第48回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 第48回選抜高等学校野球大会
試合日程 1976年3月27日 - 4月6日
出場校 30校
優勝校 崇徳広島、初優勝)
試合数 29試合
入場行進曲センチメンタル』(岩崎宏美
選手宣誓 黒田光弘(小山
始球式 永井道雄文部大臣
大会本塁打 6本塁打
 < 19751977 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第48回選抜高等学校野球大会(だい48かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1976年3月27日から4月6日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

出場校[編集]


試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 崇徳 11 - 8 高松商
  • 鉾田一 1 - 0 糸魚川商工
  • 福井 6 - 1 東海大一
  • 天理 6 - 0 修徳
  • 日田林工 7 - 3 新居浜商
  • 北陽 2x - 1 函館有斗(延長10回)
  • 鹿児島実 2 - 0 学法石川
  • 岡山東商 3 - 2 弘前工
  • 土佐 4 - 3 豊見城
  • 徳島商 6 - 3 和歌山工
  • 東洋大姫路 7 - 4 県岐阜商
  • 習志野 8 - 7 大社
  • 智弁学園 5 - 0 札幌商
  • 岡崎工 1 - 0 宇部工

2回戦[編集]

  • 崇徳 4 - 1 鉾田一
  • 福井 2 - 1 天理
  • 日田林工 8 - 3 新宮
  • 北陽 5 - 1 鹿児島実
  • 小山 3 - 2 岡山東商
  • 土佐 6 - 0 徳島商
  • 東洋大姫路 4x - 3 習志野
  • 智弁学園 4 - 3 岡崎工

準々決勝[編集]

  • 崇徳 4 - 0 福井
  • 日田林工 8 - 2 北陽
  • 小山 4 - 3 土佐
  • 東洋大姫路 11 - 3 智弁学園

準決勝[編集]

  • 崇徳 3 - 1 日田林工
  • 小山 1 - 0 東洋大姫路

決勝[編集]

4月6日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
小山 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
崇徳 0 0 0 0 1 0 0 4 X 5 13 2
  1. (小) : 初見 - 立川
  2. (崇) : 黒田 - 應武
  3. 審判:球審…郷司、塁審…山川・三宅・高橋
  4. 試合時間:2時間34分
小山
打順守備選手
1[二]秋山昇平(3年)
2[右]伊東健一(3年)
3[中]黒田光弘(3年)
4[一]多賀谷成典(3年)
5[左]石井護(3年)
6[三]諸原恵治(3年)
7[投]初見幸洋(3年)
8[捕]立川利光(2年)
9[遊]荒川博之(2年)
崇徳
打順守備選手
1[遊]山崎隆造(3年)
2[二]樽岡靖(3年)
3[中]小川達明(3年)
4[左]永田泰展(3年)
5[捕]應武篤良(3年)
6[右]釘屋昌弘(3年)
7[一]兼光雅之(3年)
8[投]黒田真二(3年)
9[三]槙村和郎(3年)

大会本塁打[編集]

  • 第1号:西川新吾(和歌山工)
  • 第2号:弓岡敬二郎(東洋大姫路)
  • 第3号:井上信也(新宮)
  • 第4号:鈴木康友(天理)
  • 第5号:戸田秀明(鉾田一)
  • 第6号:白石義弘(北陽)

記録[編集]

記録 選手名 所属校 対戦相手 補足
ノーヒットノーラン 戸田秀明 鉾田一 1回戦・糸魚川商工 大会史上8人目

関連項目[編集]