第52師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第52師団
創設 1940年昭和15年)7月10日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 金沢-トラック島
編成地 金沢
通称号/略称 柏(かしわ)
補充担任 金沢師管区
最終上級部隊 第31軍
最終位置 カロリン諸島 トラック島
主な戦歴 太平洋戦争
  

第52師団(だいごじゅうにしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

目次

概要

1940年昭和15年)8月から常設師団のうちの8個師団が満州に永久駐屯することになり、代替の常設師団として同年7月10日に留守師団を基幹に編成された6個師団のひとつである(ほかに第51師団第54師団第55師団第56師団第57師団)。このほか、翌年の1941年(昭和16年)9月16日第53師団が留守第16師団を基幹に編成されたが、第1師団分については代替師団が編成されなかった。

第52師団は、石川富山長野の三県を徴兵区とする常設師団として留守第9師団を基幹に金沢で編成された。なお、管轄区域は1941年(昭和16年)から金沢師管区に改称、1945年(昭和20年)には補充任務等の管轄区域の軍政を担当する留守師団司令部は独立し金沢師管区司令部となった。

沿革

師団は編成後、当初は金沢に在り東部軍に属していたが、1944年(昭和19年)1月にトラック島へ派遣され、翌月に新設の第31軍に編入された。その際、海洋師団編制に改編されている。

アメリカ軍はトラック島に進攻しなかったため、師団主力は終戦まで自給生活を続けた。

師団概要

歴代師団長

  • 草場辰巳 中将:1940年10月1日 -
  • 麦倉俊三郎 中将:1941年11月6日 -
  • (扱)麦倉俊三郎 中将:1945年1月20日 -

最終所属部隊

  • 歩兵第69連隊(富山):柴野為亥知大佐
  • 歩兵第107連隊(金沢):山中萬次郎大佐
  • 歩兵第150連隊(松本):林田敬蔵大佐
  • 第52師団戦車隊:佐藤恒哉少佐
  • 第52師団輜重隊:大南斂大尉
  • 第52師団海上輸送隊:西村利央中佐
  • 第52師団通信隊:馬場義行少佐
  • 第52師団経理勤務部:榊原茂大佐
  • 第52師団兵器勤務隊:辻川初次郎少佐
  • 第52師団野戦病院:杉田秀馬大佐

参考文献

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 別冊歴史読本 戦記シリーズNo.32 太平洋戦争師団戦史』、新人物往来社、1996年。

関連項目

軍事 この「第52師団 (日本軍)」は、軍事に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆・訂正等して下さる協力者を求めています
(ポータル:軍事/PJ軍事/PJ軍事史)

今日は何の日(7月21日

もっと見る

「第52師団_(日本軍)」のQ&A