第39回社会人野球日本選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第39回社会人野球日本選手権大会(だい39かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2013年10月28日から11月7日にかけて京セラドーム大阪で行われた社会人野球日本選手権大会である。

概要[編集]

  • 前年から社会人野球の日程見直しが行われている中、今大会は前回大会よりも約1週間開幕日が早められた。10月6日から開かれる第6回東アジア競技大会日本代表が派遣されたことから、主に都市対抗で活躍した選手を中心として大会直前に主力がチームを離れざるをえなかった。
  • 対象大会では、JR東日本JR東海が2大会を制した。また、JR東海のほか三菱重工神戸日本生命新日鐵住金かずさマジックHonda熊本は対象大会優勝枠として初めて本大会に駒を進めた。都市対抗からは51年ぶりの連覇を果たしたJX-ENEOSが、クラブ選手権からは2度目の優勝を遂げた和歌山箕島球友会が出場権を得た。
  • 本戦では、前年夏から3季連続優勝のJX-ENEOSと3季連続準優勝のJR東日本が本命視されていたが、JX-ENEOSは1回戦で、JR東日本は2回戦で姿を消し、早々と本命不在となったトーナメントは混戦模様となった。地元関西勢はベスト8に3チームが残ったもののいずれも準々決勝で敗退。決勝戦では勝負強さと活発な打線で2大大会初の決勝に進出した新日鐵住金かずさマジックと、準決勝までの4試合のうち3試合で零封した富士重工業が対戦。投手戦の末に先制点を守り抜いた新日鐵住金かずさマジックが初優勝を遂げた。なお広域複合企業チーム[1]がいわゆる社会人2大大会を制したのもこの回が初のことだった。最高殊勲選手賞には3試合に登板し(うち先発1試合)、奪三振率13.06を記録した岡本健が選ばれた。
  • この年から準々決勝以後の衛星放送での中継は前年まで行ってきたGAORAに代わり、J SPORTSから生中継された。(決勝戦はこれまでと同じくNHK BS1との並列放送[2]

予選[編集]

出場チーム[編集]

代表枠 チーム 出場回数
都市対抗野球優勝
東北大会優勝
JX-ENEOS 8大会連続19回目
クラブ選手権優勝 和歌山箕島球友会 5大会ぶり3回目
北海道大会優勝 NTT西日本 2大会連続15回目
日立市長杯優勝 三菱重工神戸 3大会ぶり19回目
東京スポニチ大会優勝 Honda 2大会連続17回目
静岡大会優勝
ベーブルース杯優勝
JR東海 2大会連続12回目
長野大会優勝 新日鐵住金かずさマジック 3大会連続7回目
京都大会優勝 日本生命 2大会連続30回目
岡山大会優勝
四国大会優勝
JR東日本 2大会連続6回目
九州大会優勝 Honda熊本 2大会連続12回目
北海道 室蘭シャークス 3大会ぶり3回目
東北 七十七銀行 2大会連続8回目
北信越 バイタルネット 2大会連続5回目
関東 富士重工業 2大会ぶり14回目
関東 東京ガス 5大会ぶり7回目
関東 明治安田生命 2大会ぶり3回目
代表枠 チーム 出場回数
関東 JFE東日本 3大会連続7回目
関東 日本通運 6大会連続16回目
関東 セガサミー 2大会ぶり2回目
東海 トヨタ自動車 10大会連続13回目
東海 西濃運輸 2大会連続15回目
東海 ヤマハ 2大会ぶり21回目
東海 東邦ガス 7大会連続7回目
近畿 パナソニック 19大会連続34回目
近畿 日本新薬 6大会連続16回目
近畿 新日鐵住金広畑 5大会連続12回目
近畿 大阪ガス 2大会ぶり17回目
中国 JFE西日本 5大会連続8回目
中国 三菱重工広島 2大会連続13回目
四国 四国銀行 2大会ぶり21回目
九州 JR九州 6大会連続10回目
九州 九州三菱自動車 2大会ぶり5回目

大会[編集]

トーナメント[編集]

  1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                                     
 セガサミー 3  
 日本生命 7  
   日本生命 6  
   JFE東日本 8  
 JFE東日本 10
 NTT西日本 9  
   JFE東日本 0  
   新日鐵住金かずさマジック 8  
 バイタルネット 2  
 西濃運輸 1  
   バイタルネット 2
   新日鐵住金かずさマジック 3  
 ヤマハ 3
 新日鐵住金かずさマジック 4  
   新日鐵住金かずさマジック 3  
   東京ガス 1  
 JFE西日本 0  
 Honda熊本 1  
   Honda熊本 1
   パナソニック 5  
 パナソニック 1
 JX-ENEOS 0  
   パナソニック 0
   東京ガス 2  
 東京ガス 1  
 東邦ガス 0  
   東京ガス 4
   JR東日本 0  
 大阪ガス 4
 JR東日本 7  
 新日鐵住金かずさマジック 1
 富士重工業 0
 日本通運 6  
 新日鐵住金広畑 0  
   日本通運 3  
   富士重工業 4  
 JR九州 0
 富士重工業 1  
   富士重工業 5  
   三菱重工神戸 0  
 トヨタ自動車 1  
 三菱重工神戸 2  
   三菱重工神戸 8
   七十七銀行 0  
 七十七銀行 7
 四国銀行 2  
   富士重工業 1
   三菱重工広島 0  
 室蘭シャークス 0  
 JR東海 2  
   JR東海 0
   三菱重工広島 1  
 三菱重工広島 3
 九州三菱自動車 0  
   三菱重工広島 3     
   日本新薬 0       
 和歌山箕島球友会 0  
 Honda 3  
   Honda 1
   日本新薬 2  
 明治安田生命 1
 日本新薬 6  

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
バイタルネット 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
西濃運輸 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:田中大 敗:前田

  • 第2試合(10月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
新日鐵住金かずさマジック 0 0 0 0 0 0 1 0 3x 4

勝:中根 敗:小沢 本:柳(ヤマハ)、山縣(かずさ)

  • 第3試合(10月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金広畑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本通運 1 4 0 1 0 0 0 0 X 6

勝:井口 敗:永岡

  • 第4試合(10月29日) - 延長12回(※12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Honda熊本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
JFE西日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:平田 敗:陶山

  • 第5試合(10月29日) - 延長12回(※12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
JFE東日本 0 0 0 0 0 1 0 0 5 0 0 4 10
NTT西日本 1 2 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 9

勝:福井 敗:松田

  • 第6試合(10月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JX-ENEOS 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
パナソニック 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1

勝:秋吉 敗:三上

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東邦ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東京ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 1

勝:吉原 敗:小椋 本:遠藤(東京ガス)

  • 第8試合(10月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR九州 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
富士重工業 0 0 0 0 1 0 0 0 X 1

勝:東明 敗:井上

  • 第9試合(10月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
セガサミー 0 0 1 0 0 1 0 0 1 3
日本生命 0 0 2 1 2 1 0 1 X 7

勝:柿田 敗:浦野

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:守安 敗:祖父江

  • 第11試合(10月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
七十七銀行 1 0 0 0 5 0 0 1 0 7
四国銀行 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2

勝:相原 敗:小野哲

  • 第12試合(10月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本 0 6 0 0 0 0 1 0 0 7
大阪ガス 0 0 0 0 0 0 3 0 1 4

勝:吉田 敗:緒方 本:土井(大ガス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
室蘭シャークス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JR東海 0 0 0 0 0 0 0 2 X 2

勝:秋葉 敗:瀬川

  • 第14試合(11月1日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
九州三菱自動車 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:鮫島 敗:徳田

  • 第15試合(11月1日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
和歌山箕島球友会 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Honda 2 0 0 0 0 1 0 0 X 3

勝:福島 敗:三宅悠

1 2 3 4 5 6 7 8 9
明治安田生命 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
日本新薬 1 0 1 0 1 0 0 3 X 6

勝:榎田 敗:松山

2回戦[編集]

  • 第1試合(11月2日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 1 2 0 1 2 6
JFE東日本 3 0 0 0 1 4 0 0 X 8

勝:小原 敗:柿田 本:内藤(JFE東)、井上(日生)

  • 第2試合(11月2日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
バイタルネット 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
新日鐵住金かずさマジック 0 0 0 0 2 0 1 0 X 3

勝:中根 敗:中島

1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda熊本 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
パナソニック 0 1 0 2 1 0 1 0 X 5

勝:藤井 敗:平田 本:井上和(パナソニック)

  • 第4試合(11月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京ガス 0 0 0 3 0 0 0 0 1 4
JR東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:難波 敗:片山

  • 第5試合(11月3日) - 延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本通運 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3
富士重工業 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 1x 4

勝:東明 敗:樋口裕 本:松本雅(日通)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 4 3 0 0 0 0 0 0 1 8
七十七銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:守安 敗:相原 本:横山、黒川(以上三菱神戸)

  • 第7試合(11月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
JR東海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:鮫島 敗:菅野

  • 第8試合(11月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
日本新薬 0 0 1 0 0 1 0 0 X 2

勝:滝谷 敗:櫻田

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JFE東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日鐵住金かずさマジック 0 1 5 1 0 0 0 1 X 8

勝:山川 敗:鹿沼

  • 第2試合(11月5日) - 延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
東京ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
パナソニック 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:吉原 敗:秋吉

  • 第3試合(11月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
富士重工業 3 0 0 2 0 0 0 0 X 5

勝:柳沢 敗:安井

  • 第4試合(11月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
日本新薬 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:森脇 敗:榎田

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金かずさマジック 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3
東京ガス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:加藤 敗:難波 本:田中(かずさ)

  • 第2試合(11月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
富士重工業 0 0 0 0 0 0 1 0 X 1

勝:東明 敗:野上

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士重工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日鐵住金かずさマジック 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1

勝:加藤 敗:畠山
(新日鐵住金かずさマジックは初優勝)

表彰選手等[編集]

表彰 選手 所属
最高殊勲選手賞 岡本健(投手) 新日鐵住金かずさマジック
敢闘賞 東明大貴(投手) 富士重工業
打撃賞 田中健(内野手) 新日鐵住金かずさマジック
首位打者賞 船引俊秀(内野手)
14打数7安打 打率.500
富士重工業
特別賞 鮫島優樹(投手) 三菱重工広島
優秀賞 投手 岡本健 新日鐵住金かずさマジック
中根久貴
東明大貴 富士重工業
畠山太
石川歩 東京ガス
難波剛太
鮫島優樹 三菱重工広島
森脇伸行
秋吉亮 パナソニック
守安玲緒 三菱重工神戸
榎田宏樹 日本新薬
捕手 山縣有輔 新日鐵住金かずさマジック
唐谷良磨 富士重工業
國本剛志 三菱重工広島
一塁手 佐々木陽 新日鐵住金かずさマジック
黒田雅和 東京ガス
二塁手 吉野翔太 日本新薬
三塁手 船引俊秀 富士重工業
吉川佳祐 JFE東日本
遊撃手 田中健 新日鐵住金かずさマジック
遠藤一星 東京ガス
外野手 島影竜馬 新日鐵住金かずさマジック
米田真幸
林稔幸 富士重工業
内藤大樹 JFE東日本
石上輝幸 三菱重工神戸
指名打者 内田秀行 新日鐵住金かずさマジック
金森宏徳 JFE東日本

同大会の記録[編集]

  • 1試合最多奪三振 15
三菱重工広島・鮫島優樹が2回戦・対JR東海戦で記録。
  • 毎回奪三振
三菱重工広島・鮫島優樹が2回戦・対JR東海戦で記録。

脚注[編集]

  1. ^ 大口スポンサー企業をはじめとする複数の企業がチームを所有して運営する形態。日本野球連盟には企業チームと同じ扱いで登録できる制度。
  2. ^ J SPORTSは2011年秋からBSデジタル放送にも放送を提供している

関連項目[編集]