第35回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

第35回国民体育大会(だい35かいこくみんたいいくたいかい)は1980年に開催された国民体育大会である。冬季スケート競技会のスローガンは「銀盤にはばたけ苫小牧国体」、同スキー競技会は「スキーのふるさと 小樽国体」、夏季・秋季大会のテーマは「栃の葉国体」である。今大会より教員の部が廃止され、山岳競技などが正式競技として採用された。

大会概要[編集]

期間 開催地 競技数 参加者数
1980年1月26日 - 1月29日 北海道苫小牧市 1 1,866
1980年2月14日 - 2月17日 北海道小樽市 1 1,875
1980年9月7日 - 9月10日 栃木県宇都宮市
埼玉県戸田市
千葉県千葉市
4 4,219
1980年10月12日 - 10月17日 栃木県 31 19,121
合 計 37 27,081

実施競技[編集]

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 栃木県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 神奈川県

皇后杯[編集]

  • 1位 - 栃木県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 大阪府

参考文献[編集]