第4飛行師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第4飛行師団
創設 1942年(昭和17年)4月15日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 航空作戦
所在地 満州-フィリピン
通称号/略称 翼(つばさ)
最終上級単位 第14方面軍
担当地域 満州-フィリピン
最終位置 フィリピン、サンチキゴ
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示

第4飛行師団(だいよんひこうしだん)は、日本陸軍航空師団の一つ。前身は1942年に創設された第4飛行集団で、同年に第4飛行師団に改称されたものである。

沿革[編集]

第4飛行集団は1942年2月に編成され満州の防衛を担当した。同年4月、第4飛行師団と改称。

太平洋戦争末にフィリピンに転じ、保有航空機のほとんどを第2飛行師団に移管し、基地管理の任務に特化した師団となった。その後、地上での持久戦を継続して終戦を迎えた。

師団概要[編集]

  • 司令部通称号:翼11601

歴代師団長[編集]

第4飛行集団長[編集]

第4飛行師団長[編集]

  • 下山琢磨 中将:1942年4月15日 - 1943年5月19日[1]
  • 阪口芳太郎 中将:1943年5月19日 - 1944年3月22日[1]
  • 木下勇 中将:1944年3月22日 - 1944年10月21日[2]
  • 三上喜三 中将:1944年10月21日 - 終戦[3]

歴代参謀長[編集]

第4飛行集団参謀長[編集]

  • 松沢恭平 大佐:1942年2月2日 - 1942年4月15日

第4飛行師団参謀長[編集]

  • 松沢恭平 大佐:1942年4月15日 - 1944年4月1日[4]
  • 猿渡篤孝 中佐:1944年4月1日 - 終戦[5]

最終司令部構成[編集]

  • 参謀長:猿渡篤孝大佐
    • 参謀:前島美佐男中佐
    • 参謀:辻秀雄少佐
  • 高級副官:瀧本美代治中佐
  • 兵器部長:楠二郎中佐
  • 経理部長:伊藤栄八主計大佐 
  • 軍医部長:馬場武軍医大佐 

   

最終所属部隊[編集]

戦闘部隊
  • 独立飛行第52中隊(軍偵):手島丈夫少佐
飛行場部隊
  • 第6航空地区司令部(ネグロス島):弓削伊三郎大佐
  • 第10航空地区司令部(クラーク):江口清助大佐
  • 第13航空地区司令部(ダバオ):細野光武中佐
  • 第31航空地区司令部(カガヤン):清水茂中佐
  • 第33航空地区司令部(リバ):戸根木亀之助大佐
  • 第34航空地区司令部:新田正義大佐
  • 第36航空地区司令部:若月金丸大佐
    • 第8飛行場大隊:石黒寛少佐
    • 第12飛行場大隊:井手継人少佐
    • 第14飛行場大隊:島村吉太郎少佐
    • 第26飛行場大隊:仲沢忠男少佐        
    • 第31飛行場大隊:樋口次三郎少佐
    • 第32飛行場大隊:渡辺敬少佐
    • 第33飛行場大隊:平山彦助少佐
    • 第37飛行場大隊:牟田和惣少佐      
    • 第98飛行場大隊:荒木隆少佐        
    • 第99飛行場大隊:飯田英夫大尉
    • 第102飛行場大隊:中川円二少佐
    • 第103飛行場大隊:鈴木俊三少佐
    • 第114飛行場大隊:南田多治郎少佐
    • 第123飛行場大隊:小見山文蔵少佐
    • 第124飛行場大隊:竹内馨少佐
    • 第125飛行場大隊:天野順司少佐
    • 第126飛行場大隊
    • 第127飛行場大隊:楠田武治少佐
    • 第136飛行場大隊:加瀬良一大尉
    • 第137飛行場大隊:星野喜松少佐
    • 第150飛行場大隊:嘉瀬井正一大尉
    • 第151飛行場大隊:斎藤武雄少佐
    • 第152飛行場大隊:仲田礼治少佐
    • 第153飛行場大隊:渡辺吉蔵少佐
    • 第154飛行場大隊:山下武男少佐
  • 第3野戦飛行場設定司令部(ダバオ):阿部修一大佐
  • 第5野戦飛行場設定司令部:川本喜蔵大佐
    • 第24野戦飛行場設営隊:興井作太郎少佐
    • 第125野戦飛行場設営隊:戸田与右衛門少佐
    • 第126野戦飛行場設営隊:高野佳雄少佐
    • 第127野戦飛行場設営隊:安本晃少佐
    • 第134野戦飛行場設営隊:奥村国三少佐
    • 第135野戦飛行場設営隊:岩佐緑少佐
    • 第138野戦飛行場設営隊:植田武男大尉
    • 第140野戦飛行場設営隊:村上秀策少佐
通信関連部隊
  • 第22野戦気象観測隊:佐野年久少佐
整備・補給関連部隊
  • 第7野戦航空補給廠:武内与作少佐

脚注[編集]

  1. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』329頁。
  2. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』350頁。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』350頁。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』449頁。
  5. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』465頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 別冊歴史読本 戦記シリーズNo.32 太平洋戦争師団戦史』、新人物往来社、1996年。
  • 木俣滋郎『陸軍航空隊全史』航空戦史シリーズ90、朝日ソノラマ、1987年。
  • 防衛研修所戦史室『陸軍航空の軍備と運用(3)大東亜戦争終戦まで』 朝雲新聞社戦史叢書〉、1976年。