第55回世界卓球選手権個人戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第55回世界卓球選手権個人戦 Table tennis pictogram.svg
大会概要
英語 2019 World Table Tennis Championships
別名 2019年世界卓球選手権
開催期間 2019年4月21日~4月28日
主催 ITTF(国際卓球連盟
開催国  ハンガリー
開催都市 ブダペスト
世界卓球選手権
2021個人戦 →
■テンプレート(■ノート ■解説)プロジェクト:卓球

第55回世界卓球選手権個人戦: 2019 World Table Tennis Championships)は、2019年4月21日から4月28日までハンガリーブダペストで開催された世界卓球選手権である。

概要[編集]

2016年3月、国際卓球連盟世界選手権クアラルンプール大会における総会で2019年大会の開催地をハンガリーのブダペストに決定した[1]。ブダペストでの開催は1950年の第17回大会以来69年ぶり4回目。

大会日程[編集]

すべてのイベントの予選は4月21と22日に実施[2]

本戦
決勝
Date 4月22日 4月23日 4月24日 4月25日 4月26日 4月27日 4月28日
男子シングルス R1, R2 R3 R4 QF SF F
女子シングルス R1, R2 R3, R4 QF SF F
男子ダブルス R1 R2 R3 QF SF F
女子ダブルス R1 R2 R3 QF SF F
混合ダブルス R1, R2 R3, QF SF F

メダル獲得者[編集]

国・地域
1 中華人民共和国の旗 中国 5 1 6 12
2 日本の旗 日本 0 2 1 3
3  スウェーデン 0 1 0 1
4  ルーマニア 0 0.5 0 0.5
スペインの旗 スペイン 0 0.5 0 0.5
6 ドイツの旗 ドイツ 0 0 1 1
ポルトガルの旗 ポルトガル 0 0 1 1
大韓民国の旗 韓国 0 0 1 1
Total 5 5 10 20

結果[編集]

Event
男子シングルス 中華人民共和国の旗 馬龍 スウェーデンの旗 マティアス・ファルク 中華人民共和国の旗 梁靖崑
大韓民国の旗 安宰賢
女子シングルス 中華人民共和国の旗 劉詩雯 中華人民共和国の旗 陳夢 中華人民共和国の旗 丁寧
中華人民共和国の旗 王曼昱
男子ダブルス 中華人民共和国の旗 馬龍
中華人民共和国の旗 王楚欽
ルーマニアの旗 オビディウ・イオネスク
スペインの旗 アルバロ・ロブレス
ポルトガルの旗 ティアゴ・アポローニャ
ポルトガルの旗 ジョアン・モンテイロ
中華人民共和国の旗 梁靖崑
中華人民共和国の旗 林高遠
女子ダブルス 中華人民共和国の旗 孫穎莎
中華人民共和国の旗 王曼昱
日本の旗 早田ひな
日本の旗 伊藤美誠
日本の旗 橋本帆乃香
日本の旗 佐藤瞳
中華人民共和国の旗 陳夢
中華人民共和国の旗 朱雨玲
混合ダブルス 中華人民共和国の旗 許昕
中華人民共和国の旗 劉詩雯
日本の旗 吉村真晴
日本の旗 石川佳純
中華人民共和国の旗 樊振東
中華人民共和国の旗 丁寧
ドイツの旗 パトリック・フランチスカ
ドイツの旗 ペトリサ・ソルヤ

日本代表[編集]

総監督は宮﨑義仁、男子監督は倉嶋洋介、女子監督は馬場美香

男子代表は張本智和(4位)、丹羽孝希(8位)、水谷隼(13位)、吉村和弘(50位)、森薗政崇(45位)

女子代表は石川佳純(6位)、伊藤美誠(7位)、平野美宇(9位)、佐藤瞳(13位)、加藤美優(22位)

種目別代表

  • 男子シングルス(5名) 張本智和、丹羽孝希、水谷隼、吉村和弘、森薗政崇
  • 女子シングルス(5名) 石川佳純、伊藤美誠、平野美宇、佐藤瞳、加藤美優
  • 男子ダブルス(2組) 森薗政崇/大島祐哉、張本智和/木造勇人
  • 女子ダブルス(2組) 伊藤美誠/早田ひな、佐藤瞳/橋本帆乃香
  • 混合ダブルス(2組) 吉村真晴/石川佳純、森薗政崇/伊藤美誠

男子シングルス[編集]

  • 張本智和 - 4回戦敗退
  • 丹羽孝希 - 準々決勝敗退
  • 水谷隼 - 3回戦敗退
  • 吉村和弘 - 2回戦敗退
  • 森薗政崇 - 3回戦敗退

女子シングルス[編集]

  • 石川佳純 - 4回戦敗退
  • 伊藤美誠 - 3回戦敗退
  • 平野美宇 - 準々決勝敗退
  • 佐藤瞳 - 4回戦敗退
  • 加藤美優 - 準々決勝敗退

男子ダブルス[編集]

  • 森薗政崇/大島祐哉 - 2回戦敗退
  • 張本智和/木造勇人 - 3回戦敗退

女子ダブルス[編集]

  • 伊藤美誠/早田ひな - 準優勝[3]
  • 佐藤瞳/橋本帆乃香 - 準決勝敗退(3位)

混合ダブルス[編集]

  • 吉村真晴/石川佳純 - 準優勝[4]
  • 森薗政崇/伊藤美誠 - 準々決勝敗退

日本での放送[編集]

テレビ東京TXN系列局とBSテレ東で放送され、同局を通じてインターネットでも無料で配信された。またParaviでは独自の解説・実況で有料配信された。J SPORTSでは独自の解説・実況で録画中継。

脚注[編集]

[脚注の使い方]