第36機甲師団 (イスラエル国防軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第36師団
אוגדה 36(Ugda 36)
36th Division
活動期間 1954年
所属政体 イスラエルの旗 イスラエル
所属組織 Badge of the Israel Defense Forces.svg イスラエル国防軍
部隊編制単位 師団(ウグダ)
兵科 Idf armored corps flag.svg 機甲科英語版
装甲部隊
兵種/任務/特性 現役機甲師団
編成地 タボール基地
通称号/略称 アブトゥバ・ガアシュ
(火山部隊)
(עוצבת געש , Avtbah Ga'ash)
上級単位 北部方面軍
最終上級単位 Flag of IDF Chief of Staff.svg 参謀総長
(指揮系統上)
イスラエル陸軍指揮本部
(兵科上)
主な戦歴
テンプレートを表示
画像外部リンク
師団インシグニア(ヘブライ語版Wikipedia)
イスラエル国防軍 第36機甲師団 組織図

第36師団ヘブライ語: אוגדה 36‎(Ugda 36),英語: 36th Division)は、イスラエル国防軍師団の一つである。

北部方面軍所属の現役機甲師団。通称として「アブトゥバ・ガアシュ」(火山部隊、ヘブライ語: עוצבת געש‎(Avtbah Ga'ash))という名称も使われる[1]第三次中東戦争第四次中東戦争第一次レバノン戦争に参加した。

部隊名について、ヘブライ語を直訳すると単に「第36師団」だが、多くの資料では「第36機甲師団」としているので本文もそれに従う。

概要[編集]

第36機甲師団は2014年2月からイスラエル北部軍管轄化に入ったイスラエル国防軍機甲部隊で最も規模の大きい機甲師団で、イスラエル陸軍指揮本部(GOC Army headquarters)の指揮下にある[2]

第36機甲師団は1954年に編成され、1958年までアブラハム・ヨッフェ英語版少将の指揮下にあった。

1967年の第三次中東戦争時には、ヨルダン川西岸地区の北部での戦闘に従事した。戦争後はゴラン高原南部を主な活動地域とした。1969年から1972年まではシュムエル・ゴネン英語版少将、1972年から1974年にはラファエル・エイタン少将によって指揮された。

1973年の第四次中東戦争では、第36機甲師団隷下の第7機甲旅団第188機甲旅団ショットカル戦車部隊が、ゴラン高原から進撃してくるシリア軍の戦車部隊を食い止める激戦を戦った。この戦いでは約100両のイスラエル軍戦車、700両以上に及ぶシリア軍の戦車や装甲車が破壊され、この地は後に涙の谷と呼ばれた。

1978年のリタニ作戦においても第36機甲師団は主力部隊の一つとして作戦に参加した。1982年のレバノン侵攻作戦では、海岸沿いのルートからレバノンの首都ベイルートへの進撃をおこなった。


所属部隊[編集]

ゴラン高原で訓練を行う第188機甲旅団のメルカバ Mk.3D

常設部隊[編集]

予備役部隊[編集]

  • Flag of the Israeli Infantry Corps.svg 第6歩兵旅団英語版 - "エツィオーニ歩兵旅団"
  • Idf armored corps flag.svg 第263機甲旅団 - "チャリオット・オブ・ファイア機甲旅団"


脚注・出典[編集]

関連項目[編集]