第37航空軍 (ロシア空軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

第37航空軍ロシア語:37-я воздушная армияトリーッツァチ・スィヂマーヤ・ヴァズドゥーシュナヤ・アールミヤ)は、かつて存在したロシア空軍の軍級部隊である。2009年には遠距離航空コマンドへと改編された。Tu-95Tu-160戦略爆撃機を装備し、敵領土に対する打撃を任務とする。その任務から、ロシア連邦軍最高司令官(ロシア連邦大統領)直属部隊であり、別名遠距離航空隊Дальняя авиацияダーリニャヤ・アヴィアーツィヤ)、戦略航空隊Стратегическая авиацияストラチギーチェスカヤ・アヴィアーツィヤ)とも称される。

編成[編集]

第37航空軍は、2個重爆撃機師団から成る。[1]2009年7月の時点で、重爆撃機(Tu-160、Tu-95MS)×76機、核巡航ミサイルKh-55、Kh-55SM)×844発を装備する。

第22親衛重爆撃機師団[編集]

第22親衛重爆撃機師団22-я гвардейская тяжелая бомбардировочная дивизия)は、サラトフ州エンゲリスに師団司令部を置き、3個重爆撃機航空連隊から成る。

  • 第52親衛重爆撃機航空連隊:シャイコフカ。Tu-22M3
  • 第121親衛重爆撃機航空連隊:エンゲリス。Tu-160、Tu-95MS
  • 第840重爆撃機航空連隊:ソリツィ。Tu-22M3
  • 第6213航空機装備保管処分基地:エンゲリス。旧第184重爆撃機航空連隊。Tu-95MS

第326重爆撃機師団[編集]

第326重爆撃機師団326-я тяжелая бомбардировочная дивизия)は、ハバロフスク地方ウクラインカに師団司令部を置き、4個重爆撃機連隊から成る。

  • 第79重爆撃機連隊:ウクラインカ。Tu-95MS
  • 第132重爆撃機連隊:Tu-22M3
  • 第182親衛重爆撃機連隊:Tu-95MS
  • 第200親衛重爆撃機連隊:Tu-22M3

師団全体で、Tu-95MS×40機を有する。

軍直轄部隊[編集]

  • 第43飛行要員戦闘訓練・再訓練センター:リャザニ。第49重爆撃機訓練連隊を持つ。Tu-22M3×8機、Tu-95MS×6機が存在する。
  • 第3119基地:An-24An-26
  • 第203独立空中給油機航空連隊:ジャギレヴォ。Il-78空中給油機

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 部隊編制は軍事研究2010年9月号による。