第54回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第54回グラミー賞
受賞対象 2011年度の音楽作品
開催日 2012年2月12日 (2012-02-12)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
主催者 LL・クール・J
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS日本の旗 WOWOW

第54回グラミー賞は、2012年2月12日に発表・授賞式が開催された。司会はヒップホップ歌手のLL・クール・J[1]

概要[編集]

ノミネートは2011年11月30日にロサンゼルスのノキアシアターで発表された。当日はプレテレキャスト授賞式がロサンゼルス・コンベンションセンターで、本編がステイプルズ・センターで開催された。プレテレキャストの模様はGrammy.com、本編はCBSで全米放送された。ポスターデザインは建築家のフランク・ゲーリーが担当した[2]

授賞式では前日に死去したホイットニー・ヒューストンへの追悼として、ジェニファー・ハドソンが代表曲『オールウェイズ・ラヴ・ユー』を歌唱した。

受賞作[編集]

主要部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ポップボーカル・アルバム

ダンス/エレクトロニック[編集]

最優秀ダンス録音
最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

トラディショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディショナル・ポップ・アルバム

ロック[編集]

最優秀ロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀R&Bパフォーマンス
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
最優秀R&Bソング
最優秀R&Bアルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス
最優秀ラップ・コラボレーション
最優秀ラップ・ソング
最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス
最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
最優秀カントリー・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム

ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン[編集]

最優秀ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス
  • "Jesus" – Sunday Best(『The Awakening of Le'Andria Johnson』所収)
最優秀ゴスペル・ソング
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・ソング
  • ローラ・ストーリー英語版 "Blessings" - ローラ・ストーリー(ソングライター)(『Blessings』所収)
最優秀ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ、ロックもしくはアーバン・アルバム
最優秀リージョナル・メキシカンもしくはテハーノ・アルバム
最優秀バンダもしくはノルテーニョ・アルバム
最優秀トロピカル・ラテン・アルバム
  • 『The Last Mambo』 – Cachao

アメリカン・ルーツ[編集]

最優秀アメリカーナ・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム
最優秀ブルース・アルバム
最優秀フォーク・アルバム
最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀チルドレンズ・アルバム
  • Various Artists『All About Bullies ... Big and Small』 – Steve Pullara、Jim Cravero、Pat Robinson、Kevin Mackie、Gloria Domina(プロデューサー)

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークンワード・アルバム

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル劇場アルバム

ビジュアルメディア向け[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック(ビジュアルメディア向け)
最優秀スコア・サウンドトラック(ビジュアルメディア向け)
最優秀ソング(ビジュアルメディア向け)

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀インストゥルメンタル編曲
  • ゴードン・グッドウィンズ・ビッグ・ファット・バンド "Rhapsody in Blue" - ゴードン・グッドウィン英語版(編曲者)(『ザッツ・ハウ・ウィ・ロール (『That's How We Roll)』所収)
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

パッケージ[編集]

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

ノーツ[編集]

最優秀アルバム・ノーツ
  • Various Artists 『Hear Me Howling!: Blues, Ballads & Beyond as Recorded by the San Francisco Bay by Chris Strachwitz in the 1960s』 - Adam Machado(アルバム・ノーツ・ライター)

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム
  • ポール・マッカートニーウイングス『バンド・オン・ザ・ラン(スーパー・デラックス・エディション)(Band on the Run (Paul McCartney Archive Collection – Deluxe Edition))』 - ポール・マッカートニー(コンピレーション・プロデューサー)。Sam Okell、Steve Rooke(マスタリング・エンジニア)。

制作(非クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音

制作(サラウンド・サウンド)[編集]

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム
  • デレク・アンド・ザ・ドミノスいとしのレイラ(40周年記念スーパー・デラックス・エディション)(Layla and Other Assorted Love Songs (Super Deluxe Edition))』 - エリオット・シャイナー英語版(サラウンド・ミックス・エンジニア)。ボブ・ラドウィック(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Bill Levenson、エリオット・シャイナー(サラウンド・プロデューサー)。

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀短編ミュージック・ビデオ
  • アデル "Rolling in the Deep" – Sam Brown(ビデオ・ディレクター)。Hannah Chandler(ビデオ・プロデューサー)。
最優秀長編ミュージック・ビデオ

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注[編集]