第40回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第40回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(だい40かい ぜんこくこうとうがっこう―せんばつゆうしょうたいかい)は、2009年12月23日から29日まで7日間にわたって東京体育館で行われた全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会である。通称「JOMOウィンターカップ2009」。

概要[編集]

第40回を記念し、前回より男女各2校多い50校が参加。1998年より使用された大会ロゴも11年ぶりに一新された。

男子は明成が初優勝を飾り、史上14校目のウィンターカップ優勝校、さらに宮城県から仙台以来9年ぶり優勝で同一都道府県からの複数校優勝は東京都・福岡県に次いで3番目となった。女子は桜花学園が大会最多となる17回目の優勝で4度目の3連覇を達成をするとともにインターハイ・国体を合わせた三冠も記録した。

なお、特別協賛のジャパンエナジーが2010年に新日本石油に吸収され、JOMOブランドも消滅することが決まったため、「JOMOウィンターカップ」としては最後の大会となった。

日程[編集]

  • 11月14日 - チケット発売開始
  • 11月26日 - 組み合わせ抽選
  • 12月22日 - 代表者会議
  • 12月23日 - 開会式・1回戦
  • 12月24日 - 男子1回戦・女子2回戦
  • 12月25日 - 男子2回戦・女子3回戦
  • 12月26日 - 男子3回戦・女子準々決勝
  • 12月27日 - 男子準々決勝・女子準決勝
  • 12月28日 - 男子準決勝・女子3位決定戦及び決勝
  • 12月29日 - 男子3位決定戦及び決勝・閉会式

出場校[編集]

都道府県 男子 女子
出場校 出場回数 出場校 出場回数
北海道 東海大学付属第四 2年連続31回目 札幌山の手 21年連続28回目
青森県 八戸西 初出場 弘前学院聖愛 2年ぶり6回目
岩手県 盛岡市立 5年連続5回目 盛岡白百合学園 2年連続11回目
宮城県 明成 4年連続4回目 明成 2年連続5回目
秋田県 能代工業 40年連続40回目 湯沢北 2年ぶり9回目
山形県 山形南 3年連続6回目 山形市立商業 20年連続20回目
福島県 日本大学東北 4年ぶり2回目 福島西 10年連続14回目
茨城県 つくば秀英 初出場 土浦日本大学 4年連続9回目
栃木県 文星芸術大学附属 9年ぶり4回目 宇都宮文星女子 13年ぶり13回目
群馬県 桐生第一 初出場 高崎商業 2年連続7回目
埼玉県 西武学園文理 初出場 埼玉栄 初出場
千葉県 市立柏 3年ぶり7回目 昭和学院 2年連続32回目
東京都 京北 2年ぶり30回目 実践学園 4年ぶり9回目
神奈川県 東海大学付属相模 初出場 金沢総合 12年連続19回目
山梨県 日本航空 初出場 富士学苑 9年連続16回目
長野県 東海大学付属第三 3年連続11回目 東海大学付属第三 2年連続6回目
新潟県 新潟商業 13年連続17回目 東京学館新潟 6年連続15回目
富山県 高岡工芸 3年ぶり5回目 龍谷富山 3年ぶり20回目
石川県 津幡 初出場 金沢西 2年連続2回目
福井県 北陸 31年連続32回目 足羽 2年連続15回目
岐阜県 美濃加茂 4年ぶり2回目 岐阜女子 18年連続18回目
静岡県 藤枝明誠 3年連続3回目 市立沼津 13年ぶり10回目
愛知県 中部大学第一 初出場 星城 21年ぶり9回目
三重県 四日市西 6年ぶり3回目 津商業 5年連続6回目
滋賀県 光泉 7年連続7回目 滋賀短期大学附属 4年連続9回目
京都府 洛南 10年連続33回目 京都精華女子 2年連続2回目
大阪府 大阪学院大学 初出場 大阪薫英女学院 3年ぶり24回目
兵庫県 神戸市立科学技術 3年連続9回目 須磨学園 2年ぶり3回目
奈良県 平城 初出場 奈良女子 2年連続5回目
和歌山県 初芝橋本 14年連続14回目 和歌山信愛女子短期大学附属 4年連続11回目
鳥取県 鳥取東 4年ぶり10回目 倉吉北 3年連続15回目
島根県 松江東 5年ぶり4回目 松江商業 3年連続20回目
岡山県 岡山学芸館 3年連続4回目 就実 5年ぶり14回目
広島県 広島皆実 2年ぶり6回目 広島皆実 5年連続16回目
山口県 山口 2年ぶり11回目 慶進 4年ぶり7回目
徳島県 城東 2年ぶり12回目 富岡東 2年連続3回目
香川県 尽誠学園 3年連続3回目 英明 14年連続15回目
愛媛県 松山工業 初出場 聖カタリナ女子 8年連続13回目
高知県 明徳義塾 7年連続7回目 岡豊 3年連続7回目
福岡県 福岡大学附属大濠 3年ぶり31回目 精華女子 初出場
佐賀県 佐賀北 2年連続10回目 佐賀清和 3年連続19回目
長崎県 長崎西 3年連続7回目 市立長崎商業 2年ぶり2回目
熊本県 玉名工業 初出場 大津 2年ぶり3回目
大分県 大分舞鶴 3年連続11回目 大分鶴崎 5年ぶり7回目
宮崎県 小林 7年ぶり8回目 小林 2年ぶり26回目
鹿児島県 鹿児島工業 2年ぶり3回目 鹿児島 2年連続4回目
沖縄県 小禄 2年連続2回目 那覇 初出場
開催地 八王子(東京都) 2年連続5回目 八雲学園(東京都) 初出場
総体優勝 福岡第一(福岡県) 3年連続5回目 桜花学園(愛知県) 27年連続27回目
総体準優勝 延岡学園(宮崎県) 7年連続8回目 東京成徳大学(東京都) 8年連続31回目

シード校[編集]

男子
  • 第1シード校 福岡第一
  • 第2シード校 延岡学園
  • 第3シード校 藤枝明誠
  • 第4シード校 北陸
  • 第5シード校 能代工業
  • 第6シード校 洛南
  • 第7シード校 明成
  • 第8シード校 東海大学付属相模
女子
  • 第1シード校 桜花学園
  • 第2シード校 東京成徳大学
  • 第3シード校 金沢総合
  • 第4シード校 聖カタリナ女子
  • 第5シード校 札幌山の手
  • 第6シード校 大阪薫英女学院
  • 第7シード校 星城
  • 第8シード校 明成

試合結果[編集]

男子[編集]

1回戦
日時 A B C D
23日14:30 尽誠学園 82 - 77 美濃加茂
23日16:00 光泉 92 - 65 佐賀北
23日17:30 高岡工芸 73 - 82 つくば秀英 小林 72 - 88 桐生第一 大阪学院大学 72 - 46 山口 四日市西 69 - 109 盛岡市立
24日16:00 小禄 69 - 81 新潟商業 八戸西 82 - 74 初芝橋本 福岡大学附属大濠 116 - 53 松江東 玉名工業 52 - 70 岡山学芸館
24日17:30 城東 72 - 105 東海大学付属第三 広島皆実 79 - 75 日本大学東北 八王子 121 - 83 松山工業 中部大学第一 108 - 82 鹿児島工業
24日19:00 文星芸術大学附属 90 - 89 東海大付四 明徳義塾 73 - 88 山形南 大分舞鶴 86 - 71 日本航空 津幡 63 - 88 長崎西
2回戦
日時 A B C D
25日13:00 能代工業 93 - 60 尽誠学園 盛岡市立 72 - 102 洛南 藤枝明誠 117 - 73 大阪学院大学 明成 94 - 75 光泉
25日14:30 東海大学付属第三 57 - 65 延岡学園 福岡第一 79 - 46 広島皆実 新潟商業 55 - 90 東海大学付属相模 鳥取東 54 - 59 つくば秀英
25日16:00 八戸西 69 - 91 京北 市立柏 88 - 121 福岡大学附属大濠 大分舞鶴 84 - 77 神戸市立科学技術(OT) 平城 65 - 84 桐生第一
25日17:30 八王子 93 - 94 中部大学第一(OT) 岡山学芸館 75 - 88 北陸 長崎西 88 - 65 西武学園文理 文星芸術大学附属 77 - 106 山形南
3回戦
日時 A B C
26日10:00 能代工業 92 - 103 京北
26日11:30 桐生第一 73 - 108 東海大学付属相模
26日13:00 明成 101 - 75 長崎西 福岡大学附属大濠 98 - 92 洛南 藤枝明誠 118 - 75 大分舞鶴
26日14:30 中部大学第一 64 - 83 延岡学園 つくば秀英 88 - 121 北陸 福岡第一 83 - 75 山形南
準々決勝
日時 M
27日13:00 藤枝明誠 93 - 99 福岡大学附属大濠
27日14:30 明成 72 - 64 延岡学園
27日16:00 福岡第一 80 - 70 東海大学付属相模
27日17:30 京北 84 - 85 北陸
準決勝
日時 M
28日14:30 福岡大学附属大濠 86 - 95 明成
28日16:30 福岡第一 102 - 73 北陸
3位決定戦
日時 M
29日10:00 北陸 88 - 95 福岡大学附属大濠
決勝
日時 M
29日12:00 福岡第一 56 - 69 明成

女子[編集]

1回戦
日時 A B C D
23日10:00 実践学園 75 - 49 佐賀清和 和歌山信愛女子短期大学附属 65 - 91 八雲学園 奈良女子 68 - 99 英明 湯沢北 65 - 70 精華女子
23日11:30 宇都宮文星女子 61 - 68 東海大学付属第三 京都精華女子 84 - 75 市立長崎商業 松江商業 57 - 72 弘前学院聖愛 滋賀短期大学附属 62 - 67 小林
23日13:00 龍谷富山 62 - 75 富岡東 那覇 65 - 84 足羽 須磨学園 63 - 69 土浦日本大学 大津 55 - 87 岐阜女子
23日14:30 鹿児島 51 - 54 東京学館新潟 高崎商業 50 - 57 慶進 倉吉北 62 - 68 金沢西
23日16:00 山形市立商業 86 - 42 津商業 埼玉栄 108 - 46 岡豊 富士学苑 59 - 51 広島皆実
2回戦
日時 A B C D
24日10:00 実践学園 75 - 60 市立沼津 就実 66 - 74 八雲学園 英明 54 - 85 東京成徳大学 札幌山の手 103 - 68 富岡東
24日11:30 金沢総合 80 - 63 小林 桜花学園 112 - 68 京都精華女子 弘前学院聖愛 58 - 83 土浦日本大学 盛岡白百合学園 57 - 95 岐阜女子
24日13:00 精華女子 84 - 76 聖カタリナ女子 足羽 91 - 87 明成 星城 80 - 64 金沢西 東海大学付属第三 62 - 60 大阪薫英女学院
24日14:30 東京学館新潟 61 - 67 昭和学院 慶進 68 - 87 埼玉栄 富士学苑 54 - 66 福島西 大分鶴崎 43 - 67 山形市立商業
3回戦
日時 A B C D
25日10:00 岐阜女子 72 - 63 精華女子 八雲学園 81 - 92 足羽 土浦日大 69 - 86 東京成徳大学 山形市立商業 75 - 29 東海大学付属第三
25日11:30 金沢総合 91 - 80 実践学園 桜花学園 96 - 62 埼玉栄 札幌山の手 76 - 40 昭和学院 星城 90 - 70 福島西
準々決勝
日時 A B
26日10:00 札幌山の手 65 - 44 岐阜女子 星城 50 - 88 東京成徳大学
26日11:30 金沢総合 63 - 79 山形市立商業 桜花学園 102 - 82 足羽
準決勝
日時 M
27日10:00 山形市立商業 76 - 86 東京成徳大学
27日11:30 桜花学園 82 - 46 札幌山の手
3位決定戦
日時 M
28日10:00 札幌山の手 79 - 76 山形市立商業(OT)
決勝
日時 M
28日12:00 桜花学園 68 - 59 東京成徳大学

大会ベスト5[編集]

男子
  • 畠山俊樹(明成№6・3年)
  • 高田歳也(明成№10・3年)
  • 玉井勇気(福岡第一№8・3年)
  • 二宮弘憲(福岡大附大濠№4・3年)
  • 劉孟涛(北陸№9・1年)
女子
  • 岡本彩也花(桜花学園№6・3年)
  • 渡嘉敷来夢(桜花学園№15・3年) ※39回大会に続き2年連続2回目
  • 篠原恵(東京成徳大№6・3年)
  • 今野真澄(札幌山の手№4・3年)
  • 佐藤綾香(山形商業№4・3年)

備考[編集]

  • 今大会は出場校を50に拡大すること伴い、インターハイ優勝・準優勝枠が設けられた。そのため、開催地以外で2校出場を果たした県も現れ、女子の東京からは3校出場となった。増枠の恩恵を受けた出場校のうち、福岡大学附属大濠は3位、星城もベスト8といった躍進を見せ、優勝枠を出した男子の福岡県、女子の愛知県のそれぞれが県としての競技レベルが高いことを示す結果となった。

関連項目[編集]