第51回全国高等学校サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第51回全国高等学校サッカー選手権大会
開催期間 1973年1月
参加チーム数 24
優勝 浦和市立
準優勝 藤枝東
試合総数 24
1972
1974
テンプレートを表示

第51回全国高等学校サッカー選手権大会(だい51かいぜんこくこうとうがっこうサッカーせんしゅけんたいかい)は、1973年1月に行われた、全国高校サッカー選手権

概要[編集]

  • キャッチフレーズ 「いま、君がこのボールをけるのだ!」。

日程[編集]

  • 1回戦 1月3日
  • 2回戦 1月4日
  • 準々決勝 1月5日
  • 準決勝 1月6日
  • 3位決定戦・決勝 1月7日

使用会場[編集]

出場校[編集]

北海道・東北

  • 北海道代表 室蘭大谷(3年連続3回目)
  • 北奥羽代表 五戸(青森県 2年連続5回目)
  • 西奥羽代表 秋田商(秋田県 2年連続16回目)
  • 東北代表 仙台育英(宮城県 3年連続12回目)

関東

  • 北関東代表 宇都宮学園(栃木県 8年ぶり3回目)
  • 埼玉県代表 浦和市立(2年連続10回目)
  • 東関東代表 習志野(千葉県 3年連続8回目)
  • 東京都代表 帝京(3年連続8回目)
  • 西関東代表 希望ヶ丘(神奈川県 初出場)

北信越・東海

近畿

  • 京滋代表 嵯峨野(京都府 2年ぶり2回目)
  • 大阪府代表 関西大倉(初出場)
  • 兵庫県代表 神戸(6年ぶり22回目)
  • 紀和代表 和歌山北(和歌山県 初出場)

中国

  • 東中国代表 広島工(広島県 4年ぶり2回目)
  • 西中国代表 浜田(島根県 13年ぶり2回目)

四国

  • 南四国代表 徳島商(徳島県 3年連続16回目)
  • 北四国代表 壬生川工(愛媛県 2年連続3回目)

九州

  • 北九州代表 福岡商(福岡県 初出場)
  • 東九州代表 大分工(大分県 2年連続3回目)
  • 南九州代表 済々黌(熊本県 24年ぶり3回目)

試合[編集]

1回戦[編集]

  • 徳島商 0 - 0 浜田(抽選で徳島商の勝利)
  • 関西大倉 5 - 2 希望ヶ丘
  • 新潟明訓 0 - 5 嵯峨野
  • 仙台育英 1 - 0 宇都宮学園
  • 神戸 2 - 1 広島工
  • 五戸 6 - 0 済々黌
  • 秋田商 1 - 0 四日市中央工
  • 浦和市立 1 - 1 和歌山北(抽選で浦和市立の勝利)

2回戦[編集]

  • 習志野 0 - 1 徳島商
  • 関西大倉 1 - 1 室蘭大谷(抽選で関西大倉の勝利)
  • 藤枝東 2 - 0 嵯峨野
  • 仙台育英 0 - 2 福岡商
  • 富山工 1 - 2 神戸
  • 五戸 0 - 0 帝京(抽選で帝京の勝利)
  • 大分工 2 - 0 秋田商
  • 浦和市立 2 - 2 壬生川工(抽選で浦和市立の勝利)

準々決勝[編集]

  • 徳島商 0 - 1 関西大倉
  • 藤枝東 3 - 1 福岡商
  • 神戸 0 - 0 帝京(抽選で帝京の勝利)
  • 大分工 0 - 1 浦和市立

準決勝[編集]

  • 関西大倉 1 - 2 藤枝東
  • 帝京 0 - 1 浦和市立

3位決定戦[編集]

  • 関西大倉 0 - 0 帝京(引き分け)

決勝[編集]

  • 藤枝東 1 - 2 浦和市立

関連項目[編集]