第37回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第37回グラミー賞(37th Grammy Awards)は1995年3月1日ロサンゼルスシュライン・オーディトリアムで開催された。

概要[編集]

若手のシェリル・クロウとベテランのブルース・スプリングスティーンがそれぞれ3部門を獲得した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
最優秀ポップ・アルバム賞

トラディッショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
最優秀メタル・パフォーマンス賞
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
最優秀ロック楽曲賞
最優秀ロック・アルバム賞

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀R&B楽曲賞
最優秀R&Bアルバム賞

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀カントリー・コラボレーション賞
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
最優秀カントリー楽曲賞
最優秀カントリー・アルバム賞
最優秀ブルーグラス・アルバム賞

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス賞 - インディビデュアル/グループ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス賞
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
  • 『Master Sessions Volume 1』 - カチャーオ英語版
最優秀メキシカン-アメリカン/テハーノ・ミュージック・パフォーマンス賞
  • 『Recuerdo A Javier Solis』 - ヴィッキー・カー英語版

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

フォーク[編集]

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀作曲(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル作曲(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

制作・エンジニアリング[編集]

最優秀エンジニアド録音(非クラシカル) (Best Engineered Album, Non-Classical)
最優秀クラシカル・エンジニアド録音 (Best Classical Engineered Recording)
  • William Hoekstra(エンジニア)。 『コープランド:Music For Films (The Red Pony, Our Town, Etc.)』
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
クラシカル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
  • アンドリュー・コーネル

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年12月24日閲覧。