第53回世界卓球選手権個人戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第53回世界卓球選手権個人戦 Table tennis pictogram.svg
大会概要
ラテン語表記 2015 World Table Tennis Championships
別名 2015年世界卓球選手権
レベル レイティング 1 , ボーナス 1[1]
開始年 1926
開催期間 2015年4月26日~5月3日
主催 ITTF(国際卓球連盟
開催国 中華人民共和国の旗 中国
開催都市 蘇州市
会場 蘇州国際博覧センター中国語版
使用球 バタフライ スリースターボールG40+[2]
サイト 大会公式サイト国際卓球連盟
優勝
大会統計
表彰 新人賞 日本の旗 伊藤美誠
世界卓球選手権
■テンプレート(■ノート ■解説)プロジェクト:卓球

第53回世界卓球選手権個人戦(だい53かいせかいたっきゅうせんしゅけんこじんせん)は、2015年4月26日から5月3日まで中国蘇州にて開催された[3]世界卓球選手権である。

概要[編集]

第53回世界卓球選手権個人戦は、2015年4月26日から5月3日まで中国蘇州 にて開催された[4]。中国での開催は5回目。2012年3月に国際卓球連盟より開催地が発表された[5]

大会日程[編集]

開会式には中国の劉延東副総理が出席し、開会宣言を行った[6]

26日から27日にかけて予選ラウンドが行われ、5種目が実施された[7]

本選
決勝
日程 4月27日 28日 29日 30日 5月1日 2日 3日
男子シングルス 1R 2R 3R 4R QF SF, F
女子シングルス 1R 2R 3R 4R, QF SF, F
男子ダブルス 1R, 2R 3R QF SF, F
女子ダブルス 1R, 2R 3R QF SF, F
混合ダブルス 1R, 2R 3R 4R, QF SF F

メダル獲得者[編集]

国別総数[編集]

国・地域
1 中華人民共和国の旗 中国 4.5 4 4 12.5
2 大韓民国の旗 韓国 0.5 0 1 1.5
3 日本の旗 日本 0 1 1 2
4 香港の旗 香港 0 0 1 1
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 0 0 1 1
シンガポールの旗 シンガポール 0 0 1 1
7 オランダの旗 オランダ 0 0 0.5 0.5
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 0.5 0.5
5 5 10 20

結果[編集]

種目
男子シングルス 中華人民共和国の旗 馬龍 中華人民共和国の旗 方博 中華人民共和国の旗 樊振東
中華人民共和国の旗 張継科
女子シングルス 中華人民共和国の旗 丁寧 中華人民共和国の旗 劉詩雯 中華人民共和国の旗 木子
中華人民共和国の旗 李曉霞
男子ダブルス 中華人民共和国の旗 許昕
中華人民共和国の旗 張継科
中華人民共和国の旗 樊振東
中華人民共和国の旗 周雨
大韓民国の旗 李相秀英語版
大韓民国の旗 徐賢徳英語版
日本の旗 松平健太
日本の旗 丹羽孝希
女子ダブルス 中華人民共和国の旗 劉詩雯
中華人民共和国の旗 朱雨玲
中華人民共和国の旗 丁寧
中華人民共和国の旗 李曉霞
シンガポールの旗 フェン・ティアンウェイ
シンガポールの旗 ユー・モンユ英語版
オランダの旗 リー・ジエ英語版
ポーランドの旗 リー・チェン
混合ダブルス 中華人民共和国の旗 許昕
大韓民国の旗 梁夏銀
日本の旗 吉村真晴
日本の旗 石川佳純
朝鮮民主主義人民共和国の旗 金赫峰
朝鮮民主主義人民共和国の旗 金仲英語版
香港の旗 黄鎮廷英語版
香港の旗 杜凱琹

日本代表[編集]

男子代表は水谷隼(5位)、丹羽孝希(12位)、村松雄斗(23位)、松平健太(25位)、森薗政崇(28位)、吉村真晴(43位)、吉田雅己(53位)、大島祐哉(57位)の8名。

女子代表は石川佳純(5位)、福原愛(8位)、平野早矢香(13位)、伊藤美誠(15位)、若宮三紗子(33位)、平野美宇(36位)の6名。

種目別代表

  • 男子シングルス(5名) 水谷隼、丹羽孝希、村松雄斗、松平健太、吉田雅己 
  • 女子シングルス(5名) 石川佳純、福原愛、平野早矢香、伊藤美誠、平野美宇 
  • 男子ダブルス(2組) 丹羽孝希/松平健太、森薗政崇/大島祐哉 
  • 女子ダブルス(2組) 福原愛/若宮三紗子、平野美宇/伊藤美誠 
  • 混合ダブルス(2組) 吉村真晴/石川佳純、丹羽孝希/平野早矢香 

男子シングルス[編集]

  • 水谷隼 ベスト8 - 4年ぶり2度目のベスト8。
  • 丹羽孝希 ベスト16 - 2大会連続のベスト16。
  • 村松雄斗 2回戦敗退
  • 松平健太 1回戦敗退
  • 吉田雅己 2回戦敗退

女子シングルス[編集]

  • 石川佳純 ベスト32
  • 福原愛 2回戦敗退
  • 平野早矢香 2回戦敗退
  • 伊藤美誠 ベスト8 - 14歳192日でのベスト8は日本歴代最年少記録。新人賞受賞。
  • 平野美宇 ベスト32

男子ダブルス[編集]

  • 丹羽孝希/松平健太 銅メダル
  • 森薗政崇/大島祐哉 ベスト8

女子ダブルス[編集]

  • 福原愛/若宮三紗子 ベスト8
  • 平野美宇/伊藤美誠 ベスト32

混合ダブルス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2016年ITTFカレンダー 国際卓球連盟
  2. ^ バタフライ スリースターボールG40+(1ダース入)バタフライ
  3. ^ Suzhou to host 2015 World Championships” (英語). ittf.com (2012年3月27日). 2013年3月1日閲覧。
  4. ^ Suzhou to host 2015 World Championships” (英語). ittf.com (2012年3月27日). 2013年3月1日閲覧。
  5. ^ Suzhou to Host World Table Tennis Championships 2015” (英語). Suzhou Industrial Park Administrative Committee (2012年3月29日). 2013年3月1日閲覧。
  6. ^ 第53回世界卓球選手権が開幕 蘇州”. 人民網 (2015年4月26日). 2016年8月17日閲覧。
  7. ^ Schedule (PDF)

関連項目[編集]