第42回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第42回グラミー賞(42nd Annual Grammy Awards)は2000年2月23日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

前年11月に完成したステイプルズ・センターに移転した初のグラミー賞はサンタナスーパーナチュラルが9部門を受賞。最優秀新人賞はクリスティーナ・アギレラが受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・コラボレーション(ボーカルあり)
最優秀ポップ・インストゥルメンタル
最優秀ダンス録音
最優秀ポップ・アルバム

トラディッショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス
"スウィート・チャイルド・オブ・マイン(Sweet Child O' Mine)" - シェリル・クロウ
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ハードロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀R&Bパフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀R&Bソング
最優秀R&Bアルバム
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀カントリー・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
"Ready to Run" - ディクシー・チックス(『フライ(Fly)』所収)
最優秀カントリー・コラボレーション(ボーカルあり)
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
  • "Come On Over" - ロバート・ジョン・"マット"・ランジ英語版&シャナイア・トゥエイン
最優秀カントリー・アルバム
  • フライ(Fly)』 - ディクシー・チックス
最優秀ブルーグラス・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・ソロ
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス(個人もしくはグループ)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス

ゴスペル[編集]

最優秀ロック・ゴスペル・アルバム

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス
最優秀トラディショナル・トロピカル・ラテン・パフォーマンス
最優秀メキシカン-アメリカン・ミュージック・パフォーマンス
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・パフォーマンス
  • 『Resurrection』 - クリス・ペレス・バンド
最優秀テハーノ・ミュージック・パフォーマンス
最優秀サルサ・パフォーマンス
最優秀メレンゲ・パフォーマンス

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

フォーク[編集]

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀ミュージカル・アルバム(子供向け)
最優秀スポークン・ワード・アルバム(子供向け)

スポークン[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム
最優秀スポークン・コメディ・アルバム

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム

映画・テレビ・メディア[編集]

最優秀サウンドトラック・アルバム

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲
  • "Joyful Noise Suite" - ドン・セベスキー英語版(作曲者)(『Joyful Noise - A Tribute To Duke Ellington』所収)
最優秀作曲(映画もしくはテレビ向け)
  • マドンナ "Beautiful Stranger" - マドンナ、ウィリアム・オービット英語版(ソングライター)(『ビューティフル・ストレンジャー(Austin Powers: The Spy Who Shagged Me)』所収)
最優秀サウンドトラック・アルバム(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル編曲
  • "Chelsea Bridge" - ドン・セベスキー英語版(『Joyful Noise - A Tribute To Duke Ellington』所収)
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)
  • チャーリー・ヘイデン・カルテット・ウェスト featuring シャーリー・ホーン "Lonely Town" - アラン・ブロードベント英語版(編曲者)(チャーリー・ヘイデン・カルテット・ウェスト『アート・オブ・ザ・ソング(The Art of the Song)』所収)

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム

制作・エンジニアリング[編集]

最優秀エンジニアド録音(非クラシカル)
  • ダイアナ・クラール『ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ(When I Look in Your Eyes)』 - アル・シュミット英語版(エンジニア)
最優秀エンジニアド録音(クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
  • アダム・アベスハウス英語版
リミキサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月11日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。