第34回全日本大学サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1985 第34回全日本大学サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 1985年11月28日-12月1日
参加チーム数 16
優勝 大阪商業大学
大阪体育大学
試合総数 16
ゴール数 50 (1試合平均 3.13 点)
得点王 岸本=国士大 (4)
鬼塚=明大 (4)
テンプレートを表示

第34回全日本大学サッカー選手権大会1985年11月28日から12月1日にかけて開催された全日本大学サッカー選手権大会である。大阪商業大学が3年連続4回目、大阪体育大学が初優勝を果たした。

概要[編集]

9地域の代表15校と総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝校が参加した。

大会日程[編集]

開催競技場[編集]

出場大学[編集]

試合日程・結果[編集]

1回戦[編集]

1985年11月28日
国士舘大学 2 - 0 愛知学院大学
柱谷 ゴール
志村 ゴール
駒沢競技場

1985年11月28日
福岡大学 0 - 2 早稲田大学
松山 ゴール
浜田 ゴール
駒沢競技場

1985年11月28日
法政大学 1 - 0 福島大学
沢入 ゴール
江戸川区陸上競技場

1985年11月28日
信州大学 0 - 5 大阪体育大学
鈴木2 ゴール,ゴール
金田 ゴール
畑中 ゴール
中川 ゴール
江戸川区陸上競技場

1985年11月28日
明治大学 7 - 0 北海道大学
鬼塚 ゴール
ゴール
柴田2 ゴール,ゴール
大山2 ゴール,ゴール
西山 ゴール
大宮サッカー場

1985年11月28日
広島大学 0 - 1 同志社大学
財満 後6分にゴール 後6分 (pen.)
大宮サッカー場

1985年11月28日
中央大学 4 - 2 高知大学
大橋 ゴール
川澄 ゴール
後藤2 ゴール,ゴール
杉原 ゴール
西田 ゴール
西が丘サッカー場

1985年11月28日
中京大学 0 - 2 大阪商業大学
望月 ゴール
蒲原 ゴール
西が丘サッカー場

準々決勝[編集]

1985年11月29日
国士舘大学 3 - 0 早稲田大学
ミッシェル (PK) ゴール
岸本2 ゴール,ゴール
駒沢競技場

1985年11月29日
法政大学 1 - 2 大阪体育大学
沢入 ゴール 島田 ゴール
東川 ゴール
駒沢競技場

1985年11月29日
明治大学 4 - 1 同志社大学
鬼塚3 ゴール,ゴール,ゴール
ゴール
植村 ゴール
西が丘サッカー場

1985年11月29日
中央大学 1 - 1
延長 (PK 2-3)
大阪商業大学
後藤 ゴール 江崎 ゴール
西が丘サッカー場

準決勝[編集]

1985年11月30日
国士舘大学 1 - 2
延長
大阪体育大学
簔口 ゴール 自殺点 後26分にゴール 後26分
延前5分にゴール 延前5分
西が丘サッカー場

1985年11月30日
明治大学 1 - 2
延長
大阪商業大学
大山 後14分にゴール 後14分 望月 前44分にゴール 前44分
梶居 延後17分にゴール 延後17分
西が丘サッカー場

三位決定戦[編集]

1985年12月1日
国士舘大学 3 - 2 明治大学
岸本2 ゴール,ゴール
佐野 ゴール
柴田2 ゴール,ゴール
西が丘サッカー場

決勝[編集]

1985年12月1日
大阪体育大学 0 - 0
再延長・引分
大阪商業大学
西が丘サッカー場

最終結果[編集]

第34回全日本大学サッカー選手権大会
優勝チーム
大阪商業大学
3年連続4回目
大阪体育大学

主な出場選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自由参加制時代に14回出場

出典[編集]

  • “「打倒関西」目指す関東勢”. 朝日新聞. (1985年11月27日) 
  • “破壊力で大商大に利”. 朝日新聞. (1985年11月28日) 
  • “関東・関西勢が8強独占”. 朝日新聞. (1985年11月29日) 
  • “関東勢は国士大・明大”. 朝日新聞. (1985年11月30日) 
  • “初の関西決戦”. 朝日新聞. (1985年12月1日) 
  • “「大学日本一」分ける”. 朝日新聞. (1985年12月2日)