第35回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第35回グラミー賞(35th Grammy Awards)は1993年2月24日ロサンゼルスシュライン・オーディトリアムで開催された。

概要[編集]

エリック・クラプトンが主要4部門中3部門を独占したことで知られる。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞
  • アレステッド・ディベロプメント英語版

ポップ[編集]

最優秀ポップ・ボーカル・パフォーマンス(女性)
最優秀ポップ・ボーカル・パフォーマンス(男性)
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス

トラディショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス

ロック[編集]

最優秀ロック・ボーカル・パフォーマンス(女性)
  • "Ain't It Heavy" - メリッサ・エスリッジ英語版(『ネヴァー・イナフ(Never Enough)』所収)
最優秀ロック・ボーカル・パフォーマンス(男性)
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ハードロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀R&Bボーカル・パフォーマンス(女性)
最優秀R&Bボーカル・パフォーマンス(男性)
最優秀R&Bパフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀R&Bインストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀R&Bソング

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)

カントリー[編集]

最優秀カントリー・ボーカル・パフォーマンス(女性)
最優秀カントリー・ボーカル・パフォーマンス(男性)
最優秀カントリー・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀カントリー・ボーカル・コラボレーション
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
最優秀ブルーグラス・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀ジャズ・インストゥメンタル・ソロ
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス(個人もしくはグループ)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス

ゴスペル[編集]

最優秀ポップ・ゴスペル・アルバム
最優秀ロック/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
最優秀トラディショナル・ソウル・ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ソウル・ゴスペル・アルバム
最優秀サザン、カントリーもしくはブルーグラス・ゴスペル・アルバム
最優秀ゴスペル・アルバム(クワイアもしくはコーラス)

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム
最優秀メキシカン-アメリカン・アルバム

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

フォーク[編集]

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム
  • 『35th Anniversary』 - ウォルター・オスタネク英語版

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀アルバム(子供向け)

スポークン[編集]

最優秀スポークン・ワードもしくは非ミュージカル・アルバム
  • 『マジック・ジョンソンのエイズにかからない方法(What You Can Do to Avoid AIDS)』 - マジック・ジョンソン、Robert O'Keefe

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム
  • The New Broadway cast『ガイズ&ドールズ(Guys and Dolls - The New Broadway Cast Recording)』 - Jay David Saks(プロデューサー)

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀楽曲(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル作曲(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル編曲
  • ロブ・マッコーネル&The Boss Brass "ストライク・アップ・ザ・バンド(Strike Up the Band)" - ロブ・マッコーネル英語版(編曲者)(『Brassy & Sassy』所収)
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

パッケージングおよびノーツ[編集]

最優秀アルバム・パッケージ
最優秀アルバム・ノーツ

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム

制作・エンジニアリング[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
クラシカル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
  • ピーター・ガブリエル "この夢の果て(Digging in the Dirt)" - ジョン・ダウナー(ビデオ・ディレクター、ビデオ・プロデューサー)
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2015年3月15日閲覧。