第50普通科連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第50普通科連隊
創設 2006年(平成18年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 普通科
所在地 高知県 香南市
編成地 善通寺
上級単位 第14旅団
担当地域 高知県
テンプレートを表示

第50普通科連隊(だいごじゅうふつうかれんたい、JGSDF 50th Infantry Regiment(Light))は、高知県香南市高知駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第14旅団隷下の普通科連隊(軽)である。

連隊のシンボルマークは、中央に連隊番号の「50」の数字を、またその周りに古くから高知県とゆかりの深い「鯨」と高知県の木である「やまもも」の葉のデザインを配したもの。

沿革[編集]

  • 2005年(平成17年) 3月28日:第15普通科連隊内に普通科連隊準備隊を設置し準備業務を開始。
  • 2006年(平成18年) 3月27日:15普連を母体及び全国に点在していた四国出身の普通科職種隊員を要員に加え善通寺駐屯地において編成完結
  • 2010年(平成22年) 3月26日:高知駐屯地に移駐、同駐屯地司令職務担任部隊に指定
  • 2011年(平成23年) 3月 :東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に災害派遣[1]
  • 2018年(平成30年) 3月27日:重迫撃砲中隊を新編[2]

部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 第1普通科中隊
  • 第2普通科中隊
  • 第3普通科中隊 - 軽装甲機動車
  • 重迫撃砲中隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第50普通科連隊長
兼 高知駐屯地司令
1等陸佐 高原敏訓 2018年03月23日 陸上自衛隊高等工科学校総務部長
歴代の第50普通科連隊長
(1等陸佐)
(2010年3月26日より高知駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 石橋勉 2006年03月27日 - 2008年07月31日 陸上自衛隊幹部学校 陸上自衛隊富士学校主任教官
02 黒田弘人 2008年08月01日 - 2010年07月25日 陸上自衛隊幹部学校付 陸上幕僚監部人事部人事計画課
給与室長
03 石田和成 2010年07月26日 - 2012年12月03日 陸上自衛隊幹部学校総務部総務課長 陸上自衛隊幹部学校教育部教務課長
04 堤秀一 2012年12月04日 - 2015年03月22日 陸上自衛隊冬季戦技教育隊 陸上自衛隊富士学校主任教官
05 谷田匡 2015年03月23日 - 2016年03月22日 東北方面総監部防衛部訓練課長 陸上自衛隊研究本部研究員
06 石田祐司 2016年03月23日 - 2018年03月22日 陸上自衛隊研究本部研究員 陸上自衛隊幹部候補生学校総務部総務課長
07 高原敏訓 2018年03月23日 - 陸上自衛隊高等工科学校総務部長

主要装備[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 被災大川小女児が陸自隊員に手紙 「わたしもがんばる」と感謝”. 福井新聞 (2011年4月30日). 2014年8月10日閲覧。
  2. ^ 同時期廃止の第14特科隊の1個射撃中隊を改組して編合

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2016年3月23日閲覧。