第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪
四日市競輪場・GI
(周長400m)
レース詳細
開催日 2018年2月9日() - 12日(
レース結果
優勝  新田祐大 (福島)
2位  村上義弘 (京都)
3位  村上博幸 (京都)
2017
2019

第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪は、2018年2月9日から12日まで、四日市競輪場三重県四日市市)で行われた。優勝賞金は2,990万円(副賞含む)。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

車番 選手 登録地
着差 決まり手 上がり
(秒)
H/B 特記
1 1 新田祐大  福島 SS 捲くり 11.6
2 9 村上義弘  京都 S1 1車身 捲くり 12.1 B
3 7 村上博幸  京都 S1 1車輪 12.0
4 6 山田英明  佐賀 S1 1/8車輪 11.6
5 4 椎木尾拓哉  和歌山 S1 3/4車身 11.9
6 5 平原康多  埼玉 SS 1/4車輪 12.0
7 8 原田研太朗  徳島 S1 1車身 12.0
8 2 吉澤純平  茨城 S1 3/4車身 12.3
9 3 古性優作  大阪 S1 大差 14.8 H

配当金額[編集]

2枠連
2車連 3連勝 ワイド
複式 1=6 520円 1=9 980円 1=7=9 1,130円 1=9 350円
単式 1-6 780円 1-9 1,490円 1-9-7 3,830円 1=7 290円
7=9 390円

レース概略[編集]

[6][7][8] 古性の主導権。吉澤の最終1コーナーからの巻き返しに合わせて、村上義が番手まくり。この後ろの村上博がバックで吉澤をけん制、さらに平原を2センターでブロック。最終バックで車を外に持ち出した新田が、最終直線でイエローライン付近を伸びて優勝、グランドスラムに王手となった(残るは寛仁親王牌)。村上兄弟は、兄の義弘が2着、弟の博幸が3着となった。

特記事項[編集]

  • 四日市競輪場でのGI開催は、開場以来初めてとなった(これまで松阪競輪場では未開催のため三重県内としても初)。
  • 大会ポスターに描かれた女性と同じトレンチコートマフラー姿に扮した、2人のアテンドガールが開会式や表彰式などで活動した[9]
  • 地上波の決勝中継番組は「坂上忍の勝たせてあげたいTV 第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪」《日本テレビ系列全国ネット》。なお、進行は従来の田中みな実でなく望月理恵[10][11]
  • 吉澤純平は、今回が初のGI決勝進出だった[12]
  • 唯一、3連勝で決勝に進んだ山田英明は、4着に終わった[13]
  • 総売上は、83億5901万100円(目標は96億円)[14][15]。全日本選抜としてはワーストの売上[16]、4日制GIとしてもワースト3の売上(2017年の寛仁親王牌、2016年の競輪祭に次ぐ)[17]となった。

脚注[編集]

読売新聞社杯全日本選抜競輪
前回 (2017年 第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪
2018年
次回(2019年
第32回読売新聞社杯全日本選抜競輪 第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪