第45回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第45回グラミー賞 (45th Grammy Awards) は2003年2月23日ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。

概要[編集]

ノラ・ジョーンズの作品が主要4部門すべてを独占した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・コラボレーション
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム

トラディッショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス[編集]

最優秀ダンス録音

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ハードロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀R&Bパフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス
最優秀R&Bソング
最優秀R&Bアルバム
  • 『インディアへの旅(Voyage To India)』 - Alvin Speights(エンジニア、ミキサー)。シャノン・サンダース(プロデューサー)。インディア・アリー(プロデューサー、アーティスト)
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム
  • Ashanti』 - ブライアン・スプリンガー、Milwaukee Buck aka Buck 3000(プロデューサー、ミキサー)。7 Aurelius(エンジニア、ミキサー、プロデューサー)。Irv Gotti(プロデューサー)。アシャンティ(歌手)

ラップ[編集]

最優秀女性ラップ・パフォーマンス
最優秀男性ラップ・パフォーマンス
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ラップ/サング・コラボレーション
最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀カントリー・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀カントリー・コラボレーション(ボーカルあり)
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
  • "Where Were You (When The World Stopped Turning)" - アラン・ジャクソン英語版(ソングライター)
最優秀カントリー・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム
  • 『Lost In The Lonesome Pines』 - David Castle(エンジニア、ミキサー)。クリンチ・マウンテン・ボーイズ英語版ジム・ローダーデイル英語版(プロデューサー、アーティスト)&ラルフ・スタンレー(アーティスト)

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀ジャズ・インストゥメンタル・ソロ
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム(個人もしくはグループ)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル[編集]

最優秀ポップ/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
  • Jars of Clay『The Eleventh Hour』 - Vance Powell、Jack Joseph Puig(エンジニア/ミキサー)。Jars of Clay(プロデューサー)。
最優秀ロック・ゴスペル・アルバム
  • Third Day『Come Together』 - Monroe Jones(プロデューサー)。James J Dineen III(エンジニア/ミキサー)。
最優秀トラディショナル・ソウル・ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
  • Eartha『Sidebars』 - Glaurys AriassHelsa Ariass(プロデューサー兼エンジニア/ミキサー)。Chris Puram(エンジニア/ミキサー)。Eartha(プロデューサー)。
最優秀サザン、カントリー、もしくはブルーグラス・ゴスペル・アルバム
  • The Jordanaires、Larry Ford、The Light Crust Doughboys『We Called Him Mr. Gospel Music: The James Blackwood Tribute Album』 - Art Greenhaw(プロデューサー兼エンジニア/ミキサー)。Tim Cooper、Chuck Ebert、Art Greenhaw、Adrian Payne、Robb Tripp、Philip W. York(エンジニア/ミキサー)。
最優秀ゴスペル・クワイアもしくはコーラス・アルバム

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム
  • 『Caraluna』 - バローシス英語版
最優秀トラディショナル・トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム
  • 『Lo Dijo El Corazón』 - ジョン・セバスチャン英語版
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム
  • 『Revolución De Amor』 - マーナ英語版
最優秀テハーノ・アルバム
  • 『Acuérdate』 - エミリオ・ナバイラ英語版
最優秀サルサ・アルバム
  • 『La Negra Tiene Tumbao』 - セリア・クルーズ英語版
最優秀メレンゲ・アルバム
  • 『Latino』 - グルーポ・マニア英語版

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

フォーク[編集]

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム
最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀ミュージカル・アルバム(子供向け)
最優秀スポークン・ワード・アルバム(子供向け)
  • 『There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly』 - Tom Chapin

スポークン[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム
最優秀スポークン・ワード・コメディ・アルバム

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム

映画・テレビ・メディア[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック・アルバム賞
  • The Funk Brothers&Various Artists『永遠のモータウン(Standing in the Shadows of Motown)』 - Allan Slutsky、Harry Weinger(プロデューサー)。Ted Greenberg(プロデューサー、エンジニア、ミキサー)。Kooster McAllister(エンジニア、ミキサー)。

作曲・編曲[編集]

最優秀編曲
最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像
最優秀映画・テレビサウンドトラック
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

パッケージングおよびノーツ[編集]

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ
最優秀アルバム・ノーツ

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム

制作・エンジニアリング[編集]

最優秀エンジニアド録音(非クラシカル)
最優秀エンジニアド録音(クラシカル)
最優秀リミックスド録音(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
  • エミネム "Without Me" - ジョセフ・カーン英語版(ビデオ・ディレクター)。Greg Tharp(ビデオ・プロデューサー)。
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ Bono is MusiCares Person of the Year”. RTE Commercial Enterprises (2002年10月8日). 2011年10月12日閲覧。