第35回日本カーリング選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第35回日本カーリング選手権
基本情報
開催都市 北海道の旗 北海道名寄市
会場 北海道立サンピラーパーク
日程 2018年1月28日 - 2月4日
成績上位
男子
優勝 team IWAI(北海道
準優勝 チーム北海道(北海道)
3位 軽井沢CC(長野
女子
優勝 富士急山梨
準優勝 北海道銀行(北海道)
3位 中部電力(長野)
« 2017
2019 »

第35回日本カーリング選手権大会(だい35かいにほんカーリングせんしゅけんたいかい)は、2018年1月28日から2月4日にかけて北海道名寄市北海道立サンピラーパークで開催された日本カーリング選手権大会である。

概要[編集]

今大会は日本カーリング協会の方針により2018年平昌オリンピックに日本代表として出場するSC軽井沢クラブ(男子代表)とロコ・ソラーレ(女子代表)は不参加。
前年度優勝チーム(男子は準優勝チーム)、開催地推薦、各ブロック予選(北海道、東北、関東、中部、西日本)を兼ねた大会で勝ち抜いたチームが出場[1]
男子優勝チームは、2018年3月31日からアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスで開催される2018年世界男子カーリング選手権大会 、女子優勝チームは、2018年3月17日からカナダオンタリオ州ノースベイで開催される2018年世界女子カーリング選手権大会への出場権を獲得する。
男子はチームIWAI、女子は富士急がともに初の優勝を果たした[2]
なお、今大会から3位決定戦は行わず、準決勝敗退チームが自動的に3位となる[3]

形式[編集]

  • ラウンドロビンは9チームによる総当り(リーグ戦)で行い、上位4チームにより決勝トーナメントを戦う。
  • 決勝トーナメントは、予選の1位から4位のチームでプレイオフシステム(ページシステム)にて優勝チームを決定。
  • ラウンドロビン及び決勝トーナメントは10エンド(シンキング持ち時間38分、チームタイムアウト1回)。
  • ラウンドロビンの順位は以下の順で決定する。
  1. 勝率
  2. 直接対決の勝敗
  3. DSC (Draw Shot Challenge)

男子[編集]

参加チーム[編集]

ブロック予選 チーム
前年度準優勝 1 チーム北海道(北海道
開催地推薦 1 名寄市役所(北海道)
北海道 3 team IWAI
北海道大学
名寄協会
東北 1 青森県協会(青森
関東 1 チーム東京(東京
中部 1 軽井沢CC(長野
西日本 1 チーム京都(京都

ラウンドロビン順位表[編集]

備考
決勝トーメント進出
順位 チーム 勝敗 得失点 エンド 対戦表
1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 チーム北海道 8 0 76 24 40 18 7 18 -
2 team IWAI 7 1 55 30 27 23 19 8 × -
3 軽井沢CC 6 2 49 38 29 28 22 5 × × -
4 名寄協会 5 3 42 41 26 26 20 6 × × × -
5 チーム東京 4 4 42 41 26 25 27 3 × × × × -
6 名寄市役所 3 5 50 59 32 30 16 6 × × × × × -
7 北海道大学 2 6 33 55 19 33 22 4 × × × × × × -
8 チーム京都 1 7 35 61 27 33 12 5 × × × × × × × -
9 青森県協会 0 8 25 58 22 32 18 2 × × × × × × × × -

決勝トーナメント[編集]

  プレーオフ 準決勝 決勝
                           
1  チーム北海道 5  
2  team IWAI 3         1  チーム北海道 3
      2  team IWAI 9   2  team IWAI 4
  3  軽井沢CC 1  
3  軽井沢CC 5
4  名寄協会 2  

1 vs 2[編集]

2月3日 9:30

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
チーム北海道 Hammer (Last Stone First End) 2 0 0 2 0 0 0 0 0 1 5
teamIWAI 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0 3

3 vs 4[編集]

2月3日 9:30

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
軽井沢CC Hammer (Last Stone First End) 2 0 0 1 0 0 2 0 0 X 5
名寄協会 0 0 0 0 0 1 0 1 0 X 2

準決勝[編集]

2月3日 15:00

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
軽井沢CC 0 0 0 0 0 0 1 0 X X 1
teamIWAI Hammer (Last Stone First End) 0 1 1 0 1 3 0 3 X X 9

決勝[編集]

2月4日 10:00

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
team IWAI 0 0 0 1 0 0 1 2 0 0 4
チーム北海道 Hammer (Last Stone First End) 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 3

女子[編集]

参加チーム[編集]

ブロック予選 チーム
前年度優勝 1 中部電力長野
開催地推薦 1 名寄協会(北海道
北海道 3 北海道銀行
札幌国際大学
札幌CA
東北 1 青森Jr(青森
関東 1 富士急山梨
中部 1 Karuizawa(長野)
西日本 1 チーム広島(広島

ラウンドロビン順位表[編集]

備考
決勝トーメント進出
順位 チーム 勝敗 得失点 エンド 対戦表
1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 [注 1] 中部電力 7 1 49 24 32 23 19 7 - ×
2 [注 1] 北海道銀行 7 1 61 30 38 25 13 15 × -
3 富士急 6 2 61 32 34 24 12 8 × × -
4 青森Jr 5 3 44 40 29 28 15 12 × × - ×
5 Karuizawa 4 4 46 48 26 27 19 4 × × × - ×
6 札幌国際大学 3 5 44 47 32 28 15 8 × × × × × -
7 札幌CA 2 6 37 50 21 32 15 5 × × × × × × -
8 [注 2] 名寄協会 1 7 34 48 27 32 16 4 × × × × × × × -
9 [注 2] チーム広島 1 7 29 86 19 39 6 4 × × × × × × × -
タイブレーク
  1. ^ a b 7勝1敗で並んだ2チームの直接対決の勝敗で決定
  2. ^ a b 1勝7敗で並んだ2チームの直接対決の勝敗で決定

決勝トーナメント[編集]

  プレーオフ 準決勝 決勝
                           
1  中部電力 6  
2  北海道銀行 7         2  北海道銀行 3
      1  中部電力 5   3  富士急 5
  3  富士急 9  
3  富士急 7
4  青森Jr 6  

1 vs 2[編集]

2月3日 9:30

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
北海道銀行 0 0 2 0 2 0 0 2 0 1 7
中部電力 Hammer (Last Stone First End) 0 0 0 3 0 2 0 0 1 0 6

3 vs 4[編集]

2月3日 9:30

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
青森Jr  0 1 0 2 0 1 0 0 1 1 0 6
富士急 Hammer (Last Stone First End) 2 0 1 0 1 0 1 1 0 0 1 7

準決勝[編集]

2月3日 15:00

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
中部電力 Hammer (Last Stone First End) 0 1 1 0 0 1 1 0 1 X 5
富士急 0 0 0 3 3 0 0 3 0 X 9

決勝[編集]

2月4日 14:30

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
北海道銀行 Hammer (Last Stone First End) 0 0 2 0 0 0 0 1 0 0 3
富士急 0 0 0 1 1 0 0 0 1 2 5

脚注[編集]

  1. ^ 第35回 全農 日本カーリング選手権大会 開催要項”. 公益社団法人 日本カーリング協会. 2018年12月26日閲覧。
  2. ^ 第35回 全農 日本カーリング選手権大会 結果”. 公益社団法人 日本カーリング協会. 2018年3月20日閲覧。
  3. ^ 第35回 全農 日本カーリング選手権大会 タイムスケジュール”. 公益社団法人 日本カーリング協会. 2018年12月29日閲覧。