第37回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第37回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会(だい37かいぜんこくこうとうがっこうバレーボールせんばつゆうしょうたいかい)は、2006年3月20日(月曜)から3月26日(日曜)まで7日間にわたって国立代々木第1体育館で行われた全国高等学校バレーボール選抜優勝大会である。

概要[編集]

日程[編集]

  • 3月20日 - 開会式・1回戦
  • 3月21日 - 1回戦・2回戦
  • 3月22日 - 2回戦
  • 3月23日 - 3回戦
  • 3月24日 - 準々決勝
  • 3月25日 - 準決勝
  • 3月26日 - 決勝戦・閉会式

出場校[編集]

男子[編集]

  • 前年度優勝 深谷(2年連続24回目・埼玉)

北海道・東北

関東

東海・北信越

近畿

  • 滋賀県代表 近江(8年連続20回目)
  • 京都府代表 花園(14年ぶり5回目)
  • 大阪府代表Ⅰ 大塚(2年連続3回目)
  • 大阪府代表Ⅱ 大商大高(2年ぶり28回目)
  • 兵庫県代表 市立尼崎(6年連続10回目)
  • 奈良県代表 添上(2年連続19回目)
  • 和歌山県代表 開智(12年連続12回目)

中国

四国

九州

女子[編集]

  • 前年度優勝 共栄学園(5年連続18回目・東京)

北海道・東北

関東

東海・北信越

近畿

中国

  • 鳥取県代表 米子西(9年ぶり9回目)
  • 島根県代表 松江北(初出場)
  • 岡山県代表 就実(3年連続32回目)
  • 広島県代表 沼田(4年連続8回目)
  • 山口県代表 誠英(13年連続23回目)

四国

九州

シード校[編集]

男子

  • 第1シード校 深谷
  • 第2シード校 東北
  • 第3シード校 大塚
  • 第4シード校 星城
  • 第5シード校 東亜学園

女子

  • 第1シード校 共栄学園
  • 第2シード校 大阪国際滝井
  • 第3シード校 九州文化学園
  • 第4シード校 東九州龍谷
  • 第5シード校 八王子実践

試合結果[編集]

男子[編集]

1回戦

  • 九州産業 2 - 0 駿台学園
  • 高知 2 - 0 関商工
  • 青森工業 2 - 0 阿南工業
  • 霞ヶ浦 2 - 0 花園
  • 崇徳 2 - 0 白樺学園
  • 下田南 2 - 0 安田学園
  • 雄物川2 - 1西原
  • 金光学園2 - 1大阪商業大高
  • 高松工芸 2 - 0 有田工業
  • 秦野南が丘 2 - 0 多々良学園
  • 市立船橋 2 - 0 近江
  • 大分工業 2 - 0明和県央
  • 長崎北 2 - 0 金沢商業
  • 山形南 2 - 1富山第一
  • 日本航空 2 - 0 新発田中央
  • 足利工業大附 2 - 0鳥取工業
  • 松山工業 2 - 1 安来
  • 福井工 2 - 0 磐城二
  • 岡谷工業 2 - 0 添上
  • 市立尼崎 2 - 0 鹿児島商業
  • 皇學館 2 - 0 東海大第四

2回戦

  • 市立船橋 2 - 0盛岡南
  • 崇徳 2 - 0 開智
  • 東亜学園 2 - 0 金光学園
  • 日向学院 2 - 0 霞ヶ浦
  • 市立橘 2 - 0 皇學館
  • 九州産業 2 - 0 山形南
  • 足利工大附 2 - 1 高知
  • 大分工業 2 - 0 青森工業
  • 深谷 2 - 1 高松工芸
  • 岡谷工業 2 - 1 星城
  • 東北 2 - 0 市立尼崎
  • 鎮西 2 - 0 日本航空
  • 長崎北 2 - 0 伊奈学園総合
  • 大塚 2 - 0 松山商業
  • 福井工大福井 2 - 0 下田南
  • 秦野南が丘 2 - 1 雄物川

3回戦

  • 崇徳 2 - 1 鎮西
  • 東亜学園 2 - 1 大分工業
  • 深谷 2 - 1 福井工大福井
  • 長崎北 2 - 1 市立船橋
  • 岡谷工業 2 - 0 秦野南が丘
  • 東北 2 - 0 足利工大附
  • 日向学院 2 - 1 市立橘
  • 九州産業 2 - 0 大塚

準々決勝

  • 深谷 2 - 0 崇徳
  • 東北 2 - 0 長崎北
  • 岡谷工業 2 - 0 東亜学園
  • 九州産業 2 - 0 日向学院

準決勝

  • 深谷 3 - 1 岡谷工業
  • 東北 3 - 2 九州産業

決勝

  • 深谷 3 - 0 東北

女子[編集]

1回戦

  • 誠英 2‐0 聖カタリナ
  • 鹿屋中央 2 - 0 大和南
  • 古川学園 2 - 0 南寝屋川
  • 実践学園 2 - 0 静岡市立商業
  • 北陸 2 - 0 松江北
  • 奈良女子 2 - 0 米子西
  • 市立船橋 2 - 1 人間環境大岡崎学園
  • 高崎商業 2 - 1 近江
  • 松商学園 2 - 0 原町
  • 金沢商業 2 - 0 米沢中央
  • 札幌大谷 2 - 0 高知商業
  • 宇都宮文星女子 2 - 0 帯広南商業
  • 春日部共栄 2 - 1 就実
  • 中部商業 2 - 0 和歌山信愛女子短大附
  • 富山第一 2 - 1 延岡学園
  • 須磨ノ浦女子 2 - 0 鹿島実業
  • 市立橘 2 - 0 弘前学園聖愛
  • 京都橘 2 - 0 津商業
  • 大成女子 2 - 1 熊本信愛女学院
  • 盛岡女子 2 - 1 城南
  • 聖霊女子短大附 2 - 0 日本航空

2回戦

  • 八王子実践 2 - 0 古川学園
  • 鹿屋中央 2 - 0 益田清風
  • 奈良女子 2 - 0 戸畑商業
  • 東九州龍谷 2 - 0 高崎商業
  • 誠英 2 - 1 共栄学園
  • 中部商業 2 - 0 高松商業
  • 文京学院大 2 - 1 松商学園
  • 市立橘 2 - 1 帝京長岡
  • 京都橘 2 - 1 聖霊女子短大附
  • 実践学園 2 - 0 札幌大谷
  • 富山第一 2 - 0 市立船橋
  • 盛岡女子 2 - 0 北陸
  • 市立沼田 2 - 1 金沢商業
  • 九州文化学園 2 - 0 春日部共栄
  • 大阪国際滝井 2 - 1 大成女子
  • 須磨女子 2 - 0 宇都宮文星女子

3回戦

  • 京都橘 2 - 0 九州文化学園
  • 八王子実践 2 - 0 富山第一
  • 須磨ノ浦女子 2 - 0 誠英
  • 中部商業 2 - 0 文京学院大女
  • 東九州龍谷 2 - 0 盛岡女
  • 奈良女子 2 - 0 市立橘
  • 鹿屋中央 2 - 0 市立沼田
  • 大阪国際滝井 2 - 0 実践学園

準々決勝

  • 京都橘 2 - 0 中部商業
  • 東九州龍谷 2 - 1 八王子実践
  • 大阪国際滝井 2 - 0 奈良女子
  • 鹿屋中央 2 - 0 須磨ノ浦

準決勝

  • 東九州龍谷 3-1 鹿屋中央
  • 京都橘 3-0 大阪国際滝井

決勝

  • 東九州龍谷 3-1 京都橘

大会記録[編集]

備考[編集]

  • 大会の模様は例年通りフジネットワークで放送されたが、前年の別の大会における不祥事により、ジャニーズ事務所がこの回に限り大会運営・テレビ放送の場から排除される事態となった。主にテレビ中継で使われた大会の公式テーマ曲も、玉置成実の「MY WAY」であった。大会自体でも、当初の代表校が不祥事で参加辞退に追い込まれるケースが発生したことも影響している。

関連項目[編集]

  • フジテレビバレーボール中継
  • 平井理央
    元アイドルタレントのフジテレビアナウンサー。これまで大会を担当してきた菊間千乃アナウンサーが、前述の不祥事によりバレーボール担当を外されたことから、高校時代バレーボール部に所属していた平井が後任に指名された。春高バレーはこの大会が初担当となった。