第5装甲師団 (ドイツ連邦陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第5装甲師団
5. PzDiv (V1).jpg
創設 1956年10月1日
廃止 2001年9月30日
所属政体 ドイツの旗 ドイツ
所属組織 Bundeswehr Kreuz.svgドイツ連邦陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 機甲部隊
上級単位 第2軍団 - 第3軍団
最終位置 ラインラント=プファルツ州ディーツ
テンプレートを表示

第5装甲師団ドイツ語5. Panzerdivision)は、ドイツ連邦陸軍師団のひとつ。2001年9月に解散した。師団の部隊は主にライン川を中心にヘッセン地域のコブレンツツヴァイブリュッケンおよびゾントラに駐屯していた。

歴史[編集]

第1次・第2次編制[編集]

1956年2月から3月にかけてA5戦闘群B5戦闘群および第5装甲砲兵連隊が基幹部隊として編成され、同年中[1]バイエルン州のグラーフェンヴェーア演習場とホーエンフェルス演習場にて編成され、ウルムに司令部を置く第2軍団に所属した。

  • 師団司令部中隊 在グラーフェンヴェーア
  • A5戦闘群 在ホーエンフェルス
  • B5戦闘群 在グラーフェンヴェーア
  • 第5戦車大隊 在ホーエンフェルス
  • 第15戦車大隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5装甲擲弾兵大隊 在ホーエンフェルス
  • 第15装甲擲弾兵大隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5駆逐戦車大隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5装甲砲兵大隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5装甲防空大隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5装甲工兵大隊 在ハン・ミュンデン、のち1958年内にディリンゲン・アン・デア・ドナウへ移転。
  • 第5装甲通信大隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5衛生大隊 在ブランネンブルク=デガンドルフ
  • 第5軽武器整備中隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5野戦憲兵中隊 在グラーフェンヴェーア
  • 第5装甲偵察大隊 在ヘーマー

1957年、師団司令部はヴェッツラーおよびコブレンツに移転し、1958年1月1日第3軍団に所属変更し、同年中に師団は北大西洋条約機構に結合される。さらに1958年には新編されたC2戦闘群が配属される。

第2次・第3次編制[編集]

1959年の第2次編制で装甲戦闘群は装甲旅団に再編成される。

  • 第13装甲擲弾兵旅団(旧A5戦闘群)
  • 第14装甲旅団(旧B5戦闘群)
  • 第15装甲旅団(旧C5戦闘群)

1962年、師団司令部はラーン川を超えてディーツに移転される。1977年、第14装甲旅団は第12装甲師団に配転される。これと引き換えに第2装甲擲弾兵師団から第6装甲旅団が転属する。

1981年に第6装甲旅団が第14装甲旅団に改称される。

第4次編制[編集]

1986年、師団は以下のような構成であった。

  • 第13装甲擲弾兵旅団 在ヴェッツラー
  • 第14装甲旅団 在ノイシュタット (ヘッセン)
  • 第15装甲旅団 在コブレンツ
  • 第5砲兵教導連隊 在イーダル=オーバーシュタイン
    • 第51野戦砲兵教導大隊
    • 第52ロケット砲兵教導大隊 在イーダル=オーバーシュタイン
    • 第53観測教導大隊 在イーダル=オーバーシュタイン
    • 第5監視中隊 在ギーセン
  • 師団直轄部隊
    • 第5防空砲兵連隊 在ロルヒ
    • 第5装甲偵察大隊 在ゾントラ
    • 第5工兵大隊
    • 第5通信大隊 在ディーツ
    • 第5補給大隊 在ヴェッツラー
    • 第5整備大隊 在ギーセン
    • 第5衛生大隊 在コブレンツ
    • 第51から第55野戦予備大隊(非現役)
    • 第56猟兵大隊(非現役) 在ギーセン
    • 第57猟兵大隊(非現役) 在グアーデン
    • 第58警備大隊(非現役) 在グアーデン
    • 第5陸軍航空隊 在メンディング
    • 第5軍楽隊 在コブレンツ

第5次編制で師団は再編成する事になり、第4防衛管区司令部と合併し第4防衛管区司令部 / 第5装甲師団となる。1991年に第4防衛管区司令部は第2防衛管区司令部に改称され、第2防衛管区司令部 / 第5装甲師団となる。1996年第13装甲擲弾兵師団から第39装甲旅団が配転される。2001年9月30日に師団は解散し、第14装甲旅団は師団の紋章を継承する。

実働任務[編集]

師団は、1960年3月にモロッコで発生した地震の救援のため第5衛生大隊がアガディールに派遣される。国内では1962年2月の洪水(de:Sturmflut 1962)と、1984年2月のラーン川の洪水に出動している。

歴代師団長[編集]

氏名 着任 離任
1 ハインリヒ・バロン・フォン・ベーア陸軍少将
Heinrich Baron von Behr
1956年10月1日 1959年12月7日
2 ギュンター・パーペ陸軍少将
de:Günther Pape
1960年3月1日 1962年6月30日
3 アルベルト・シュネツ陸軍少将
de:Albert Schnez
1962年10月1日 1965年3月31日
4 ハインツ・フューケルハイム陸軍少将
Heinz Hükelheim
1965年4月1日 1967年9月30日
5 ベルント・フライターク・フォン・ローリングホーフェン陸軍少将
Bernd Freytag von Loringhoven
1967年10月1日 1969年4月30日
6 ハンス=ヨアヒム・フォン・ホップフガルテン陸軍少将
de:Hans-Joachim von Hopffgarten
1969年5月1日 1970年9月30日
7 ハインツ=ゲオルク・レム陸軍少将
Heinz-Georg Lemm
1970年10月1日 1974年1月15日
8 クルト・フォン・デア・オステン陸軍少将
Kurt von der Osten
1974年1月15日 1975年9月26日
9 ホルスト・ヴェナー陸軍少将
Horst Wenner
1975年9月27日 1979年9月30日
10 ヴェルナー・ハイト陸軍少将
Werner Heyd
1979年10月1日 1980年9月7日
11 ゲッツ・マイアー陸軍少将
Götz Mayer
1980年12月5日 1982年9月30日
12 フランツ・ウーレ=ヴェットラー陸軍少将
de:Franz Uhle-Wettler
1982年10月1日 1984年7月11日
13 ヴィルヘルム・ヤコービ陸軍少将
Wilhelm Jacoby
1984年7月11日 1986年11月30日
14 ペーター・ローデ陸軍少将
Peter Rohde
1986年12月1日 1991年9月30日
15 ディーター・シュテックマン陸軍少将
de:Dieter Stöckmann
1991年10月1日 1993年6月24日
16 クラウス・フォン・ハイメンダール陸軍准将
Klaus von Heimendahl
1993年10月1日 1994年3月31日
17 ヘリベルト・グッテルマン陸軍少将
Heribert Göttelmann
1994年4月1日 1995年3月31日
18 クラウス・フリューハーバー陸軍少将
Klaus Frühhaber
1995年4月1日 1997年9月30日
19 ヴェルナー・ヴィダー陸軍少将
Werner Widder
1997年10月1日 1998年3月31日
20 ホルガー・カンマーホフ陸軍少将
de:Holger Kammerhoff
1998年4月1日 2000年
21 アクセル・ビュルゲナー陸軍少将
de:Axel Bürgener
2000年 2001年9月30日

脚注[編集]

  1. ^ 『PANZER』176号では1956年7月1日。ドイツ語版では1956年10月1日

参考文献[編集]

  • 『PANZER』1979年1月第43号、サンデーアート
  • 『PANZER』1988年10月第176号、サンデーアート