月までに師団はオーストリアへ移動し、45年式師団編成[1]で編制を完結した上で1945年1月よりハンガリー戦線で作戦に従事した。

その後シレジアまで後退し第17軍に所属したが、ソビエト赤軍に包囲されたため、1945年5月ケーニヒグレーツで降伏した。[2]

編成[編集]

この師団の編成は1944年10月に決定された。12月初めには1万1000人ほどの義勇兵が訓練を始めていたが、その多くは、チェコもしくはスロバキアからやってきた民族ドイツ人であった。[3]師団は一般市民の志願兵の一群が、解隊された第23SS武装擲弾兵師団「カマ」(クロアチア第2)の居残り組と合流し、警察連隊ブリクセンによって補充されたことによって強化された。[3]

戦歴[編集]

この師団の練兵場があったハンガリーは当時独ソ戦の最前線であり、必然的にこの師団も赤軍と交戦することとなった。しかし練兵場周辺で短い戦闘を経験しただけで、直ちにドイツに召還された。マールブルクで完全編成に仕立て上げるためだったが、1945年1月、師団格としてははるかに縮小された「タイプ45」の編成に組み込まれることになり、2月、一般補充部隊として、中央軍集団の指揮下に入った。終戦間際、同師団戦闘集団はケーニヒグレーツ周辺の作戦行動に参加し、残存兵は赤軍に投降した。[3]

その他[編集]

師団の名称に関しては、「ベーメン・メーレン(ボヘミア・モラヴィア)」と呼ばれていたとする資料もある。[3]

戦力組成[編集]

・第78SS義勇擲弾兵連隊

・第79SS義勇擲弾兵連隊

・第80SS義勇擲弾兵連隊

・第31SS砲兵連隊

・第31SS軽歩兵大隊

・第31SS通信大隊

・第31SS補充大隊

・第31SS戦車猟兵大隊

・第31SS工兵大隊

・第31SS救護大隊

・第31SS獣医大隊

・野戦郵便局

師団長[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1944年10月1日 1945年4月 親衛隊少将 グスタフ・ロンバルト
Gustav Lombard
1945年4月 1945年5月8日 親衛隊少将 ウィルヘルム・トラバント
en:Wilhelm Trabandt

脚注[編集]

  1. ^ 兵力不足のため、従来より規模が縮小されたもので、師団は2個連隊で編制され、1個連隊は2個大隊、1個大隊は2個中隊、1個中隊は3個小隊という編成。German Order of Battle, Volume 3 By Samuel W. Jr Mitcham p.188
  2. ^ German Order of Battle, Volume 3 By Samuel W. Jr Mitcham p.188
  3. ^ a b c d HITLER`S FOREIGN DIVISIONS. 株式会社リイド社. (2007年6月4日) 

参考文献[編集]

・SS:HITLER`S FOREIGN DIVISIONS 著クリス・ビショップ 訳中村安子/鈴木晃