第35回社会人野球日本選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第35回社会人野球日本選手権大会(だい35かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2008年11月13日から11月23日まで京セラドーム大阪で開かれた社会人野球日本選手権大会である。

概要[編集]

  • この夏の都市対抗を圧倒的な強さで勝ちぬいた新日本石油ENEOSに注目が集まった。新日本石油ENEOSは順当に勝ち上がったが準決勝で惜敗し、東芝に続く2チーム目の夏秋連覇はならなかった。
  • パナソニックは近畿予選を突破し、連続出場を15年に乗せ、通算出場回数も最多の30回とし、社名変更後最初の大会に名乗りをあげた。
  • 大会は2年連続で愛知県勢同士の対決となり、夏秋通じて初めての優勝を目指すJR東海を終盤の逆転劇で下したトヨタ自動車が2年連続2回目の優勝を遂げた。MVPには3勝を挙げた大谷智久が選ばれた。
  • なおこの年の決勝戦のNHKによるテレビの中継は、通常の地上波が大相撲九州場所(総合)、関東大学ラグビー対抗戦グループ早稲田対慶應」(教育)とスポーツ中継が重複し日程面の都合がつかなかったため、NHK BS1で生放送された。

予選[編集]

出場チーム[編集]

代表枠 チーム 出場回数
都市対抗野球優勝
東京スポニチ大会優勝
新日本石油ENEOS 4年連続15回目
クラブ選手権優勝 茨城ゴールデンゴールズ 2年連続2回目
北海道大会優勝 日本通運 2年連続12回目
東北大会優勝 JR東日本東北 8年連続14回目
静岡大会優勝 Honda 4年連続14回目
長野大会優勝 トヨタ自動車 6年連続9回目
京都大会優勝 Honda鈴鹿 3年ぶり9回目
岡山大会優勝 JR東海 6年ぶり10回目
四国大会優勝 住友金属鹿島 4年ぶり4回目
九州大会優勝 JR九州 2年連続6回目
北海道 JR北海道 2年連続3回目
東北 七十七銀行 5年連続6回目
北信越 NTT信越硬式野球クラブ 2年ぶり12回目
関東 日産自動車 2年連続15回目
関東 日立製作所 5年ぶり7回目
関東 富士重工業 3年連続11回目
代表枠 チーム 出場回数
関東 JR東日本 2年連続3回目
関東 NTT東日本 4年ぶり7回目
東海 ヤマハ 4年ぶり18回目
東海 東邦ガス 3年連続3回目
東海 西濃運輸 2年ぶり13回目
近畿 日本生命 9年連続27回目
近畿 三菱重工神戸 2年ぶり17回目
近畿 日本新薬 2年連続12回目
近畿 新日本製鐵広畑 13年ぶり8回目
近畿 NTT西日本 2年ぶり12回目
近畿 パナソニック 15年連続30回目
中国 JFE西日本 3年ぶり4回目
中国 伯和ビクトリーズ 2年ぶり3回目
四国 JR四国 2年ぶり9回目
九州 沖縄電力 2年連続2回目
九州 Honda熊本 2年ぶり10回目

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT信越硬式野球クラブ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
日本生命 1 0 0 0 0 1 0 0 X 2

勝:竹中 敗:河野 本:作道(信越)

  • 第2試合(11月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士重工業 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
Honda熊本 0 1 0 0 0 0 0 2 X 3

勝:江波戸 敗:小出

  • 第3試合(11月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3
JR東日本東北 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:野上 敗:攝津

1 2 3 4 5 6 7 8 9
茨城ゴールデンゴールズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
ヤマハ 4 0 0 0 0 0 1 0 X 5

勝:岡本 敗:北野偉

  • 第5試合(11月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
トヨタ自動車 2 2 1 0 0 0 0 0 X 5

勝:大谷 敗:牧田

  • 第6試合(11月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR四国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
NTT西日本 0 0 0 0 1 0 0 0 X 1

勝:藤原 敗:岩井

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西濃運輸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JR東日本 2 0 0 0 0 0 0 1 X 3

勝:坂上 敗:佐伯

  • 第8試合(11月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
パナソニック 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
JFE西日本 0 0 0 2 0 2 0 0 X 4

勝:山村 敗:山本隆之

  • 第9試合(11月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東海 0 0 0 1 1 3 3 1 1 10
日本新薬 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:川野 敗:田中 本:佐々木(東海)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東日本 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
伯和ビクトリーズ 0 0 0 2 0 1 0 0 X 3

勝:石渡 敗:黒田 本:石本(伯和)

  • 第11試合(11月16日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属鹿島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日鐵広畑 0 0 4 1 0 0 0 0 X 5

勝:梶本 敗:加賀

  • 第12試合(11月16日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
JR九州 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
Honda 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:米藤 敗:角田

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
七十七銀行 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0 3
日立製作所 0 0 0 1 0 0 1 0 1 0 0 0 1x 4

勝:比嘉 敗:相澤

  • 第14試合(11月17日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東邦ガス 0 0 0 0 2 1 0 2 0 5
沖縄電力 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3

勝:藤江 敗:仲田

  • 第15試合(11月17日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日本石油ENEOS 3 0 0 0 1 0 0 0 X 4

勝:田澤 敗:山本

1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda鈴鹿 0 0 2 0 0 0 0 6 1 9
JR北海道 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2

勝:藤本 敗:神田 本:渡邊、中原(以上鈴鹿)、船越(北海道)

2回戦[編集]

  • 第1試合(11月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 4 0 0 0 2 0 0 0 6
Honda熊本 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2

勝:黒田 敗:江波戸 本:佐々木健(熊本)

  • 第2試合(11月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
ヤマハ 1 0 0 0 0 0 1 0 X 2

勝:岡本 敗:野上 本:マガリャエス、小粥(以上ヤマハ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 2 1 0 0 0 0 2 0 0 5
NTT西日本 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2

勝:大谷 敗:糸川

  • 第4試合(11月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3
JFE西日本 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:坂上 敗:陶山

  • 第5試合(11月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
伯和ビクトリーズ 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
JR東海 0 0 0 0 0 4 0 0 X 4

勝:川野 敗:戸口田 本:青山(東海)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
JR九州 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3
新日鐵広畑 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:濱野 敗:梶本 本:大嶋(広畑)

  • 第7試合(11月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3
東邦ガス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:比嘉 敗:藤江 本:前田(東邦)

  • 第8試合(11月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本石油ENEOS 0 0 4 0 0 0 0 0 0 4
Honda鈴鹿 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:廣瀬 敗:坂本 本:磯部(ENEOS)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本生命 0 1 1 0 0 2 0 0 X 4

勝:竹中 敗:広岡

  • 第2試合(11月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 0 0 1 0 0 0 3 0 0 4
JR東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2

勝:佐竹 敗:鈴木寛

  • 第3試合(11月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東海 0 0 2 2 0 0 0 0 0 4
JR九州 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:中須賀 敗:濱野 本:金谷(東海)

  • 第4試合(11月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本石油ENEOS 1 0 0 1 1 1 0 0 0 4
日立製作所 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:田澤 敗:平野

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
トヨタ自動車 4 0 1 0 1 0 1 0 X 7

勝:中澤 敗:下野 本:荻野(トヨタ)

  • 第2試合(11月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東海 0 0 0 2 0 0 1 0 0 3
新日本石油ENEOS 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2

勝:中須賀 敗:廣瀬

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 0 3 1 4
JR東海 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2

勝:大谷 敗:川野 本:田中(トヨタ)
(トヨタ自動車は2年連続2回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 最高殊勲選手賞 大谷智久(投手:トヨタ自動車)
  • 敢闘賞 川野慎也(投手:JR東海)
  • 打撃賞 田中幸長(外野手:トヨタ自動車)
  • 首位打者賞 大島洋平(外野手:日本生命) 16打数9安打 .563
  • 大会優秀選手
    • 投手
    大谷智久(トヨタ自動車)
    川野慎也(JR東海)
    中須賀諭(JR東海)
    竹中慎之介(日本生命)
    田澤純一(新日本石油ENEOS)
    米藤太一(JR九州)
    岡本洋介(ヤマハ)
    梶本侑平(新日鐵広畑)
    • 捕手
    佐久間健一(日本生命)
    山岡剛(新日本石油ENEOS)
    • 一塁手
    金谷則幸(JR東海)
    田中政則(日立製作所)
    • 二塁手
    佐野比呂人(トヨタ自動車)
    杉田匡平(JR東海)
    • 三塁手
    秦健悟(トヨタ自動車)
    宮澤健太郎(新日本石油ENEOS)
    • 遊撃手
    日野原宏和(JR東海)
    田中マルシオ敬三(JR九州)
    柳田俊幸(新日本石油ENEOS)
    • 外野手
    荒波翔(トヨタ自動車)
    荻野貴司(トヨタ自動車)
    大島洋平(日本生命)
    榊原浩司(新日本石油ENEOS)
    川端崇義(JR東日本)
    冨浦祥吾(JR九州)
    • 指名打者
    田中幸長(トヨタ自動車)
    青山眞也(JR東海)
  • 元気賞
    住友金属鹿島応援団
    JFE西日本応援団