第32回日本ハンドボールリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第32回ハンドボールリーグは、男子は2007年9月23日から2008年3月16日まで、女子は2007年9月24日から2008年2月17日まで開催された。男子の優勝は大同特殊鋼フェニックス、女子の優勝はオムロンピンディーズであった。

男子[編集]

リーグ概要[編集]

リーグ戦にて湧永製薬レオリックが1位となるも、決勝トーナメントにて大同特殊鋼フェニックスが優勝し、大同特殊鋼フェニックスが3連覇を達成、12回目の優勝を成し遂げた。なお、決勝戦では第2延長戦でも決着が付かず、7mスローコンテストにて大同特殊鋼が勝利した。

2007年度シーズンの出場クラブ[編集]

2007年度シーズンの男子のクラブは、以下の10チームである。

スケジュール[編集]

9月23日に開幕戦を行い、3月8日(第19週)までリーグ戦、3月15日・16日に上位4チームによるプレーオフを開催し、優勝チームを決定した。

レギュラーリーグ[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 湧永製薬レオリック 28 13 2 1 547 410 +137
2 大同特殊鋼フェニックス 27 13 1 2 555 443 +112
3 大崎オーソル 26 13 0 3 588 452 +136
4 トヨタ車体B・Fスコーレルズ 17 8 1 7 534 475 +59
5 トヨタ紡織九州レッドトルネード 16 7 2 7 514 485 +29
6 ホンダエルク 15 7 1 8 459 451 +8
7 北陸電力ブルーサンダー 11 5 1 10 387 489 -102
8 トヨタ自動車グリフィンズ 2 1 0 15 367 578 -211
9 豊田合成ブルーファルコン 2 1 0 15 402 571 -168

※トヨタ自動車と豊田合成は、直接対決でトヨタ自動車が勝利しているため、トヨタ自動車が上位となる。

決勝トーナメント[編集]

会場は全て駒沢体育館

準決勝 決勝
           
   
 湧永製薬レオリック(リーグ1位) 39
 トヨタ車体B・Fスコーレルズ(リーグ4位) 27  
 
 湧永製薬レオリック 37
   大同特殊鋼フェニックス 39
 
 大崎オーソル(リーグ3位) 36
 大同特殊鋼フェニックス(リーグ2位) 38  

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点
1 末松誠(大同特殊鋼) 127
2 山口恭裕(トヨタ自動車) 108
3 中畠嘉之(トヨタ紡織九州) 99
4 鶴見拓(ホンダ) 96
5 下川真良(湧永製薬) 95

女子[編集]

リーグ概要[編集]

2007年度シーズンの出場クラブ[編集]

2007年度シーズンの女子のクラブは、以下の6チームである。

スケジュール[編集]

9月24日に開幕戦を行い、2月3日(第16週)までリーグ戦、2月16日・17日に上位3チームによるプレーオフを開催し、優勝チームを決定した。

レギュラーリーグ[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 オムロンピンディーズ 26 13 0 2 435 345 +90
2 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ 24 12 0 3 481 370 +111
3 北國銀行ハニービー 20 10 0 5 433 336 +97
4 広島メイプルレッズ 13 6 1 8 411 404 +7
5 三重バイオレットアイリス 7 3 1 11 313 417 -104
6 HC名古屋 0 0 0 15 260 461 -201

決勝トーナメント[編集]

会場は全て大阪市立住吉スポーツセンター。

  プレーオフ準決勝     プレーオフ決勝
                 
     オムロンピンディーズ 31
   ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ 31      ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ 30
   北國銀行ハニービー 23  


得点ランキング[編集]

順位 選手 得点
1 郭惠靜(ソニー) 145
2 上町史織(北國銀行) 130
3 植垣暁恵(広島) 88
4 金鎭順(広島) 83
5 吉田祥子(オムロン) 79

表彰[編集]

男子 回数 所属クラブ 女子 回数 所属クラブ
最優秀監督賞 清水博之 大同特殊鋼フェニックス 黄慶泳 3 オムロンピンディーズ
最高殊勲選手賞 白元喆 2 大同特殊鋼フェニックス 藤井紫緒 オムロンピンディーズ
殊勲選手賞 坪根敏宏 2 湧永製薬レオリック 郭惠靜 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ
得点王 末松誠 大同特殊鋼フェニックス 郭惠靜 4 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ
フィールド得点賞 末松誠 大同特殊鋼フェニックス 郭惠靜 5 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ
シュート率賞 阪昭博 トヨタ紡織九州レッドトルネード 横嶋かおる 北國銀行ハニービー
7mスロー得点賞 香川将之 トヨタ車体B・Fスコーレルズ 吉田祥子 3 オムロンピンディーズ
7mスロー阻止率賞 木下国大 トヨタ車体B・Fスコーレルズ 飛田季実子 2 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ
最優秀選手賞 末松誠 大同特殊鋼フェニックス 郭惠靜 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ
最優秀新人賞 山口恭裕 トヨタ自動車グリフィンズ 植垣暁恵 広島メイプルレッズ
ベストディフェンダー賞 富田恭介 2 大同特殊鋼フェニックス 巻加理奈 オムロンピンディーズ
フェアプレー賞 湧永製薬レオリック HC名古屋

ベストセブン[編集]

ポジション 男子 回数 所属クラブ 女子 回数 所属クラブ
GK 坪根敏宏 7 湧永製薬レオリック 飛田季実子 2 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ
CP 豊田賢治 3 大崎オーソル 洪廷昊 オムロンピンディーズ
CP 末松誠 大同特殊鋼フェニックス 佐久川ひとみ 7 オムロンピンディーズ
CP 山口修 7 湧永製薬レオリック 横嶋かおる 北國銀行ハニービー
CP 白元喆 5 大同特殊鋼フェニックス 上町史織 北國銀行ハニービー
CP 李才佑 2 大同特殊鋼フェニックス 郭惠靜 4 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ
CP 宮﨑大輔 4 大崎オーソル 田中美音子 11 ソニーセミコンダクタ九州ブルーサクヤ

記録[編集]