第4回全日本都市対抗バレーボール優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第4回全日本都市対抗バレーボール優勝大会
開始年 1952
主催 日本バレーボール協会
毎日新聞社
参加チーム数 男子:18
女子:20
前回優勝 男子:日本鋼管
女子:鐘紡四日市
テンプレートを表示

第4回全日本都市対抗バレーボール優勝大会(だい4かいぜんにほんとしたいこう バレーボールゆうしょうたいかい)は、1955年4月29日から5月1日にかけて行われた、第4回目の全日本都市対抗バレーボール優勝大会である。9人制バレーボールの大会として行われ、大会期間が4日間から3日間に短縮された。

概要[編集]

  • 日程:1955年4月29日 - 5月1日
  • 会場:大阪府立体育館
  • 参加チーム数:男子 18チーム、女子 20チーム

試合方法[編集]

男女ともにノックアウト方式のトーナメントで優勝を決定する。

男子[編集]

参加チーム[編集]

No. チーム名 都市名
1 富士製鉄 室蘭市
2 図書印刷 原町市
3 宇都宮クラブ 宇都宮市
4 専売公社 東京都
5 日本鋼管 川崎市
6 東芝 川崎市
7 岡本工作 横浜市
8 日本カーバイド 魚津市
9 中央電話局 名古屋市
10 東レ九鱗会 大津市
11 全鐘紡 大阪市
12 松下電器 門真町
13 兵庫クラブ 神戸市
14 倉紡倉敷 倉敷市
15 帝人三原 三原市
16 東亜合成 坂出市
17 住友金属 小倉市
18 旭化成 延岡市

1回戦[編集]

#101
東レ九鱗会 2 - 0
(21-6)
(21-0)
図書印刷
#102
全鐘紡 2 - 0
(21-8)
(21-10)
中央電話局
#103
旭化成旭陽会 2 - 1
(27-25)
(16-21)
(22-20)
宇都宮クラブ
#104
東亜合成 2 - 0
(21-17)
(21-18)
日本カーバイド
#105
倉紡倉敷 2 - 0
(21-6)
(21-10)
岡本工作
#106
松下電器 2 - 0
(21-10)
(21-13)
東芝

2回戦[編集]

#107
帝人三原 2 - 0
(21-15)
(21-13)
東亜合成
#108
住友金属 2 - 0
(21-17)
(21-13)
旭化成旭陽会
#109
日本鋼管 2 - 0
(21-12)
(21-18)
全鐘紡
#110
東レ九鱗会 2 - 0
(21-16)
(21-19)
富士製鉄

準々決勝[編集]

#111
帝人三原 2 - 1
(21-14)
(18-21)
(21-12)
専売公社
#112
住友金属 2 - 1
(21-15)
(17-21)
(21-14)
兵庫クラブ
#113
日本鋼管 2 - 0
(21-11)
(21-19)
倉紡倉敷
#114
東レ九鱗会 2 - 0
(21-15)
(30-28)
松下電器

準決勝[編集]

#115
日本鋼管 2 - 0
(21-11)
(21-13)
帝人三原
#116
住友金属 2 - 1
(15-21)
(21-15)
(21-13)
東レ九鱗会

決勝[編集]

#117
日本鋼管 2 - 0
(24-22)
(22-20)
住友金属

最終順位[編集]

順位 チーム名 都市名
優勝 日本鋼管 川崎市
準優勝 住友金属 小倉市
3位 東レ九鱗会 大津市
3位 帝人三原 三原市

女子[編集]

参加チーム[編集]

No. チーム名 都市名
1 札幌クラブ 札幌市
2 秋田営林局 秋田市
3 日立多賀 日立市
4 明治生命 東京都
5 東芝 川崎市
6 横浜税関 横浜市
7 東レ金津 金津町
8 帝人名古屋 名古屋市
9 鐘紡四日市 四日市市
10 倉紡津 津市
11 東レ九鱗会 大津市
12 鐘紡京都 京都市
13 鐘紡淀川 大阪市
14 日紡貝塚 貝塚市
15 神戸税関 神戸市
16 倉紡倉敷 倉敷市
17 帝人三原 三原市
18 倉紡観音寺 観音寺町
19 岩田屋 福岡市
20 旭化成 延岡市

1回戦[編集]

#201
帝人名古屋 2 - 1
(15-21)
(21-10)
(21-17)
岩田屋
#202
神戸税関 2 - 0
(21-6)
(21-16)
札幌クラブ
#203
倉紡観音寺 2 - 0
(21-18)
(21-0)
秋田営林局
#204
東レ金津 2 - 0
(21-18)
(21-7)
旭化成

2回戦[編集]

#205
鐘紡淀川 2 - 0
(21-7)
(21-16)
日立多賀
#206
東レ九鱗会 2 - 0
(21-6)
(21-19)
東芝
#207
鐘紡京都 2 - 1
(25-27)
(21-17)
(21-16)
横浜税関
#208
明治生命 2 - 0
(21-11)
(21-12)
帝人三原

準々決勝[編集]

#209
日紡貝塚 2 - 1
(21-14)
(20-22)
(21-8)
東レ九鱗会
#210
倉紡倉敷 2 - 1
(18-21)
(21-19)
(21-14)
鐘紡京都
#211
鐘紡四日市 2 - 0
(21-12)
(21-19)
明治生命
#212
倉紡津 2 - 1
(16-21)
(21-14)
(21-18)
鐘紡淀川

準決勝[編集]

#213
倉紡倉敷 2 - 0
(21-11)
(21-10)
鐘紡四日市
#214
倉紡津 2 - 0
(21-18)
(21-17)
日紡貝塚

決勝[編集]

#215
倉紡倉敷 2 - 0
(21-12)
(21-15)
倉紡津

最終順位[編集]

順位 チーム名 都市名
優勝 倉紡倉敷 倉敷市
準優勝 倉紡津 津市
3位 鐘紡四日市 四日市市
3位 日紡貝塚 貝塚市

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌) 1955年7月号 60-69ページ