第50回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第50回グラミー賞 (50th Grammy Awards) は2008年2月10日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。テレビ中継は例年どおりCBSで放送され、日本ではWOWOWで放送された。

概要[編集]

今回はエイミー・ワインハウスが授賞式直前にビザ発給を拒否したものの、年間最優秀レコード賞を含む主要部門を含む5部門を受賞した。ニューエイジ部門にノミネートされていた喜多郎は受賞を逃した。さらに朗読アルバム部門では大統領選挙で戦い、2009年に大統領に就任したバラク・オバマ大統領が受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・コラボレーション
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム

トラディッショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス[編集]

最優秀ダンス録音
最優秀エレクトリック/ダンス・アルバム

ロック[編集]

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ハードロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀R&Bパフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス
最優秀R&Bソング
最優秀R&Bアルバム
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ラップ・コラボレーション(ボーカルあり)
最優秀ラップ・ソング
最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀カントリー・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀カントリー・コラボレーション(ボーカルあり)
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
最優秀カントリー・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・ソロ
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム(個人もしくはグループ)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル[編集]

最優秀ゴスペル・パフォーマンス
最優秀ゴスペル・ソング

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム
最優秀ラテン・ポップ・アルバム
  • 『No Hay Espacio』 - ブラック・グアヤバ英語版
最優秀ラテン・アーバン・アルバム
最優秀トロピカル・ラテン・アルバム
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム
  • 『100% Mexicano』 - ペペ・アギラール英語版
最優秀テハーノ・アルバム
  • 『Before The Next Teardrop Falls』 - リトル・ジョー英語版&ラ・ファミリア
最優秀バンダ・アルバム

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

フォーク[編集]

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム
最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム
  • 『Totemic Flute Chants』 – Johnny Whitehorse
最優秀ハワイアン・ミュージック・アルバム
  • 『Treasures of Hawaiian Slack Key Guitar』 – Various Artists

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム
  • 『マインド・コントロール(Mind Control)』 - スティーブン・マーリー英語版

ワールドミュージック[編集]

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム
  • 『African Spirit』 - ソウェト・ゴスペル・クワイア英語版
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム
最優秀ザディコもしくはケイジャン・ミュージック・アルバム
最優秀ポルカ・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀チルドレンズ・ミュージック・アルバム
最優秀チルドレンズ・スポークン・ワード・アルバム

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム
  • Original Broadway Cast with ジョナサン・グロフ、Lea Michele他『春のめざめ(Spring Awakening)』 - ダンカン・シェイク英語版(プロデューサー)。ダンカン・シェイク(作曲者)。Steven Sater(作詞者)。

映画、テレビ、その他ビジュアルメディア[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック・アルバム
最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム
最優秀ソング

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

パッケージ[編集]

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ
  • Various Artists『What It Is!: Funky Soul and Rare Grooves (1967–1977)』 - Masaki Koike(アート・ディレクター)

アルバム・ノーツ[編集]

最優秀アルバム・ノーツ
  • Various Artists『John Work III: Recording Black Culture』 - Bruce Nemerov(アルバム・ノーツ・ライター)

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム

制作(非クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音

制作(サラウンドサウンド)[編集]

最優秀サラウンドサウンド・アルバム

制作(クラシカル)[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
  • ジュディス・シャーマン英語版
最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル)

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀短編ミュージック・ビデオ
最優秀長編ミュージック・ビデオ

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月21日閲覧。
  2. ^ Edna Gundersen (2008年2月10日). “MusiCares honors Aretha Franklin at pre-Grammy party”. USA TODAY. 2011年10月22日閲覧。