第44回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第44回グラミー賞 (44th Grammy Awards) は2002年2月27日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

U2が2年連続最優秀レコード賞を受賞、アリシア・キーズが主要4部門中2部門を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
最優秀ダンス・レコーディング賞
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞

トラディッショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
最優秀メタル・パフォーマンス賞
最優秀ロック楽曲賞
最優秀ロック・アルバム賞

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀R&B楽曲賞
最優秀R&Bアルバム賞
最優秀トラディッショナルR&Bボーカルアルバム賞

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ラップ・コラボレーション
最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
  • "O Death" - ラルフ・スタンリー英語版
最優秀カントリー・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀カントリー・コラボレーション
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
  • "The Lucky One" - ロバート・リー・キャッスルマン英語版(ソングライター)
最優秀カントリー・アルバム
  • 『Timeless: Hank Williams Tribute』 - ボニー・ガーナー、ルーク・ルイス英語版メアリー・マーティン英語版(プロデューサー)
最優秀ブルーグラス・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀ジャズ・インストゥメンタル・ソロ
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム(個人もしくはグループ)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル[編集]

最優秀ポップ/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
最優秀ロック・ゴスペル・アルバム

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム
最優秀トラディショナル・トロピカル・ラテン・アルバム
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム
最優秀テハーノ・アルバム
  • 『Nadie Como Tu』 - Solido
最優秀サルサ・アルバム
  • 『La Negra Tiene Tumbao』 - ロベルト・ブラデス英語版
最優秀メレンゲ・アルバム
  • 『Yo Por Tí』 - オルガ・タニョン英語版

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

フォーク[編集]

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム
最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀ミュージシャンアルバム(子供向け)
最優秀スポークン・ワード・アルバム(子供向け)
  • Tom Chapin『Mama Don't Allow』 - Arnold Cardillo(プロデューサー)。Rory Young(エンジニア)。

スポークン[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム
  • クインシー・ジョーンズ『Q: The Autobiography of Quincy Jones』 - Jeffrey S. Thomas、Steven Strassman(エンジニア)。Elisa Shokoff(プロデューサー)
最優秀スポークン・コメディ・アルバム

映画・テレビ・メディア[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック

パッケージングおよびノーツ[編集]

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ
  • Various Artist『Brain in a Box - The Science Fiction Collection』 - Hugh Brown、Steve Vance(アート・ディレクター)
最優秀アルバム・ノーツ

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム

制作・エンジニアリング[編集]

最優秀エンジニアド録音(非クラシカル)
最優秀エンジニアド録音(クラシカル)
最優秀リミミックスド録音(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。