第5回全日本実業団対抗駅伝競走大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第5回全日本実業団対抗駅伝競走大会
開催日 1960年12月18日
開催地 三重県
出場チーム 18(オープン参加チームを含む)
優勝 リッカーミシン(2大会ぶり3回目)
優勝タイム 4時間25分23秒

第5回全日本実業団対抗駅伝競走大会(だい5かいぜんにほんじつぎょうだんたいこうえきでんきょうそうたいかい)は1960年12月18日三重県で開催された全日本実業団対抗駅伝競走大会である。

概要[編集]

1960年代当時、3月は駅伝が多く開催されており、分散するため開催月を12月に変更、以後第31回(1986年)まで12月開催となる。なお、同じ年に2回開催されたのは1960年が唯一である。また、今大会から地区推薦によって予選が行われるようになった。レースは前回不出場だったリッカーミシンが3区で首位に立つとそのまま譲ることなくフィニッシュ、自ら持っていた大会記録を更新して3回目の優勝を果たした。[1]

出場チーム[編集]

成績[編集]

  • 1位 リッカーミシン 4時間25分23秒
  • 2位 東京急行 4時間30分17秒
  • 3位 倉敷レーヨン 4時間32分17秒
  • 4位 神戸製鋼 4時間33分38秒
  • 5位 小森印刷 4時間35分48秒
  • 6位 八幡製鐵 4時間36分22秒
  • 7位 東洋ベアリング 4時間36分25秒
  • 8位 明治製菓 4時間36分54秒
  • 9位 東洋レーヨン 4時間37分57秒
  • 10位 富士製鐵 4時間40分25秒
  • 11位 中央発條 4時間41分29秒
  • 12位 新三菱重工 4時間42分41秒
  • 13位 大阪ガス 4時間47分4秒
  • 14位 渡玉毛織 4時間50分57秒
  • 15位 住友金属 4時間55分13秒
  • 16位 旭ダウ 5時間1分12秒
  • 17位 神鋼電機 5時間3分12秒
  • オープン参加 全沖縄 4時間48分6秒

区間賞[編集]

※は区間記録更新

  • 1区 清水亘(小森印刷)49分51秒※
  • 2区 杉原勇(リッカーミシン)49分52秒
  • 3区 井上貞雄(倉敷レーヨン)、日野修身(神戸製鋼)32分※
  • 4区 布上正之(リッカーミシン)31分55秒※
  • 5区 佐藤光信(リッカーミシン)50分51秒
  • 6区 西条勉(神戸製鋼)26分25秒
  • 7区 作田誠一(リッカーミシン)24分47秒

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フアン3号 (2012年1月3日). “ニューイヤー駅伝の始めと、変革と、そして今。”. フアン3号. 2015年12月8日閲覧。