第41回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第41回都市対抗野球大会(だい41かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1970年7月24日から8月3日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 前年の記念大会から通常の大会に戻り、出場チームは31チーム。うち初出場は3チーム(西枇杷島町東海理化京都市三菱自動車京都熊本市九州産交)。このうち九州産交は1勝を挙げた。
  • 好投手が各チームに揃い、例年になく投手戦が多く見られた。極めつきは史上初の決勝戦の引き分け再試合。富士市大昭和製紙神戸市三菱重工神戸ががっぷり四つの投手戦を繰り広げ、決勝戦は4時間6分、延長14回を戦って引き分け。再試合は三菱重工神戸が力尽きたが、大会を大いに盛り上げた。橋戸賞は、チーム5試合(大昭和製紙は2回戦からの登場)でロングリリーフに徹し、決勝戦では11イニングを投げぬいた安田猛投手に贈られた。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国電力 0 0 0 0 1 0 2 1 0 4
電電関東 1 0 0 0 1 1 3 0 X 6

勝:若宮 敗:坂尾 本:佐々木辰、窪田(以上四電)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 1 0 0 5 0 0 0 0 6
盛岡鉄道管理局 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2

勝:福間 敗:大河原 本:内田(松下)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
九州産交 0 0 0 0 0 0 0 2 1x 3

勝:長嶺 敗:仁礼 本:大木(日通)

  • 第4試合-延長17回規定により引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
住友金属 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
鷺宮製作所 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2

本:土佐(住金)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
北海道拓殖銀行 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
西濃運輸 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:盛田 敗:柴田

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海理化 3 0 0 0 0 1 0 1 1 6
日立製作所 3 0 1 0 3 0 1 2 X 10

勝:渡辺 敗:富田 本:小野寺(日立)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車京都 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
本田技研 2 0 0 0 0 1 2 1 X 6

勝:河本 敗:清水正 本:黒田、杉山(本田)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
三菱重工神戸 3 0 0 2 0 0 6 0 X 11

勝:橋谷 敗:林 本:末永(熊谷組)

  • 第9試合-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
日本生命 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 6 7
電気化学 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:小弓場 敗:会田

  • 第4試合再試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 0 1 0 0 0 0 3 0 4
鷺宮製作所 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2

勝:山本 敗:安藤 本:鈴木(鷺宮)

  • 第10試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 0 3 1 2 0 5 11
クラレ岡山 1 0 0 3 0 0 4 0 X 8

勝:黒沢 敗:難波 本:山越(クラレ)、植原(日石)

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
サッポロビール 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4
東洋紡岩国 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:牧 敗:斎藤

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵八幡 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
大昭和製紙北海道 0 0 0 0 0 0 1 1 X 2

勝:三田 敗:平野

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電東海 0 1 0 2 0 0 0 0 0 3
オール常磐 1 0 1 0 0 0 2 0 X 4

勝:福本 敗:篠田 本:矢部(常磐)

  • 第14試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電近畿 0 0 0 0 0 3 1 0 1 5
日本コロムビア 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:佐藤 敗:近藤重 本:青山(コロムビア)、角田(近畿)

  • 第15試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 2 3 2 4 1 0 1 0 0 13
河合楽器 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2

勝:谷村 敗:広畑 本:植松(河合)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電関東 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
大昭和製紙 0 0 0 1 0 0 1 0 X 2

勝:安田 敗:若宮

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
九州産交 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:福間 敗:長嶺

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
本田技研 1 0 0 1 0 0 0 1 X 3

勝:河本 敗:渡辺

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 1 0 1 0 0 3 0 2 0 7
日本生命 0 2 1 0 1 0 0 0 0 4

勝:橘谷 敗:小弓場 本:吉川(神戸)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
サッポロビール 0 0 0 0 0 3 1 0 0 4
大昭和製紙北海道 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2

勝:牧 敗:三田 本:石井、牧(以上ビール)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
北海道拓殖銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
住友金属 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2

勝:山本 敗:葛西

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
オール常磐 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:三浦 敗:田島

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電近畿 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
鐘淵化学 0 0 0 0 0 1 2 4 X 7

勝:谷村 敗:佐藤 本:寺尾(鐘淵)

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
大昭和製紙 0 5 0 3 0 0 0 0 X 8

勝:安田 敗:南山

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
三菱重工神戸 0 1 0 0 0 1 0 1 X 3

勝:橘谷 敗:三浦 本:広沢(神戸)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
サッポロビール 0 0 0 0 0 3 0 0 X 3

勝:渡辺 敗:谷村

  • 第4試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
本田技研 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
住友金属 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1x 2

勝:山中 敗:渡辺 本:河本(本田)

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
大昭和製紙 2 0 0 0 0 1 5 0 X 8

勝:安田 敗:岡本 本:小松2(大昭和)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 4 0 0 0 0 0 0 1 5
サッポロビール 0 0 0 0 0 1 0 0 3 4

勝:橘谷 敗:牧 本:林(神戸)、石井(ビール)

決勝[編集]

  • 決勝戦-延長14回規定により引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
三菱重工神戸 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
大昭和製紙 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大昭和製紙 1 1 1 0 0 0 0 0 X 3

勝:山根 敗:一岡 本:小松(大昭和)
(大昭和製紙は17年ぶり2回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 安田猛投手(大昭和製紙)
  • 久慈賞 橘谷健投手(三菱重工神戸(川崎重工神戸))
  • 小野賞 神戸市・三菱重工神戸チーム
  • 10年連続出場表彰選手
佐藤昭投手(日本通運)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 本田技研
    • 優秀賞 大昭和製紙
    • 敢闘賞 三菱重工神戸
    • 特別賞 オール常磐