第41普通科連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第41普通科連隊
UH-1J(別府駐屯地創立記念行事訓練展示・第41普通科連隊).jpg
ラペリング降下を試みる第41普通科連隊の隊員(別府駐屯地記念式典にて)
創設 1962年(昭和37年)8月15日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 普通科
所在地 大分県 別府市
編成地 別府
上級単位 第4師団
担当地域 大分県沿岸
テンプレートを表示

第41普通科連隊(だいよんじゅういちふつうかれんたい、JGSDF 41st Infantry Regiment)は、大分県別府市別府駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第4師団隷下の普通科連隊である。主に訓練は十文字原演習場や日出生台演習場などで実施する。

対馬警備隊が創隊されるまでは、本連隊から対馬防衛のために1個普通科中隊を派遣していた。

警備区域は、佐伯市を除く大分県沿岸地域、および姫島村

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)9月10日:第17普通科連隊第2大隊が曾根駐屯地において編成、第2大隊長が駐屯地司令を兼務。
  • 1962年(昭和37年)
    • 7月26日:第17普通科連隊第2大隊が別府駐屯地に移駐。
    • 8月15日:第17普通科連隊第2大隊を母体に第41普通科連隊が別府駐屯地において編成完結。本部管理中隊及び4個普通科中隊、重迫撃砲中隊編成となる。
    • 8月25日:対馬分屯地設置により、第4中隊が「対馬派遣隊」として移駐。
  • 1969年(昭和44年)7月30日:駐屯地司令職務を第3教育団長から継承。
  • 1990年(平成02年)3月26日:師団近代化への改編により、自動車化。
  • 2003年(平成15年)3月27日:第4師団の「沿岸配備型師団」への改編。
  1. 軽装甲機動車及び01式軽対戦車誘導弾が配備。
  2. 後方支援体制変換に伴い、整備部門を第4後方支援連隊第2整備大隊第3普通科直接支援隊へ移管。

部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊「41普-本」
  • 第1中隊「41普-1」
  • 第2中隊「41普-2」
  • 第3中隊「41普-3」
  • 第4中隊「41普-4」 - 軽装甲機動車
  • 重迫撃砲中隊「41普-重迫」

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第41普通科連隊長
兼 別府駐屯地司令
1等陸佐 山田憲和 2017年08月21日 統合幕僚監部総務部総務課渉外班長
歴代の第41普通科連隊長
(1等陸佐・1969年7月30日から別府駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 平林克己 1962年08月15日 - 1964年07月15日 第17普通科連隊 陸上幕僚監部幕僚庶務室研究班長
02 内田忠弘 1964年07月16日 - 1966年07月15日 統合幕僚会議事務局第1幕僚室勤務 陸上幕僚監部付
03 佐藤武 1966年07月16日 - 1969年03月16日 中央監察隊勤務 東部方面総監部厚生課長
04 梶清二 1969年03月17日 - 1971年03月15日 陸上自衛隊富士学校研究部第1課長 普通科教導連隊
滝ヶ原分とん地司令
05 飯山茂 1971年03月16日 - 1973年03月15日 防衛研修所所員 西部方面総監部幕僚副長
陸将補昇任)
06 谷川章 1973年03月16日 - 1975年03月16日 東部方面総監部業務室長 陸上自衛隊幹部学校研究員
07 永谷清矣 1975年03月17日 - 1977年07月31日 第1混成群 西部方面総監部総務課付
08 三田順一郎 1977年08月01日 - 1978年08月25日 自衛隊長崎地方連絡部 第41普通科連隊付
09 十河洋一郎 1978年08月26日 - 1980年07月31日 陸上自衛隊幹部学校教官 陸上幕僚監部教育訓練部教育課
企画班長
10 梅山富弘 1980年08月01日 - 1983年03月15日 陸上幕僚監部監理部会計課
予算班長
中部方面総監部幕僚副長
11 坂本健士 1983年03月16日 - 1985年08月07日 陸上幕僚監部調査部調査第1課
保全班長
東部方面調査隊勤務
12 松浦征七 1985年08月08日 - 1988年03月15日 中部方面総監部防衛部訓練課長 自衛隊富山地方連絡部
13 後藤健介 1988年03月16日 - 1990年03月15日 陸上幕僚監部人事部厚生課
厚生班長
陸上自衛隊幹部学校研究部長
14 柴田豊彦 1990年03月16日 - 1992年03月15日 陸上幕僚監部人事部厚生課
給与班長
中部方面総監部人事部長
15 木原文雄 1992年03月16日 - 1994年03月31日 第9師団司令部第3部長 自衛隊富山地方連絡部長
16 上松大八郎 1994年04月01日 - 1996年03月24日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 北部方面総監部調査部長
17 髙橋正義 1996年03月25日 - 1997年12月07日 第13後方支援連隊
第13師団司令部第4部長
第1空挺団副団長
18 加藤泰樹 1997年12月08日 - 2000年07月31日 北部方面総監部人事部人事課長 陸上自衛隊富士学校総合研究開発部
主任研究開発官
19 渡辺睦夫 2000年08月01日 - 2002年12月01日 陸上幕僚監部監理部総務課
監理班長
陸上自衛隊富士学校普通科部
教育課長
20 鈴木紳一 2002年12月02日 - 2004年07月31日 陸上自衛隊研究本部研究員 自衛隊三重地方連絡部
21 太田牧哉 2004年08月01日 - 2005年07月27日 陸上幕僚監部人事部人事計画課
制度班長
陸上幕僚監部監理部総務課広報室長
22 河津祐之介 2005年07月28日 - 2007年07月31日 自衛隊東京地方連絡部募集課長 装備実験隊副隊長
23 杉山利行 2007年08月01日 - 2009年07月20日 陸上幕僚監部人事部勤務 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
24 藤岡登志樹 2009年07月21日 - 2011年11月30日 陸上幕僚監部装備部装備計画課
企画班長
北部方面総監部防衛部長
25 岡本良貴 2011年12月01日 - 2014年03月22日 北部方面総監部防衛部訓練課長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
26 德永勝彦 2014年03月23日 - 2016年06月30日 陸上幕僚監部防衛部
情報通信・研究課研究班長
陸上幕僚監部装備計画部
装備計画課長
27 泉英夫 2016年07月01日 - 2017年08月20日 統合幕僚監部運用部運用第1課
防衛警備班長
陸上幕僚監部運用支援・訓練部
運用支援課長
28 山田憲和 2017年08月21日 - 統合幕僚監部総務部総務課渉外班長

主要装備[編集]

警備区域[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 第1普通科中隊(臼杵市・津久見市)
  • 第2普通科中隊(別府市・杵築市、日出町)
  • 第3普通科中隊(豊後高田市・国東市、姫島村)
  • 第4普通科中隊(大分市)
  • 重迫撃砲中隊(中津市・宇佐市)

その他[編集]

イベント支援として、別府大分毎日マラソン大分国際車いすマラソンへの支援を行うほか、毎年4月の別府温泉まつりへの支援、「湯~Youパレード」への音楽隊派遣および、1個中隊規模でのパレード参加、「湯・ぶっかけ祭り」への参加を行っている[2]

脚注[編集]

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2016年6月17日閲覧。