第43回社会人野球日本選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第43回社会人野球日本選手権大会(だい43かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2017年11月2日から11月12日の間の11日間、京セラドーム大阪で行なわれた社会人野球日本選手権大会である。

概要[編集]

予選[編集]

出場チーム[編集]

代表枠 チーム 出場回数
都市対抗野球優勝 NTT東日本 4大会連続13回目
クラブ野球選手権優勝 和歌山箕島球友会 2大会ぶり5回目
北海道大会東北大会優勝 日本製紙石巻 3大会ぶり2回目
日立市長杯優勝 日立製作所 3大会連続12回目
東京スポニチ大会優勝 トヨタ自動車 14大会連続17回目
静岡大会優勝 東京ガス 2大会連続9回目
長野大会優勝 新日鐵住金かずさマジック 2大会ぶり9回目
京都大会優勝 NTT西日本 6大会連続19回目
岡山大会優勝 Honda 2大会ぶり20回目
四国大会優勝 日本新薬 10大会連続20回目
九州大会優勝 日本通運 10大会連続20回目
北海道 JR北海道硬式野球クラブ 4大会連続9回目
東北 JR東日本東北 2大会連続18回目
北信越 フェデックス 3大会連続3回目
関東 東芝 2大会連続26回目
関東 明治安田生命 3大会ぶり5回目
代表枠 チーム 出場回数
関東 JR東日本 2大会ぶり9回目
関東 新日鐵住金鹿島 2大会連続7回目
関東 JX-ENEOS 2大会連続21回目
東海 三菱自動車岡崎 6大会ぶり7回目
東海 王子 2大会連続10回目
東海 ヤマハ 2大会連続24回目
近畿 日本生命 6大会連続34回目
近畿 大阪ガス 5大会連続21回目
近畿 パナソニック 23大会連続38回目
近畿 新日鐵住金広畑 3大会連続15回目
近畿 三菱重工神戸・高砂 2大会ぶり22回目
中国 JR西日本 2大会連続6回目
中国 三菱重工広島 6大会連続17回目
四国 JR四国 2大会連続13回目
九州 沖縄電力 6大会ぶり4回目
九州 JR九州 2大会ぶり13回目

大会[編集]

トーナメント[編集]

  1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                                     
 JR東日本 2  
 新日鐵住金広畑 0  
   JR東日本 1  
   明治安田生命 5  
 明治安田生命 5
 和歌山箕島球友会 3  
   明治安田生命 1  
   NTT東日本 7  
 JR西日本 2  
 NTT東日本 4  
   NTT東日本 3
   王子 2  
 Honda 0
 王子 2  
   NTT東日本 0  
   トヨタ自動車 2  
 日本製紙石巻 2  
 トヨタ自動車 4  
   トヨタ自動車 3
   東京ガス 2  
 東京ガス 1
 NTT西日本 0  
   トヨタ自動車 9
   東芝 5  
 三菱重工神戸・高砂 4  
 フェデックス 1  
   三菱重工神戸・高砂 2
   東芝 4  
 JR四国 0
 東芝 3  
 トヨタ自動車 3
 日本生命 1
 JX-ENEOS 2  
 日本生命 4  
   日本生命 3  
   大阪ガス 2  
 大阪ガス 5
 三菱自動車岡崎 1  
   日本生命 3  
   新日鐵住金かずさマジック 0  
 JR九州 2  
 新日鐵住金かずさマジック 3  
   新日鐵住金かずさマジック 8
   三菱重工広島 6  
 JR東日本 1
 三菱重工広島 4  
   日本生命 1
   日本新薬 0  
 新日鐵住金鹿島 1  
 日本新薬 3  
   日本新薬 1
   日本通運 0  
 日本通運 7
 沖縄電力 5  
   日本新薬 4     
   パナソニック 2       
 ヤマハ 1  
 パナソニック 4  
   パナソニック 7
   日立製作所 0  
 JR北海道硬式野球クラブ 0
 日立製作所 2  

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
和歌山箕島球友会 1 0 0 1 0 0 0 1 0 3
明治安田生命 0 4 1 0 0 0 0 0 × 5

勝:大久保 敗:寺岡 本:加藤、新城(以上、明治安田生命)

  • 第2試合(11月2日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
王子 0 0 0 0 1 0 0 1 × 2

勝:近藤 敗:福島

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
三菱重工神戸・高砂 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4
フェデックス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 × 1

勝:守安 敗:出羽 本:森山(三菱重工神戸・高砂)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東日本 0 0 0 0 1 0 2 0 1 4
JR西日本 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:堀 敗:西川 本:喜納(NTT東日本)、藤澤(JR西日本)

  • 第5試合(11月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金かずさマジック 0 0 0 0 2 0 1 0 0 3
JR九州 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2

勝:松尾 敗:佐々 本:島影(新日鐵住金かずさマジック)

  • 第6試合(11月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金広畑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JR東日本東北 0 1 0 0 1 0 0 0 × 2

勝:西村(※完全試合を達成) 敗:坂本

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JX-ENEOS 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2
日本生命 0 0 2 1 1 0 0 0 × 4

勝:高橋 敗:柏原

  • 第8試合(11月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 4 0 3 0 0 0 0 0 0 7
沖縄電力 0 3 0 0 0 0 0 0 2 5

勝:池田 敗:猪俣 本:関本(日本通運)

  • 第9試合(11月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR北海道硬式野球クラブ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日立製作所 0 0 0 0 0 0 0 2 × 2

勝:樋口 敗:福山

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 2 1 1 0 0 0 0 0 1 5
三菱自動車岡崎 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:猿渡 敗:北畑 本:土井(大阪ガス)

  • 第11試合(11月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京ガス 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
NTT西日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:臼井 敗:濱崎

  • 第12試合(11月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 0 1 1 0 0 0 0 0 2 4
日本製紙石巻 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2

勝:小出 敗:宝利

  • 第13試合(11月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR四国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東芝 0 0 0 1 0 0 0 2 × 3

勝:岡野 敗:田内

  • 第14試合(11月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 0 0 0 3 0 0 1 0 0 4
JR東日本 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:大下 敗:田嶋

  • 第15試合(11月6日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
パナソニック 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4
ヤマハ 1 0 0 0 0 0 0 0 × 1

勝:藤井 敗:ナテル

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3
新日鐵住金鹿島 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:西川 敗:大貫

2回戦[編集]

  • 第1試合(11月7日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
明治安田生命 0 3 0 0 0 0 2 0 0 5
JR東日本東北 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:大久保 敗:内山 本:森(JR東日本東北)

  • 第2試合(11月7日)‐延長12回(延長12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
王子 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
NTT東日本 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 3

勝:大竹 敗:長岡

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京ガス 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
トヨタ自動車 2 0 0 0 0 1 0 0 × 3

勝:富山 敗:那須

  • 第4試合(11月8日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 0 1 1 0 0 0 0 2 4
三菱重工神戸・高砂 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:加嶋 敗:守安

  • 第5試合(11月8日)‐延長12回(延長12回からタイブレーク)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
大阪ガス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
日本生命 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3

勝:高橋 敗:猿渡

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵住金かずさマジック 2 0 2 1 0 0 2 1 0 8
三菱重工広島 2 0 0 0 1 1 0 2 0 6

勝:本多 敗:秋田 本:野坂(新日鐵住金かずさマジック)

  • 第7試合(11月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
日本通運 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:小松 敗:阿部 本:鎌田(日本新薬)

  • 第8試合(11月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
パナソニック 0 3 0 0 0 0 2 2 × 7

勝:吉川 敗:梅野 本:法兼、泉(以上、パナソニック)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
明治安田生命 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
NTT東日本 0 1 3 0 0 0 2 1 × 7

勝:堀 敗:藤吉田 本:伊藤(NTT東日本)

  • 第2試合(11月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 1 4 3 0 0 0 1 0 0 9
東芝 1 0 0 0 0 4 0 0 0 5

勝:小出 敗:岡野 本:吉田(東芝)

  • 第3試合(11月10日)‐延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
新日鐵住金かずさマジック 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:高橋 敗:西村

  • 第4試合(11月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 3 0 0 0 1 0 0 0 0 4
パナソニック 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2

勝:西川 敗:藤井 本:田中(日本新薬)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
トヨタ自動車 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2

勝:富山 敗:西村

  • 第2試合(11月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本生命 0 1 0 0 0 0 0 0 × 1

勝:阿部 敗:岩本

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:諏訪 敗:本田
(トヨタ自動車は3大会ぶり5回目の優勝)

表彰選手等[編集]

表彰 選手 所属
最高殊勲選手賞 多木裕史 トヨタ自動車
敢闘賞 高橋拓已 日本生命
打撃賞 西潟栄樹 トヨタ自動車
首位打者賞 多木裕史
5試合16打数9安打 打率.563
トヨタ自動車
特別賞 西村祐太(投手)
大会史上初となる完全試合を達成
JR東日本東北
優秀選手 投手 富山凌雅 トヨタ自動車
佐竹功年
高橋拓已 日本生命
阿部翔太
堀誠 NTT東日本
西川大地 日本新薬
小松貴志
大久保匠 明治安田生命
岡本拓也 東芝
吉川峻平 パナソニック
捕手 細山田武史 トヨタ自動車
古川昌平 日本生命
黒川将貴 NTT東日本
鎌田将吾 日本新薬
三上恭平 パナソニック
一塁手 樺澤健 トヨタ自動車
廣本拓也 日本生命
喜納淳弥 NTT東日本
大野大樹 明治安田生命
二塁手 河合完治 トヨタ自動車
松本幸一郎 東芝
法兼駿 パナソニック
三塁手 吉田潤 東芝
小林諭尚 新日鐵住金かずさマジック
遊撃手 藤岡裕大 トヨタ自動車
田中健 新日鐵住金かずさマジック
外野手 多木裕史 トヨタ自動車
神里和毅 日本生命
竹内一真 明治安田生命
指名打者 西潟栄樹 トヨタ自動車
皆川仁 日本生命
澤山翔太 新日鐵住金かずさマジック

今大会の記録[編集]

西村祐太(JR東日本東北) - 1回戦:対新日鐵住金広畑戦で達成(史上初)

脚注[編集]


参考[編集]

関連項目[編集]