第40回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第40回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1958年8月8日 - 8月19日
出場校 47校
参加校数 1,807校
優勝校 柳井山口、初優勝)
試合数 47(再試合1)試合
選手宣誓 仲宗根弘(首里
始球式 灘尾弘吉文部大臣
大会本塁打 5本塁打
 < 19571959 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第40回全国高等学校野球選手権大会(だい40かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1958年8月8日から8月19日まで阪神甲子園球場阪急西宮球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

第40回記念大会として、大会史上初めて全国各都道府県の代表校に沖縄(当時アメリカ施政下にあった)の代表校を加えた47校で開催。日程が延びすぎないように、3回戦まで甲子園球場と西宮球場の2会場に分かれて開催された。沖縄代表は琉球列島米国民政府発行の渡航証明書(パスポートに類似)を各自所持して参加している。

また、この大会から優勝旗が新調[1]され、柳井が新調後初の優勝校となり、同時に1大会で6勝して優勝した初の学校にもなった。

この大会で徳島商板東英二が記録した83奪三振は、一大会における最多奪三振記録となっている。

延長引き分け再試合規定がこの大会で制定された。

代表校[編集]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

試合日 球場 試合順 勝利 スコア 敗戦
8月8日 甲子園 第1試合 鳥取西 2x - 1 新潟商
第2試合 柳井 2 - 0 札幌商
第3試合 法政二 9 - 3 鹿児島玉龍
8月9日 甲子園 第1試合 明治 3 - 1 倉敷商
第2試合 東北 1 - 0 長崎南山
第3試合 敦賀 3 - 0 首里
西宮 第1試合 高松商 4 - 1 大宮
第2試合 姫路南 2 - 1 多治見工
第3試合 高知商 6 - 1 東奥義塾
8月10日 甲子園 第1試合 水戸商 3x - 2 佐賀
第2試合 魚津 2 - 0 浪華商
第3試合 松阪商 4 - 1 益田産
西宮 第1試合 尾道商 3 - 2 福島商
第2試合 海南 14 - 1 福岡
第3試合 清水東 3 - 0 八幡浜

2回戦[編集]

試合日 球場 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月11日 甲子園 第1試合 平安 9 - 0 山形南
第2試合 徳島商 3 - 0 秋田商
第3試合 大淀 4 - 3 甲府商
西宮 第1試合 銚子商 5 - 0 甲賀
第2試合 八女 8 - 5 松商学園
第3試合 作新学院 3 - 2 大分上野丘
8月12日 甲子園 第1試合 済々黌 5 - 0 中京商
第2試合 高松商 4 - 0 金沢桜丘
第3試合 魚津 7 - 6 明治
西宮 第1試合 桐生 3 - 1 御所工
第2試合 柳井 1 - 0 鳥取西
第3試合 海南 6 - 4 尾道商 延長11回
8月13日 甲子園 第1試合 高知商[2] 5 - 0 松阪商
第2試合 姫路南 4x - 3 清水東
西宮 第1試合 敦賀 7 - 0 東北
第2試合 水戸商 5 - 1 法政二

3回戦[編集]

試合日 球場 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月13日 甲子園 第3試合 徳島商 3 - 1 八女
西宮 第3試合 作新学院 2 - 1 済々黌
8月15日 甲子園 第1試合 魚津 3 - 0 桐生
第2試合 平安 2 - 0 敦賀
第3試合 海南 1 - 0 姫路南
西宮 第1試合 柳井 4 - 3 大淀
第2試合 高松商 1x - 0 水戸商 延長16回
第3試合 高知商 4 - 1 銚子商

準々決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月16日 第1試合 高知商 2 - 0 平安
第2試合 作新学院 2 - 1 高松商 延長11回
第3試合 柳井 4 - 3 海南
第4試合 徳島商 0 - 0 魚津 延長18回
8月17日 徳島商 3 - 1 魚津 再試合

準決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦
8月18日 第1試合 徳島商 4 - 1 作新学院
第2試合 柳井 1 - 0 高知商

決勝[編集]

8月19日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
徳島商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2
柳井 0 3 0 1 0 0 0 3 X 7 14 1
  1. (徳) : 板東 - 大宮
  2. (柳) : 友歳克 - 久保
  3. 審判:球審…大槻、塁審…久保田・大橋・松井
  4. 試合時間:2時間8分

大会本塁打[編集]

1回戦
2回戦
  • 第2号:園田照英(大分上野丘)
  • 第3号:盛谷博一(済々黌)
3回戦
準々決勝
  • 第5号:榎本博明(海南)

脚注[編集]

  1. ^ 2017年の第99回大会まで使用された
  2. ^ 高知商の森光正吉無安打無得点試合

関連項目[編集]