第53回朝日新聞社杯競輪祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第53回朝日新聞社杯競輪祭
小倉競輪場・GI
レース詳細
開催日 2011年12月1日 - 12月4日
レース結果
優勝  長塚智広 (茨城県)
2位  武田豊樹 (茨城県)
3位  海老根恵太 (千葉県)
2010
2012

第53回朝日新聞社杯競輪祭は、2011年12月1日4日まで、小倉競輪場で行われた。

KEIRINグランプリ2011への道のり[編集]

当大会は、当年12月30日平塚競輪場で行われる、KEIRINグランプリ2011の出場権をかけた最後の一戦となった。当大会開幕直前までに、同レースへの優先出場権を得た選手は以上4名。

村上義弘 第64回日本選手権競輪 優勝
深谷知広 第62回高松宮記念杯競輪 優勝
浅井康太 第20回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 優勝
第54回オールスター競輪 優勝
伏見俊昭 第27回読売新聞社杯全日本選抜競輪 優勝

残る5名は、当大会の優勝者ないし、当年12月4日時点における獲得賞金上位者から選出されるが、以上の2名が獲得賞金上位者として出場を確定させていた(獲得賞金額順位は当年当大会開幕直前時点による)。

よって、当年12月3日に行われた準決勝終了時点では、実質的に残る3名が未決定となっていたが、決勝戦のメンバーの中で、グランプリ2011の出場権を確定させているのは、優先出場権を得ている村上義弘と、獲得賞金上位者として確定させている武田豊樹の2人だけ。よって、残る3名の選手の選出については、以下のシミュレーションが考えられた(獲得賞金額順位は、当年12月3日時点)。

  1. 賞金ランク9位以内の3名のいずれかが優勝の場合、成田和也(獲得賞金額 第7位)と佐藤友和(同 第8位)は確定、海老根恵太(同 第12位)は決勝戦で3着以内に入れば確定。しかし、海老根が決勝戦で4着以下の場合には、市田佳寿浩(同 第16位)が2着以内に入れば逆転し、さらに海老根が5着以下の場合には、長塚智広(同 第18位)が2着以内に入れば逆転する。
  2. 上記のG1優勝者の村上と武田、獲得賞金額第8位佐藤の3名のいずれかが優勝し、かつ、同 12位海老根が5着以下、同 16位市田と同 18位長塚が3着以下の場合には、共に4日の最終日の特別優秀戦に出走する佐藤慎太郎(同 第9位)と小野俊之(同 第10位)のどちらかに確定する[1]
  3. 賞金ランク10位以下(村上、武田、佐藤以外の6選手)の選手が優勝した場合、当該選手がまず確定し、佐藤は完走(失格及び競走棄権をしないこと)すれば確定する。そして、海老根は2着に入れば確定するが、3着以下だと成田に出場権を奪われることになる。

以上の件を踏まえて行われたのが決勝戦である。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

  • 12月4日(日)[2]
  • 誘導員…城戸崎隆史(福岡県
着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 4 長塚智広 茨城県 差し 11.5
2 2 武田豊樹 茨城県 タイヤ差 捲り 11.7 B
3 9 海老根恵太 千葉県 3/4車身 11.5
4 8 稲垣裕之 京都府 2車身 11.9
5 1 大塚健一郎 大分県 3車身 11.5
6 6 南修二 大阪府 1車身 11.9
7 3 市田佳寿浩 福井県 1車身1/2 12.1
8 7 佐藤友和 岩手県 3車身 12.2
9 5 村上義弘 京都府 5車身 13.0 H

配当金額[編集]

枠番二連勝複式 2=4 390円
枠番二連勝単式 4-2 910円
車番二連勝複式 2=4 380円
車番二連勝単式 4-2 920円
三連勝複式 2=4=9 1720円
三連勝単式 4-2-9 4520円
ワイド 2=4 260円
4=9 780円
2=9 600円

レース概略[編集]

タイヤ差で長塚が武田を制し、GI初優勝。2着に武田が残り、3着に終わった海老根はグランプリ3年連続出場を逃した。また、佐藤は8着完走したことによって賞金上位によるグランプリ出場を決めた。

このレースの結果、残るグランプリ出場の3枠は長塚智広、佐藤友和、成田和也に決まった。

実況アナウンサー[編集]

今大会、ファン投票によって選ばれた実況アナウンサーは以下の通りである。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤慎太郎&小野俊之GP諦めない/小倉 - 日刊スポーツ2011年12月4日付
  2. ^ レース競走結果 - KEIRIN.JP
朝日新聞社杯競輪祭
前回 (2010年 第53回朝日新聞社杯競輪祭
2011年
次回(2012年
第52回朝日新聞社杯競輪祭 第54回朝日新聞社杯競輪祭