第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪
別府競輪場・GI
(周長400m)
レース詳細
開催日 2019年2月8日) - 11日
レース結果
優勝  中川誠一郎 (熊本)
2位  佐藤慎太郎 (福島)
3位  吉澤純平 (茨城)
2018
2020 →

第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪は、2019年2月8日から11日まで、別府競輪場大分県別府市)で行われた。優勝賞金は2,990万円(副賞含む)[1]。別府でのGI開催は初。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

車番 選手 登録地
着差 決まり手 上がり
(秒)
H/B 特記[6]
1 1 中川誠一郎  熊本 S1 逃げ 11.8 B
2 9 佐藤慎太郎  福島 S1 1/2車輪 差し 11.4 走注14-1
3 5 吉澤純平  茨城 S1 1/2車身 11.7 JH
4 2 武田豊樹  茨城 SS 1/2車身 11.6
5 6 和田真久留  神奈川 S1 1/2車輪 11.4
6 7 松浦悠士  広島 S1 3/4車輪 11.4
7 4 小倉竜二  徳島 S1 1/2車身 11.2
8 3 香川雄介  香川 S1 4車身 11.7 落滑入
9 8 吉田敏洋  愛知 S1 5車身 11.7

配当金額[編集]

2枠連
2車連 3連勝 ワイド

1=6 650円 (03) 1=9 1,260円 (05) 1=5=9 6,540円 (27) 1=9
1=5
5=9
480円 (04)
1,130円 (18)
1,340円 (23)

1-6 830円 (02) 1-9 1,690円 (05) 1-9-5 25,260円 (94)

レース概略[編集]

[7][† 1][† 2][† 3][† 4][† 5]

GI決勝としては平成最後のこの大会[8]、単騎が3人の細切れ戦となった[9]。号砲で武田が真っ先に飛び出し[10]、吉澤純平-武田豊樹-佐藤慎太郎、中川誠一郎、松浦悠士-香川雄介-小倉竜二、和田真久留、吉田敏洋で周回。松浦ラインが吉澤ラインにかぶせた上を、残り2周で吉田が上昇し誘導員を退避させて流す。

2コーナーから踏み上げて先頭に立った和田を目がけて、吉澤が叩いて打鐘で抑え先行の態勢に[11]。この時点で吉田は最後尾。4番手をキープした和田の外側で浮きかけた中川が意を決してカマシを打ち[12][13][14][15][16][17]、最終1コーナー過ぎに主導権を奪取。なかなか吉澤が約2車身の差を縮められないまま[11]直線に入る。6番手からの松浦のバック捲りは、吉澤の後ろの武田をも飲み込めず不発。

ゴール

準決勝[8]同様に丸1周強を駆けて[12][18]最後まで粘った地元九州勢の中川が、優勝。初GIタイトルの2016年静岡・日本選手権競輪以来遠ざかっていた決勝の舞台で[8][16]、同じ単騎戦でGI2回目の制覇を果たした。バックストレッチ横にある大型ビジョン[19]でスロー映像を確認した後にガッツポーズを決めた[17][20]。勝利者インタビューでは、2年後に開催再開が発表されているホームバンク熊本競輪場への思いも語った[14][15][16][17][† 6]

9選手のうち中川に次ぐ競走得点でもあった佐藤が、2着。武田追走から吉澤が内を空けるのを待ってから当たって[4][12]、中川との間を割り1/2車輪差まで迫った。

吉澤が3着。昨年6月の高松宮記念杯以来となる、師匠・武田とのGI決勝同乗だった。

吉澤の番手から直線で外側を行こうとした武田は、伸びを欠いて4着に終わり、GI最高齢優勝記録更新を逃した[21]

さらに最後は横に広がって混線となった中・下位着陣。ゴール線前で武田の後輪と接触し、松浦にも当たって落滑入した香川は[10]、8着(左肩関節打撲[22][注 1]

特記事項[編集]

  • 大会キャッチフレーズは「オニアツ。」(「鬼[注 2]のように強く、地獄より熱い。」の略で、別府温泉ゆかりの地獄めぐりから)。出場選手たちは、レースに勝利した際の歓喜表現などで口にした[16][25][26]中川誠一郎も両腕を挙げるオニアツポーズを披露し[27]、優勝者表彰式・閉会式[注 3]のインタビューでは、自らの提案で「せーの、オニアツ」を観客と斉唱して締めくくった[28][† 8][† 9]
  • ファンサービスでは、「ニッカンPDF新聞[31]」が連日無料提供された。
  • 中川の優勝者表彰式・閉会式[注 3]では、本大会のラウンド&フラッグガールを担当した2人(天野織・吉田美弥)[35]および、今年3月末をもって丸10年の節目で活動を休止するスピーチーズ(競輪専門チャンネル「SPEEDチャンネル」のキャンペーンユニット3人組)が、アテンドを務めた[36](花束贈呈はメンバーの櫻庭ヨウ[† 10])。
  • 4日間の総売上は、前年比99.3%となる83億258万8500円(目標は95億円)[15][37]で、全日本選抜競輪の売上ワーストを更新した。

競走データ[編集]

  • S級S班 - 選考基準で最優先される、この全9名のうち新田祐大脇本雄太は、ナショナルチームで東京五輪参加資格獲得に向けた強化のため、出場を辞退した[38][39]。残る7名のうち5名が二次予選回りとなる幕開けから[40]、相次ぐ落車棄権も含め[18]、決勝へ辿り着いたのは武田豊樹だけだった。
  • 8地区 - 九州勢は坂本亮馬が病気欠場して総勢9名が参加[8]。地元・大分から唯一人選出された大塚健一郎[26]も二次予選で敗退し、準決勝の時点で残ったのは、スタールビー賞を走った中川誠一郎のみとなっていた[41]。全国8地区のうち7地区からの9選手が、決勝へ勝ち上がってきた(近畿は全員敗退し、関東と四国が2名ずつ)。
  • 優出頻度 - 和田真久留[42]と松浦悠士[43](今回の決勝で20代選手はこの2人のみ)は、GI初優出。香川雄介のみ、昨年11月の競輪祭からのGI連続優出。小倉竜二は、2011年6月高松宮記念杯以来のGI決勝[44]。なお、和田と吉田敏洋が初日一次予選組で、他の7名は初日特選組だった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 最終周回第4コーナー付近での審議対象になった2選手。武田は「違反性のない外側への動き」、松浦は「違反に至らない内側への動き」で、共に非失格が決まった[† 7]
  2. ^ なお、競馬用語と同様に「鬼脚(オニア)」という言い方(最後に激しい勢いで強襲してくる意)が競輪でもなされ(オニアツ。と同じイントネーション)、かつて井上茂徳[23]小橋正義[24]らを称した。
  3. ^ a b 他のGIのような3着までの選手が対象の表彰式ではなく、今回は優勝者の中川のみが出席。

YouTube[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 武田豊樹の後位から佐藤慎太郎が強襲して2着/別府 - 日刊スポーツ、2019年2月12日
  2. ^ GP・GI・GII 等決勝戦結果&レポート 読売新聞社杯全日本選抜競輪 - KEIRIN.JP 競輪資料室
  3. ^ 別府競輪 pdf
  4. ^ a b レース詳細 2019年2月11日 12R - Kドリームス
  5. ^ S級決勝|2019年2月11日(月) 別府競輪 12R結果 - オッズパーク競輪
  6. ^ 結果 - 日刊プロスポーツ新聞社 プロスポーツWeb
  7. ^ http://wm.st.keirin.jp/wm-keirin86/20190211-86-05-12-01-00.mp4
  8. ^ a b c d 誠一郎 踏み切る 九州王国再興へ - 西日本スポーツ、2019年2月11日
  9. ^ 『第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)』 決勝戦共同インタビュー - KEIRIN.JP
  10. ^ a b 別府G1(最終日)レポート 1/2 - Perfecta Navi、2019年2月11日
  11. ^ a b 誠一郎単騎逃げV G1 2勝目「熊本再開まで頑張る」 全日本選抜 - 西日本スポーツ、2019年2月13日
  12. ^ a b c 『第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)レポート』 最終日編 - KEIRIN.JP
  13. ^ 中川誠一郎が単騎で逃げ切り2度目のG1制覇/別府 - 日刊スポーツ、2019年2月11日
  14. ^ a b 別府全日本選抜は中川誠一郎が優勝 打鐘4角から仕掛けてG1V2達成 - デイリースポーツ、2019年2月11日
  15. ^ a b c d 中川、単騎圧逃V 2度目G1制覇 - スポニチ、2019年2月12日
  16. ^ a b c d 中川誠一郎オニアツ快挙!単騎で逃げ切り2冠/別府 - 日刊スポーツ、2019年2月12日
  17. ^ a b c 別府G1(最終日)レポート 2/2 - Perfecta Navi、2019年2月11日
  18. ^ a b 中川誠一郎が単騎で1周先行逃げ切り、KEIRINグランプリ出場へ1番乗り - More CADENCE、2019年2月12日
  19. ^ お客様のご意見箱 2017年1月 - 別府競輪 オフィシャルサイト
  20. ^ 『第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)』 優勝者の横顔 - KEIRIN.JP
  21. ^ 【別府GI最終日12R】45歳33日の武田 GI最高齢V照準 - 競輪スポニチ、2019年2月11日
  22. ^ 【別府GI全日本選抜】出来事(11日) - 競輪スポニチ、2019年2月12日
  23. ^ 【GP】鬼脚・井上茂徳の背を追う“男”成田 - 東スポ、2012年12月29日
  24. ^ “平成の鬼脚”小橋正義が引退…体力気力十分も「一身上の都合」 - スポニチ、2016年12月27日
  25. ^ 香川雄介、奇跡的決勝進出に「オニアツ」連呼/別府 - 日刊スポーツ、2019年2月10日
  26. ^ a b 初のG1全日本選抜は中川誠一郎Vで幕降ろす/別府 → 意地と涙の勝利 別府初G1の立役者・大塚健一郎 - 日刊スポーツ 敢闘門の向こう側、2019年2月12日
  27. ^ KEIRIN.MAGAZINEの投稿(2562744033797328) - Facebook
  28. ^ オニアツ! - SPEEDチャンネル キャスターブログ、2019年2月11日(津田三七子
  29. ^ 第34回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪GIご案内チラシ
  30. ^ 第9回 別府編 いい湯だね! 別府エルボードロップ! - キン肉マン 超人ケイリン編
  31. ^ 無料WEB予想紙「ニッカンPDF新聞」 最終日 - 日刊スポーツ
  32. ^ テレビ放送予定 - KEIRIN.JP
  33. ^ 坂上忍の勝たせてあげたいTV~全日本選抜競輪2019~ - 日本テレビ
  34. ^ 坂上忍の勝たせてあげたいTV - 日本テレビ 番組公式サイト
  35. ^ 別府G1にラウンド&フラッグガール スピードバトルに花を添える - デイリースポーツ、2019年2月8日
  36. ^ 別府G1でスピーチーズがライブ 場内敷地にある競輪温泉に興味津々 - デイリースポーツ、2019年2月8日
  37. ^ 4日間の総売り上げは目標の95億円に届かず/別府 - 日刊スポーツ、2019年2月11日
  38. ^ 来年2月別府競輪で開催 全日本選抜出場選手発表 - 西日本スポーツ、2018年12月22日
  39. ^ 【別府GI全日本選抜】出場選手選考基準 - 競輪スポニチ、2019年2月8日
  40. ^ SS班5人が2次予選に登場 メインはSR賞/別府 - 日刊スポーツ、2019年2月9日
  41. ^ 誠一郎 準決でパワー爆発だ! 九州王国再興へ - 西日本スポーツ、2019年2月10日
  42. ^ 【GI全日本選抜競輪】和田真久留が待望のGI決勝の舞台に立つ - 東スポ
  43. ^ 【GI全日本選抜競輪】松浦悠士 GI初決勝で初Vあるぞ! - 東スポ
  44. ^ 【GI全日本選抜競輪】小倉竜二が約8年ぶりのGI決勝へ - 東スポ
読売新聞社杯全日本選抜競輪
前回 (2018年 第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪
2019年
次回(2020年
第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪 第35回読売新聞社杯全日本選抜競輪