第404飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第404飛行隊
JASDF KC-767 (cropped).jpg
第404飛行隊のKC-767
創設 2009年3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
兵科 空中給油・航空輸送
所在地 愛知県小牧基地
編成地 愛知県小牧基地
通称号/略称 404SQ
標語 速く猛烈に
Fast And Furious
上級単位 第1輸送航空隊
最終上級単位 航空支援集団
テンプレートを表示

第404飛行隊(だい404ひこうたい、JASDF 404th Tactical Airlift Tanker Squadron)は、航空自衛隊航空支援集団第1輸送航空隊隷下の空中給油輸送機部隊である。小牧基地に所属し、KC-767空中給油・輸送機4機を運用している。

概要[編集]

第404飛行隊部隊マークの馬

第404飛行隊は、航空自衛隊初の空中給油機部隊として2009年(平成21年)3月26日に小牧基地第1輸送航空隊隷下で新編された[1]

部隊マークは精悍な顔付きの馬をデザインしたもので、同隊が所在する小牧市が古来より馬市が盛んだった土地柄に由来している[1]

沿革[編集]

8月22日8月26日 - ハイチPKO派遣に伴うKC-767初の国外運航任務実施[2][3]
  • 2012年(平成24年)7月7日7月8日 - イギリスで開催のロイヤルインターナショナルエアタトゥーに航空自衛隊機として初参加。
  • 2013年(平成25年)2月4日2月15日 - コープノース・グアムに参加[4]
11月12日12月20日 - フィリピンでの台風30号被害における自衛隊フィリピン派遣でフィリピン国際緊急援助統合任務部隊として輸送活動に従事[2][5]
  • 2014年(平成26年)7月11日7月13日 - イギリスで開催のロイヤルインターナショナルエアタトゥーに航空自衛隊機として2度目の参加。
12月6日12月11日 - 西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行に対する国際緊急援助活動として物資輸送[2][6]
5月25日7月1日 - アメリカ空軍演習レッドフラッグ・アラスカ英語版に参加[8][9]
7月10日 - KC-767がアラブ首長国連邦へ寄航し、アラブ首長国連邦空軍英語版と部隊間交流を実施[10]
7月14日7月16日 - イギリスで開催のロイヤルインターナショナルエアタトゥーに航空自衛隊機として3度目の参加[11]
7月17日 - KC-767がカナダへ寄航し、カナダ空軍と部隊間交流を実施[12]
9月3日 - オーストラリア空軍第33飛行隊英語版とシスタースコードロン締結[13]
5月28日6月30日 - アメリカ空軍演習レッドフラッグ・アラスカ18-2に参加[15]
2019年(令和元年)5月27日6月29日 - アメリカ空軍演習レッドフラッグ・アラスカ19-2に参加[18][19]

歴代運用機[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c イカロス出版 Jwing No.130 2009年6月号 8頁-9頁 「KC-767配備で第1輸送航空隊編成完結 日本初のタンカー・スコードロン、第404飛行隊誕生!」赤塚聡
  2. ^ a b c d 航空支援集団 歴史
  3. ^ 内閣府国際平和協力本部事務局(PKO)ハイチ国際平和協力業務の実施の結果(平成25年5月28日)
  4. ^ イカロス出版 Jwing No.176 2013年4月号 87頁-88頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊NEWS」
  5. ^ 統合幕僚監部活動情報フィリピン国際緊急援助活動
  6. ^ 統合幕僚監部西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行に対する自衛隊の対応について
  7. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2017.3.3グアムにおける日米豪共同訓練について
  8. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2017.7.6米空軍演習への参加について
  9. ^ fly team news 2017/5/20空自、レッド・フラッグ・アラスカに参加 F-15J、E-767など11機派遣
  10. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2017.7.11UAE空軍との部隊間交流等の実施について
  11. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2017.7.18英空軍主催RIATにおける航空機展示の実施について
  12. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2017.7.19カナダ空軍との部隊間交流等の実施について
  13. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2017.9.8オーストラリア空軍本部長の訪問について
  14. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2018.1.25 タイ空軍との部隊間交流について 2018年1月31日閲覧
  15. ^ イカロス出版 Jwing No.241 2018年9月号 4頁-11頁 「極北の広大な空で"実戦"を経験する! レッドフラッグ・アラスカ」田宅敦将
  16. ^ 航空幕僚監部報道発表資料 31.2.1 グアムにおける日米豪共同訓練等の実施について 2019年5月1日閲覧
  17. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2019.3.29 グアムにおける日米豪共同訓練への参加について 2019年5月1日閲覧
  18. ^ 航空幕僚監部報道発表資料 令和元年5月24日 米空軍演習への参加について 2019年10月24日閲覧
  19. ^ 文林堂 航空ファン No.801 2019年9月号 1頁-5頁 「RF-A 19-2 空自F-2、レッドフラッグ・アラスカ参加で北米大陸初上陸」