第5回ヒューストン映画批評家協会賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第5回ヒューストン映画批評家協会賞
開催日 2012年1月7日 (2012-01-07)
会場 テキサス州ヒューストン
ヒューストン美術館
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 ヒューストン映画批評家協会
公式サイト houstonfilmcritics.com/awards

第5回ヒューストン映画批評家協会賞は、2011年12月14日に発表された。これはテキサス州ヒューストンを拠点に置くヒューストン映画批評家協会(HFCS)によって贈られる賞である[1]。協会は2007年にヒューストンを拠点とする新聞、ラジオ、テレビの映画批評家26名によって設立された[2]。ヒューストン・フィルム・コミッション、ヒューストン国際映画祭、ヒューストン映画芸術協会により共同開催されている[3]

2011年の候補は2011年12月10日に発表された[4]。対象作品は、スクリーニングか、またはDVDでHFCSの会員が観賞したもので、ヒューストンの映画館で上映している必要は無い[5]。毎年13の「ベスト」部門に加え、最低作品賞が設置されており、そして今年「テキサス・インディペンデント賞」が新設された[2]。最多候補は、作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・作曲賞・外国語映画賞の7部門の『アーティスト』である[2]。次いで5部門候補の『ファミリー・ツリー』と『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』である。

2011年に最多受賞となったのは『ファミリー・ツリー』であり、作品賞、助演女優賞(シェイリーン・ウッドリー)、脚本賞(アレクサンダー・ペインナット・ファクソンジム・ラッシュ)の3部門を受賞した[6][7]。次いで、『ドライヴ』が監督賞(ニコラス・ウィンディング・レフン)と助演男優賞(アルバート・ブルックス)の2部門を受賞した[2]。他の演技部門では、『少年は残酷な弓を射る』のティルダ・スウィントンが主演女優賞、『SHAME -シェイム-』のマイケル・ファスベンダーが主演男優賞を受賞した[6]

受賞と候補一覧[編集]

太字が受賞。

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 アニメ映画賞
撮影賞 ドキュメンタリー映画賞
外国語映画賞 作曲賞
主題歌賞 最低作品賞
テキサス・インディペンデント賞
  • (受賞結果は2012年1月7日に発表される)

個別賞[編集]

生涯功労賞[編集]

人道賞[編集]

  • ジョアン・ハーリング[8]

業績賞[編集]

  • Hunter Todd
  • Mary Lampe

技術貢献賞[編集]

参考文献[編集]