第55回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第55回スーパーボウル
Super Bowl LV
Raymond James Stadium (50898195996).jpg
1 2 3 4

KC 3 3 3 0

9
TB 7 14 10 0

31
開催日 2021年2月7日
スタジアム レイモンド・ジェームス・スタジアム
開催地 フロリダ州タンパ
MVP トム・ブレイディ
国歌斉唱 エリック・チャーチ
ジャズミン・サリヴァン
コイントス スージー・ドーナー[注釈 1]
審判 カール・チェファーズ
ハーフタイム ザ・ウィークエンド
入場者数 24,835
第55回スーパーボウルの位置(アメリカ合衆国内)
チーフス
チーフス
バッカニアーズ (開催地)
バッカニアーズ
(開催地)
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 ジム・ナンツ(実況)
トニー・ロモ(解説)
視聴率 38.2
 < 第54回 スーパーボウル 第56回 > 

第55回スーパーボウル(Super Bowl LV)は、2021年2月7日にフロリダ州タンパレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されたNFL2020年シーズン王者を決める試合。NFC王者のタンパベイ・バッカニアーズとAFC王者のカンザスシティ・チーフスが対戦し、31対9でタンパベイ・バッカニアーズがカンザスシティ・チーフスを破った。

本大会は当初、ロサンゼルス大都市圏カリフォルニア州イングルウッドSoFiスタジアムで開催される予定であった。しかし、スタジアム完成が遅れる可能性が指摘され、開催までに十分な使用実績を積めない懸念が生じたため、2017年6月、前年の開催地決定時に最終選考まで争ったフロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアムに開催地を変更した[1]

スーパーボウル開催地のチームは、過去54回で1度もスーパーボウルに進出することができなく、「スーパーボウルの呪い」として語られるNFLを代表するジンクスの一つとなっていたが、本大会でタンパベイ・バッカニアーズがスーパーボウル開催地のチームとして初めてスーパーボウルへの出場を果たした。

また、今回スーパーボウル史上初の女性レフェリー(サラ・トーマス)が登場し、ダウンジャッジとして審判団に加わった[2]

開催地決定まで[編集]

会場となったレイモンド・ジェームス・スタジアム

2016年5月にオーナー会議が行われ、投票により以下の候補地からイングルウッドで建設中のスタジアムが選ばれたが[3][4][5]、後にスタジアムが2020年シーズン前には完成できない可能性があり、スーパーボウルの前にレギュラーシーズンで十分使用されない恐れがあることが解ったため、レイモンド・ジェームス・スタジアムに変更された[1]。なお、新スタジアムは2020年シーズン前に完成し、開幕から使用された。

同スタジアムでスーパーボウルが開催されるのは、ベン・ロスリスバーガートロイ・ポラマルカート・ワーナーラリー・フィッツジェラルドといった選手が出場した第43回大会以来、12年ぶり3度目となる。

過去のタンパ開催のスーパーボウル
AFC代表 スコア NFC代表 MVP
タンパ・スタジアム
18 ロサンゼルス・レイダース 38-9 ワシントン・レッドスキンズ RB マーカス・アレン
25 バッファロー・ビルズ 19-20 ニューヨーク・ジャイアンツ RB オーティス・アンダーソン
レイモンド・ジェームス・スタジアム
35 ボルチモア・レイブンズ 34-7 ニューヨーク・ジャイアンツ LB レイ・ルイス
43 ピッツバーグ・スティーラーズ 27-23 アリゾナ・カージナルス WR サントニオ・ホームズ

   は、勝利したチーム

新型コロナウイルス感染症の影響[編集]

スーパーボウル一週間前のレイモンド・ジェームズ・スタジアムの様子

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、2020年のNFLシーズンの開始時点で、NFLはハーフタイムショーや試合での国歌の演奏など、フィールド上でのエンターテイメントを全面禁止としていた。これらは、まだ制限が残っていた場合、スーパーボウルでも禁止となる見込みであった。また、スーパーボウルの開催日程についても、レギュラーシーズンとプレーオフの延期が決まった場合、2月28日まで延期の可能性があるとしていた。

フロリダ州は10月にスポーツイベントの収容人数制限を撤廃したものの、フロリダ州を拠点とするNFLの3チーム(ドルフィンズバッカニアーズジャガーズ)は自主的に収容人数を20〜25%と制限していた。10月下旬の時点でNFLは、スーパーボウル試合日までにより多くの収容が可能になることを期待し、20%以上の収容を見込み計画していた。

2021年1月22日、NFLはスーパーボウルでのスタジアム収容人員を全体の約3割となる22,000人に制限することを発表した。このうち、7,500人は、主にタンパと中央フロリダ地域からCOVID-19ワクチン接種の済んだ医療従事者が招待されるとした[6]。この後、25,000人まで上限を繰り上げたものの、第55回スーパーボウルは歴代のスーパーボウルで最も観客の少ない試合となった。

放送[編集]

現在、スーパーボウルの放映は、FOXNBCCBSのローテーションで担当しており、第55回スーパーボウルの放映権は本来、NBCが担当する順番であった。しかし、アメリカでは、スポーツのビッグイベントの放映が競合することにより、テレビ局の利益を毀損し合わないように紳士協定が組まれており、その関係で、2019年3月、第55回スーパーボウルの放映権と第56回スーパーボウルの放映権をNBCとCBSの間で交換することが、NFL・NBC・CBSの三者間で合意に至った。

具体的には、同時期に開催される2022年北京オリンピック(NBCが放映権主)と第56回スーパーボウルの放映権主が異なると、スポンサー・スポーツ報道・プロモーション方法などの複雑な調整が必要となることから、放映権主を同一にする措置が採られたものである[7][8]。また、CBSにとっては、隔年で放送しているNCAAファイナルフォー(ワーナーと共同)とスーパーボウルを同じ年に放送できることによるメリットがあるとされている。

テレビ番組の視聴者数を計測しているニールセンは2021年2月9日にスーパーボウルの平均視聴者数を公表し、前回を約9%下回る約9200万人を記録したこと明らかにし、過去15年で最低だったと発表した[9]

出場チーム[編集]

NFC代表・タンパベイ・バッカニアーズは第5シードからプレーオフを勝ち抜き、18年ぶり2度目の出場を決めた。前回出場は、ジョン・グルーデンHCの下、ウォーレン・サップ等の強力ディフェンス陣を擁して出場した第37回大会であるが、今大会で勝利すれば、第37回大会以来、2度目のスーパーボウル制覇となる。

AFC代表・カンザスシティ・チーフスは第1シードからプレーオフを勝ち抜き、2年連続4度目の出場を決めた。勝利すれば2年連続3度目のスーパーボウル制覇となる。

両チームがスーパーボウルで対戦するのは初めてである。なお、今シーズンは第12週に本大会と同じくバッカニアーズのホームスタジアムで対戦し、バッカニアーズのトム・ブレイディが2インターセプトを喫して、チーフスが27対24で勝利している。

タンパベイ・バッカニアーズ[編集]

1976年に新設されたバッカニアーズは、1979年から1982年の4シーズン中3シーズンでプレーオフに進出して以降、その後は長期低迷して、NFLにおいて弱小チームの代名詞となっていた。

1995年、前オーナーの死去に伴い、マルコム・グレーザーがバッカニアーズを買収すると、強いオーナーシップでチームを改造した。新スタジアム(本スーパーボウルの開催スタジアム)を建設し、ユニフォームを一新して、ヘッドコーチにディフェンスが専門であるトニー・ダンジーを招聘した。ダンジーの下、バッカニアーズはウォーレン・サップデリック・ブルックスロンデ・バーバーらを擁するリーグ屈指の強力ディフェンスのチームへと成長していった[10]1997年以降、プレーオフ進出の常連チームとなっていたバッカニアーズは、2002年シーズンにオフェンスが得意なジョン・グルーデンをヘッドコーチに招聘すると、レギュラーシーズンで過去最高の成績を残し、第37回スーパーボウルに初出場した。スーパーボウルではグルーデンが前年までヘッドコーチを務め、強力オフェンス陣を擁するオークランド・レイダースをバッカニアーズ守備陣が圧倒し、チーム初制覇を果たした[11]

しかし、スーパーボウル初制覇を果たした時点でバッカニアーズ・ディフェンスを牽引していた中心選手はベテランの域に入りつつあり、翌シーズン以降は徐々に成績を落として再び長期低迷に陥った。

2007年を最後にプレーオフ出場のなかったバッカニアーズは、2020年のこのシーズンニューイングランド・ペイトリオッツで6回のスーパーボウル制覇をして黄金期を築いたトム・ブレイディの獲得に成功した[12]。ブレイディの移籍に伴い、ブレイディと共にペイトリオッツで活躍して引退していたロブ・グロンコウスキーも復帰し、チームに合流した[13]。ペイトリオッツの黄金期を支えた2選手を獲得したバッカニアーズは2005年以来の2桁勝利となる11勝5敗の第5シードでプレーオフ進出を決めた。

プレーオフ初戦・ワイルドカード・プレーオフは、レギュラーシーズン7勝9敗の負け越しながら、NFC東地区優勝・第4シードでプレーオフ進出となったワシントン・フットボールチームとの対戦となった。ワシントンは怪我や不調でQBが定まらない状態にあり、大学を入り直して学生生活を送っていた27歳のテイラー・ハイニケと12月に急遽契約していた[14]。ワシントンのエースQBアレックス・スミスの怪我の回復が見込めず、他のQBの成績も思わしくなかったことから、この試合の先発にハイニケが起用されることとなった。この試合、ハイニケが300ヤード以上のパスを投げる健闘をしたものの、地力で勝るバッカニアーズが勝利をした。

プレーオフ第2戦・ディビジョナル・プレーオフは、同地区で地区優勝を許したニューオーリンズ・セインツとの対戦となり、42歳ドリュー・ブリーズと43歳ブレイディのベテランQB対決となった。バッカニアーズの守備陣がブリーズから3インターセプトを奪い、チームはNFCチャンピオンシップに進出した。

NFCチャンピオンシップは、第1シードのグリーンベイ・パッカーズとの対戦となり、16年目37歳のアーロン・ロジャースと21年目43歳のブレイディのベテランQB対決となった。終盤まで接戦となったこの試合をブレイディが制し、バッカニアーズはスーパーボウルを制覇した第37回大会以来、18年ぶり2度目のスーパーボウル進出を果たした[15]

この出場により、スーパーボウル開催地のチームとして初のスーパーボウル進出となった[16]

カンザスシティ・チーフス[編集]

前年50年ぶりにスーパーボウル制覇をしたチーフスは、このシーズンもQBパトリック・マホームズ、WRタイリーク・ヒル、TEトラビス・ケルシーという強力オフェンス陣は健在で1試合平均30得点近くを奪い、レギュラーシーズンを14勝2敗、AFC第1シードでプレーオフに進出した。

プレーオフ初戦となったディビジョナル・プレーオフは、2018年ドラフト全米1位指名のQBベイカー・メイフィールド率いるクリーブランド・ブラウンズとの対戦となった。試合はチーフスが序盤から得点を重ねてリードを広げ、危なげなく勝利をするものと思われた。しかし、第3Q中盤にタックルを受けたマホームズが脳震盪で退場すると、マホームズから交代したチャド・ヘニーがインターセプトを喫するなどして、ブラウンズに点差を詰められた[17]。マホームズの途中交代により、チーフスは窮地に追い込まれたが、攻めの姿勢を崩さずにリードを守りきり、AFCチャンピオンシップへと駒を進めた[18]

AFCチャンピオンシップの対戦相手は、AFC東地区優勝で第2シードのバッファロー・ビルズとなった。ビルズは1990年シーズンから1993年シーズンにかけて、AFC4連覇を達成していたが、その後長期低迷し、27年ぶりのAFCチャンピオンシップ出場となった。ビルズが最後に出場した1993年シーズンのAFCチャンピオンシップの対戦相手は奇しくも今回と同じチーフスであり、その時はジム・ケリー率いるビルズがジョー・モンタナ率いるチーフスを30対13で破っている。この年のAFCチャンピオンシップでは、3年目24歳のビルズQBジョシュ・アレンと、前年に3年目24歳でスーパーボウルを制覇したチーフスQBマホームズの対戦が、AFCの将来の覇権を占う若手QB対決として注目された[19]。前ラウンドで途中離脱したマホームズは、脳震盪に加え、足の指の怪我で本調子のプレーをできない状況であったが、3タッチダウンパスを決める活躍をして、ビルズを38−24で破りチームを2年連続スーパーボウルへと導いた[20][21]

バッカニアーズの戦績
日付 相手 結果 勝敗
レギュラーシーズン
1 9/13 at ニューオーリンズ・セインツ 23-34 0-1
2 9/20 カロライナ・パンサーズ 31-17 1-1
3 9/27 at デンバー・ブロンコス 28-10 2-1
4 10/4 ロサンゼルス・チャージャーズ 38-31 3-1
5 10/8 at シカゴ・ベアーズ 19-20 3-2
6 10/18 グリーンベイ・パッカーズ 38-10 4-2
7 10/25 at ラスベガス・レイダース 45-20 5-2
8 11/2 at ニューヨーク・ジャイアンツ 25-23 6-2
9 11/8 ニューオーリンズ・セインツ 3-38 6-3
10 11/15 at カロライナ・パンサーズ 46-23 7-3
11 11/23 ロサンゼルス・ラムズ 24-27 7-4
12 11/29 カンザスシティ・チーフス 24-27 7-5
13 バイウィーク
14 12/13 ミネソタ・バイキングス 26-14 8-5
15 12/20 at アトランタ・ファルコンズ 31-27 9-5
16 12/26 at デトロイト・ライオンズ 47-7 10-5
17 1/3 アトランタ・ファルコンズ 44-27 11-5
プレイオフ(NFC第5シード)
WC 1/9 at ワシントン・フットボールチーム 31-23
DP 1/17 at ニューオーリンズ・セインツ 30-20
CC 1/24 at グリーンベイ・パッカーズ 31-26
 勝利   敗戦  at:敵地での対戦
過去3年の戦績
結果 地区 勝敗
2017 レギュラーシーズン敗退 4位 5-11
2018 レギュラーシーズン敗退 4位 5-11
2019 レギュラーシーズン敗退 3位 7-9
WC:ワイルドカードプレーオフ
DP:ディビジョナルプレーオフ
CC:カンファレンス決勝
チーフスの戦績
日付 相手 結果 勝敗
レギュラーシーズン
1 9/10 ヒューストン・テキサンズ 34-20 1-0
2 9/20 at ロサンゼルス・チャージャーズ 23-20 2-0
3 9/28 at ボルチモア・レイブンズ 34-20 3-0
4 10/5 ニューイングランド・ペイトリオッツ 26-10 4-0
5 10/11 ラスベガス・レイダース 32-40 4-1
6 10/19 at バッファロー・ビルズ 26-17 5-1
7 10/25 at デンバー・ブロンコス 43-16 6-1
8 11/1 ニューヨーク・ジェッツ 35-9 7-1
9 11/8 カロライナ・パンサーズ 33-31 8-1
10 バイウィーク
11 11/22 at ラスベガス・レイダース 35-31 9-1
12 11/29 at タンパベイ・バッカニアーズ 27-24 10-1
13 12/6 デンバー・ブロンコス 22-16 11-1
14 12/13 at マイアミ・ドルフィンズ 33-37 12-1
15 12/20 at ニューオーリンズ・セインツ 32-29 13-1
16 12/27 アトランタ・ファルコンズ 17-14 14-1
17 1/3 ロサンゼルス・チャージャーズ 21-38 14-2
プレイオフ(AFC第1シード)
WC シードにより免除
DP 1/17 クリーブランド・ブラウンズ 22-17
CC 1/24 バッファロー・ビルズ 38-24
 勝利   敗戦  at:敵地での対戦
過去3年の戦績
結果 地区 勝敗
2017 WC敗退(第4シード) 優勝 10-6
2018 CC敗退(第1シード) 優勝 12-4
2019 スーパーボウル制覇(第2シード) 優勝 12-4
WC:ワイルドカードプレーオフ
DP:ディビジョナルプレーオフ
CC:カンファレンス決勝

エンターテイメント[編集]

試合前[編集]

H.E.R.が愛国歌・アメリカ・ザ・ビューティフルを歌い[22]、エリック・チャーチとジャズミン・サリヴァンがカントリー調にアレンジされたアメリカ国歌を斉唱した[23]

国歌斉唱が終了するタイミングでスタジアム上空を飛行機が通過するフライオーバーは、エルスワース空軍基地所属のB-1ホワイトマン空軍基地所属のB-2及びマイノット空軍基地所属のB-52爆撃機によって行われた。設計番号を足すと55(1+2+52)となり、第55回を記念しての演出であった[24]

ハーフタイムショー[編集]

ハーフタイムショーは、ザ・ウィークエンドがパフォーマンスを行った[25]

試合経過[編集]

カンザスシティ・チーフス 対 タンパベイ・バッカニアーズ
1 2 34総得点
チーフス 3 3 309
バッカニアーズ 7 14 10031

- フロリダ州タンパ レイモンド・ジェームス・スタジアム

  • 開催日: 2021年2月7日

スターティングラインアップ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
ワイルドカード・プレーオフ ディビジョナル・プレーオフ
2021年1月10日
ニッサン・スタジアム
    1月16日
ビルズ・スタジアム
    1月24日
アローヘッド・スタジアム
    2月7日
レイモンド・ジェームス・スタジアム
 5  レイブンズ  20
 4  タイタンズ  13  
2021年1月9日
ビルズ・スタジアム
 5  レイブンズ  3
   2  ビルズ  17  
 7  コルツ  24 AFC
 2  ビルズ  27   1月17日
アローヘッド・スタジアム
2021年1月10日
ハインツ・フィールド
 2  ビルズ  24
   1  チーフス  38  
AFCチャンピオンシップ
1月24日
ランボー・フィールド
 6  ブラウンズ  48
 6  ブラウンズ  17
 3  スティーラーズ  37    
 1  チーフス  22  
2021年1月9日
フェデックスフィールド
1月17日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
 A1  チーフス  9
   N5  バッカニアーズ  31
 5  バッカニアーズ  31 第55回スーパーボウル
 4  ワシントン  23  
2021年1月10日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
 5  バッカニアーズ  30
   2  セインツ  20  
 7  ベアーズ  9 NFC
 2  セインツ  21   1月16日
ランボー・フィールド
2021年1月9日
ルーメン・フィールド
 5  バッカニアーズ  31
   1  パッカーズ  26  
NFCチャンピオンシップ
 6  ラムズ  30
 6  ラムズ  18
 3  シーホークス  20    
 1  パッカーズ  32  
  • 対戦カードはシード順で決定され、上位シードチームのホームで対戦する。そのラウンドに残ったチームの内の最上位シードが最下位シードと対戦するルールであるため、ディビジョナル・プレーオフの対戦カードはワイルドカードの結果により変動する。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2020年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着
  • 日付はアメリカ東部時間

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ICU看護師。アメリカでの新型コロナウイルス感染症の流行に際し、介護に当たった医療関係者を代表して選出

出典[編集]

  1. ^ a b 第55回スーパーボウルはタンパベイ、ロサンゼルスは第56回に”. NFL JAPAN. 2017年6月3日閲覧。
  2. ^ NFL Names Super Bowl LV Officiating Crew; Carl Cheffers Referee NFL.com 2021年1月19日
  3. ^ Atlanta, South Florida, L.A. chosen to host Super Bowls”. NFL.com. 2016年5月24日閲覧。
  4. ^ “NFL awards 2021 Super Bowl to Los Angeles”. Los Angeles Times. (2016年5月). http://www.latimes.com/sports/nfl/la-sp-0525-la-super-bowl-20160524-snap-story.html 2016年5月24日閲覧。 
  5. ^ NFL awards future Super Bowls to Atlanta, South Florida and Los Angeles”. CBS Sports. 2016年5月24日閲覧。
  6. ^ NFL reveals attendance, other details for Super Bowl: What to expect for the game and plans for 2021 season” (英語). CBSSports.com (2021年1月22日). 2021年1月22日閲覧。
  7. ^ CBS, NBC in 'Freaky Friday' Super Bowl swap” (英語). adage.com. 2019年3月13日閲覧。
  8. ^ Steinberg, Brian (2019年3月13日). “CBS, NBC to Swap Super Bowl Broadcasts” (英語). Variety. 2019年3月13日閲覧。
  9. ^ “NFL=スーパーボウルのテレビ平均視聴数、過去15年で最低”. ロイター通信. (2021年2月10日). https://jp.reuters.com/article/nfl-superbowl-idJPKBN2AA075 2021年2月10日閲覧。 
  10. ^ “Tony Dungy to Join Buccaneers Ring of Honor”. NFL Enterprises, LLC. (2019年2月4日). https://www.buccaneers.com/news/tony-dungy-to-join-buccaneers-ring-of-honor-20639092 2021年1月25日閲覧。 
  11. ^ Happy 15th anniversary to the greatest play in Bucs history: Ronde Barber shuts down the Vet”. Tampa Bay Times (2018年1月19日). 2021年1月25日閲覧。
  12. ^ 'Hungry' Brady officially signs with Buccaneers” (英語). ESPN.com (2020年3月20日). 2020年3月20日閲覧。
  13. ^ Rob Gronkowski”. pro-football-reference.com. 2021年1月18日閲覧。
  14. ^ 緊急登板のワシントンQBハイニケ、大学の期末試験は教授の配慮で後日受験NFLJAPAN 2020年12月29日
  15. ^ QBブレイディとバッカニアーズがパッカーズを抑えて第55回スーパーボウルへ NFLJAPAN 2021年1月25日
  16. ^ 史上初のホームでスーパーボウルを戦うチームになったバッカニアーズ NFLJAPAN 2021年1月25日
  17. ^ チーフスQBマホームズが脳しんとうの診断で途中離脱 NFLjapan 2021年01月18日
  18. ^ 恐れることなく攻めの姿勢を貫いたチーフスHCリード NFLJAPAN 2021年01月18日
  19. ^ 大きな進歩を遂げて新たな段階に臨むビルズQBアレンNFLJAPAN 2021年01月21日
  20. ^ チーフスQBマホームズは100%の状態にあらず、ターフトウの懸念を抱えるNFLJAPAN 2021年01月24日
  21. ^ AFCを制して最後の決戦に挑むチーフスとQBマホームズNFLJAPAN 2021年01月25日
  22. ^ 【第55回スーパーボウル】H.E.R.が“アメリカ・ザ・ビューティフル”を熱唱 NFL JAPAN 2021年2月8日
  23. ^ 【第55回スーパーボウル】エリック・チャーチとジャズミン・サリヴァンによる国歌斉唱 NFL JAPAN 2021年2月8日
  24. ^ Air Force Global Strike flyover to support Super Bowl 55 in Tampa US Air Force 2021年1月25日
  25. ^ [1] NFL JAPAN 2021年2月8日